漢方相談 タカキ薬局

【不妊症に良い食材 ニラ】


春の冷え症に「ニラ」を食べましょう。
ニラは、漢方で「韮菜(きゅうさい)」と呼ばれています。
ニラの旬は、3~5月です。
朝食にパンとコーヒーを食べると「不妊体質」を作る事は、何度もお伝えさせて頂きました。
朝食にご飯とニラの味噌汁を食べましょう。
そうすると身体の冷えが取れ、元気が出ます。
春のニラは、柔らかで香りが良いです。
ニラのにおいの素は、「硫化アリル」と言い「栄養剤」に入っています。
ビタミンAやBも多く含まれています。
さつまいもやごぼうもそうですが繊維質も多く、お腹(特に子宮や卵巣)を温める作用があるので、不妊症や便秘にお勧めです♪
ニラの効果効能
冷え症、不妊症、勃起障害(ED)、性欲減退、便秘、下痢、食欲不振、疲労等の改善。
ニラを使う「餃子」は、「食」べて「交」わると「子」が出来るというジンクスを持つ食べ物です。

ご夫婦で朝食にニラの味噌汁を食べ、夕食に餃子を食べれば「春の妊娠ラッシュ」に参加できます。
暖かくなると男女共にホルモン分泌が盛んになります。
後にはゴールデンウィークもある事ですし、元気な精子と卵子を今から作り、お盆はお腹の赤ちゃんと共に帰省したいですね!
 

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG