【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

不妊の改善

妊娠に必要な条件

 

女性が妊娠するためには何が必要か?

質のよいタマゴがあるかどうか? (受精・卵分割機能を有した卵子がある。)

卵管がしっかりと昨日しているか?(受精・卵分割に良い卵管内環境がある。)

子宮内膜が着床しやすい状態か?(受精卵の着床に良い子宮内環境がある。)

子宮内膜症や炎症・卵管癒着などがない。

排卵から着床まで障害物がない。

 

正直に申し上げますと、病院が得意なこと、東洋医学が得意な事がございます。

 

病院(西洋医学)が得意なこと

 

1.排卵を一時的に誘発する。
2.子宮内膜症や炎症、卵管癒着などを治療する。
3.ホルモンを一時的に補充する。
4.エコーや検査数値から不妊の原因を探す。
5.妊娠のタイミングを見極める。
6.人工授精や体外受精、顕微授精で妊娠へステップアップ出来る。

 

東洋医学が得意なこと(病院が苦手なこと)

 

1.質のよい卵子をつくる。(受精・卵分割機能を有した卵子をつくる)
2.血液循環を高め、妊娠しやすい卵巣、子宮を作る。
3.子宮内膜を厚くして受精卵が着床しやすくする。
4.女性ホルモンのバランスを整える
5.生理や排卵のリズムを維持する。

 

すべてを病院にまかせるのではなく、病院+漢方、西洋+東洋、とうまく組み合わせることで、
妊娠率は、飛躍的に上昇します。