【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

『ダウン症のリスクを避ける為には?』

『ダウン症のリスクを避ける為には?』

リスクを下げるために卵子の質を向上させましょう

ダウン症の確率は受精の仕方によって大きく違いがでるわけではないため、

受精の仕方を変更する必要はありません。

 

卵子、精子の質が低下することにより、ダウン症のリスクが上がるとされているため、

卵子、精子の質を向上させる努力をすることが大事です。

質の良い卵子のためには、まずはホルモンのバランスを保つことが重要とされています。

ホルモンのバランスを保つには、規則正しい生活や栄養バランスの取れた食事など、

基本的な生活レベルの向上が関わってくるでしょう。

女性ホルモンは卵巣や子宮のホルモンレセプターが脳からの伝達をしっかりと

受け取ることによりはじめて女性ホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)の産制を行います。

糖鎖不足はホルモンレセプターの反応を悪くする原因になるため女性ホルモンの産制を悪くしてしまいます。

女性ホルモンの産制が悪くなるとホルモンバランスが崩れ質の良い卵子が作れなくなってしまいます。

また男性ホルモンは精巣のホルモンレセプターが

脳からの伝達をしっかりと受け取ることによりはじめて男性ホルモン(テストステロン)の産制を行います。

糖鎖不足はホルモンレセプターの反応を悪くする原因になるため男性ホルモンの産制を悪くしてしまいます。

男性ホルモンの産制が悪くなると精子の材料が減り質の良い精子が作れなくなってしまいます。

たんぽぽ茶ショウキT‐1に含まれる糖鎖は細胞のアンテナ、ホルモンレセプターの材料です。

女性も男性もしっかりと糖鎖を身体に補充する事により質の良い卵子、精子を作ることが出来ます。

良質なタンパク質や、ビタミンやミネラル、特に女性は葉酸やカルシウム、ビタミンD3、男性は抗酸化作用のある物、亜鉛を十分に摂ること、適正なカロリー摂取などを心がけましょう。

喫煙している人は禁煙をし、過度のアルコール摂取を避けることなども基本です。

また、女性の場合、体質と体の冷えには深い関係があるとされています。

昔から冷えは万病の元というように、体を冷やさないようにすることも大切でしょう。

また、生活に軽いジョギングなどを取り入れて、適度な筋肉量を保つのも効果的と言われています。

軽いスポーツを適度に行うことは、ストレス発散にもなるためおすすめです。