【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【脂肪は 発泡スチロール 身体を冷やす保冷剤】

【脂肪は 発泡スチロール 身体を冷やす保冷剤】

ダイエットすると 妊娠する人が多くなる。

体の中の脂肪 すなわち 体脂肪が 妊娠を妨げる

不妊症の勉強をしていると よくその事を聞きます。

タカキ薬局でも ダイエット相談をしていますが、

ダイエット相談なのに 体調が整って 子宝に恵まれる方

結構いらっしゃいます。

その理由の一つとして 脂肪が体を冷やす 事があげられます。(^^♪

ただ 脂肪が氷の様に冷えて 身体を冷やすわけではありません。

女性の発泡スチロール  本来 皮下脂肪は女性  内臓脂肪は 男性に

多い傾向にあります。

特に女性は 男性よりも筋肉が少ないので 熱を産み出しにくく

冷える傾向にあります。

その熱を 外に逃がさないための 発泡スチロールの役目をするのが

本来の脂肪の役割なのです。

ただ、今になって 冷房・冷蔵庫でギンギンに冷やした 冷たいもの

アイスクリームなど  冷やすものには事欠きませんね。(=_=)

中から冷やしてしまうために、中で冷やしたものを

閉じ込めてしまう  皮肉な形になっているわけです。

しかも 女性で 内臓脂肪が多い方

冷えが内臓まで 届きやすくなっているために さらに早く、芯まで冷えやすくなります。

(続く)

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【脂肪は 発泡スチロール 身体を冷やす保冷剤】:関連ページ

【男性だって年には勝てない ヒューナーテストでわかること】
【男性だって年には勝てない】 さて精液の状態を確認するのに 精液検査とヒューナーテスト(フーナーと 呼ぶことも)がありますが、 実はこれらの結果がかみ合わない事が あります。 例えば精液検査が乏精子症であっても ヒューナ […]
【瘀血の生理痛は始まる前に強く 始まると楽になる】
【瘀血の生理痛は始まる前に強く 始まると楽になる】 生理周期が瘀血と関係しますが 1 出血の中にワカメのような諸々 血塊があったり 出血が 暗い紫色にだったりするのが瘀血の症状 特に生理が始まると楽になるという状態になる […]
【当店にお越しになる方 は漢方初心者がほとんど】
【当店にお越しになる方 は漢方初心者がほとんど】 「今まで 漢方薬とか お飲みになられた事ありますか?」 最初にお聞きする質問ですが、「はい」と返答いただける人って そうですね。  全体の3分の1くらいです。 中には、ハ […]
【瘀血の症状  口渇 便秘 下腹部の張り】
【瘀血の症状  口渇 便秘 下腹部の張り】 瘀血の症状で 多いのが 口の渇き、便秘、下腹部の張り があります。 口渇、便秘は 患者さんから訴えてくることは 少なく 便も便秘ですか と聞きますが 自分の便と 他人の便と比べ […]
【 関西伝統漢方研究会に参加してきました。】
【 関西伝統漢方研究会に参加してきました。】 昨日は 関西伝統漢方研究会の定例会に 大阪まで参加してきました。 講師の小西先生から 冷え性についてのご講義が ありました。   詳しくは またまとめてから掲載させ […]
【冷えのぼせ が なぜ瘀血か?】
【冷えのぼせ が なぜ瘀血か?】 瘀血(オケツ)はどんな状態で現れるのでしょうか? 結構 特徴的な症状で出てくることが多いです ちょっとまとめてみました。 1 全身に現れる瘀血 瘀血でいう全身の症状に 冷え性がありますが […]
【冷えから体を守る  腹八分目の作り方】
【冷えから体を守る  腹八分目の作り方】 さて 昨日続き 【腹 8分目】 の作り方です   腹八分目  よく体にいいのは なんとなく分かりますが   でも、そもそも なんで腹八分 だといいのでしょう? […]
【夫婦げんかと不妊症の関連】
【夫婦げんかと 不妊症の関連】 いつも 面白い情報を提供してくださる 山口先生 ( ◠‿◠ ) ちゃんとした エビデンスがあるから いいですよね。 さて、 『夫婦喧嘩が炎症を引き起こす可能性がある』 24~61歳の結婚3 […]
『不妊治療は清熱利水で炎症を抑える その3』
『不妊治療は清熱利水で炎症を抑える その3』 不妊の患者さんに漢方を使う場合 十分な注意が必要です。 例えばアトピーで痒みが 強い患者には竜胆瀉肝湯 や 黄連解毒湯もつかいます。 しかし、不妊は長期間使うこともあるので体 […]
『不妊治療は清熱利水で炎症を抑える その2』
『不妊治療は清熱利水で炎症を抑える』 不妊治療がうまくいかない時は炎症を疑ってみます。 判断基準としてクラミジアが過去に陽性だった方も 注意が必要です。 クラミジアに対する抗体を持って いる事が炎症に繋がっている可能性が […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3467/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください