CATEGORY

妊娠しやすいカラダづくり

  • 2022年1月28日

【子宮内膜症リスクと食生活】

今回はオレンジやグレープフルーツなどの柑橘類をよく食べる女性は子宮内膜症リスクが下がると言う論文をピックアップしてみました。『子宮内膜症リスクと食生活(柑橘類)』 アメリ […]

  • 2022年1月12日

【温灸とカイロ どちらが温まる】

温灸とカイロがどちらが温まるのか? 温灸・・・・ 熱が深く浸透して体の芯まで       温めることができます。 カイロ・・・ 皮膚の表面を温めるだけです。 子宮・卵巣は […]

  • 2021年12月27日

【温灸で鼠蹊部を温めると・・・】

鼠蹊部を邵氏温灸器で温めると足の陽明胃経 の働きが良くなります。 つまり、足からの内臓までの気の巡り、血液の巡りが半端なく良くなります。 温灸を10分間続けてみる・・・す […]

  • 2021年11月29日

【冷えと血液の関係】

血液の役割は体の中の様々な物質を運ぶためにあります。いわば体の中のトラックみたいなもの 酸素、栄養素、ホルモン、酵素それらが運ばれないと30兆とも60兆とも言われる細胞に […]

  • 2021年11月22日

【冷えと低体温と妊活】

冷えと低体温と妊活の関係ですが赤ちゃんを授かるのに冷えは大敵です 冷えると 月経痛・月経不順・子宮内膜症子宮筋腫・卵巣のう腫を引き起こします。 実は西洋には冷えの考え方っ […]

  • 2021年11月19日

【体の中が冷えると・・・】

体の中が冷えるとどうなるのでしょう? 実は体の中の熱が冷えによって体の表面に押し出されます。すると ○ 手足がほてっていてもお腹が冷たい○ 顔や鼻の頭が赤い○ 唇の色が紫 […]

  • 2021年11月17日

【冷えには 冷え性と低体温がある】

冷えにはいわゆる『冷え性』と『低体温』があります。冷え性は 体の表面の一部が冷たくなるもので自覚しやすいです。 低体温は 体の内部の全体的な冷えで自覚しにくいよく暑がりだ […]

  • 2021年11月10日

【今から温活しましょうね】

だんだん、気温が落ちてきましたね。体温が一度下がると 代謝が12%免疫が30%下がります。 どんなマスクよりも体温を上げることが大事なんですよ。 さて、手軽に冷えから守る […]

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG