漢方相談 タカキ薬局

【45歳 あきらめずに体づくりを続けて無事に妊娠】

 

42歳から不妊治療をはじめられた方の症例です。

自然妊娠を一度しましたが、流産をされたそうで

 

その後体外受精にトライしましたが、着床しない

状態で漢方をはじめられました。

 

2ヶ月後に自然妊娠をするが流産

その後、再度自然妊娠するが流産

45歳で半分あきらめかけたところで

以前に凍結していた卵を移植されました。

すると、無事に着床して経過は順調だそうです。

 

名古屋の福井薬局さんの症例をお借りしてますが

根気強くカラダ作りを行っていたとの事

きっと過去の流産も今回の妊娠の一過程

だったのかもしれませんね。

 

全国の45歳以上の不妊治療に関わっている方に

希望のある症例です。

 

 

 

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG