【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【女は7の倍数で変化する・・・ をもっと詳しく】

こんにちは

岡崎市で子宝と妊娠を子育てまで漢方で応援する

漢方相談タカキ薬局の 高木タイスケです。

 

最近では養命酒のコマーシャルで

女性のカラダが7の倍数で変化する

7×2=14歳で初潮を

7×7=49歳で閉経を迎えるという

物があります。

 

そのお話をすると、

「ああ~ あのCMの話!!」

と納得される方が多くなりました。

もう少し詳しく説明しますと

この変化は東洋医学では腎の機能によるもので

14歳前後で、腎の機能が一定レベルに達すれば

初潮を迎える事ができ、49歳前後で腎の機能が

衰えて、閉経となるのです。

 

ここで注意が必要なのはあの話は

腎の機能が普通の人の場合

逆にいうと一定の年齢に達しても腎の気(エネルギー)

が一定のレベルに達していなければ、妊娠はできません。

 

東洋医学では「腎は生殖の本」

といわれ、腎が根本的に大事といわれています。

女性の生理周期は「蓄える時期」の卵胞期と黄体期

「排出する時期」の排卵期と月経期の2つの状態から

なっています。

 

蓄える時期には、腎のじっかりと蓄える作用と

脾の漏れない様に守る作用により、卵胞を成熟させ

子宮内膜に栄養を蓄えて柔らかい状態にさせます。

 

排出する時期は 肝の疏泄(伸びやかな代謝のリズム調節)

の働きによって、しっかりと排卵し月経血などを

きれいに残さずに出します。

 

東洋医学では大きく人体を陰と陽の2つで説明することがあります。

女性の生理では卵胞ホルモンを陰と考え、黄体ホルモンを陽と

考えます。

 

月経期から卵胞ホルモンが増え始め、卵胞期にさらに

分泌が増えて、その分泌が最大になって排卵し、

つまり月経期から陰が増え始め、卵胞期にはさらに陰が増え

排卵期には陰が極まって陰が陽に転化します。

 

黄体期には黄体ホルモンの分泌が増え始め、

最大に達した時に月経となり、つまり黄体期に陽が増えていき

月経期に陽が極まって 陽が陰に転化します。

 

このように月経周期を東洋医学では陰陽の変化に伴って

ホルモンのバランスもすすんでいると考えています。

 

漢方では卵胞期と、黄体期でお薬を変える事が

あります。  それは陰と陽のバランスを取る為

なのです。

 

さて、子宝相談をご希望の方は

0564-26-1717

(朝9:00~夜8:00まで)

お気軽にどうぞ

メールでも受け付けています。

 

 

 

 

 

すべての子供を望むカップル、女性に赤ちゃんが訪れますように。

そして今お腹の中で成長している命が今幸せであるように。

誕生した赤ちゃんが沢山の愛に守られ健やかに育ちますように。

心から願っております。

 

不妊治療に不安な方お電話ください。

病院の紹介も行っております。

タカキ薬局へのお電話は

電話0564-26-1717

住所 愛知県岡崎市松本町1-79

名鉄バス 能見町バス停 から徒歩2

【子宝カウンセラーの会会員店】【不妊カウンセリング学会会員】

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【女は7の倍数で変化する・・・ をもっと詳しく】:関連ページ

『 GW後にテンションが下がってしまった時の対処法』
『 GW後にテンションが下がってしまった時の対処法』 この時期ですが、実は妊活を始める人と また、著しくテンションが下がる人と ふた通りです。 妊活を始める人は GWでご実家に帰り そこで兄弟に子供ができた とか 親にプ […]
『西洋医学と東洋医学の違い その3 陰陽五行とは』
『西洋医学と東洋医学の違い その3 陰陽五行とは』 東洋医学は 自然界は宇宙も人間も同じ法則 で成り立っている 共通のもの 大きな枠で陰と陽で成り立っているという考え方です。   そしてもう一つの考え方 『五行 […]
『西洋医学と東洋医学の違い その2 陰陽とは』
『西洋医学と東洋医学の違い  陰陽五行とは』 東洋医学は 自然界は宇宙も人間も同じ法則 で成り立っている 共通のものである という 考え方が大前提です。 その基本的な法則のことを 『陰陽五行 思想』と言います。 なんか一 […]
『西洋医学と 東洋医学の違い』
『西洋医学と 東洋医学の違い』 病院と 漢方 その違いって一体なんなんでしょう? 病院は 『西洋医学』 漢方は『東洋医学』です。 西洋医学の基本は 実はキリスト教です。 そしてその元が聖書 聖書には 万物は神によって創造 […]
『女性を笑顔にする 漢方薬』
『女性を笑顔にする 漢方薬』 ピンボケですみません。 分かりにくい そして情報が多い 漢方の世界をいかに 分かりやすく伝えるか 日々考えていますが 松浦漢方さんの インフォメーションを読んでいたら 一目でわかる 記事が出 […]
【習慣性流産の漢方的ケア その3】
【習慣性流産の漢方的ケア その3】 妊娠・出産には 精神的な安定が何より大切です。 基礎体温表の微妙な変化に一喜一憂 する方が 多いですが、何人もの方を見ていると 必ずしも教科書通りの綺麗な基礎体温で妊娠 するとは限りま […]
【習慣性流産の漢方的ケア その2】
【習慣性流産の漢方的ケア その2】 まずは 生理周期を整える事が大事になってきます。 月経期には 経血をきちんと排出し、生理痛も改善する 「田七人参」などを用いますし いわゆる低温期には 血液と体の潤いを補いながら 質の […]
『女性の不調は 血流の悪化から』
『女性の不調は 血流の悪化から』   心の病、肌の病、不眠、切れやすい、不妊 現象として、生理周期の遅れ・経血が少ない・無月経 婦人病の起点と言えるのが『血虚』 血が不足していく状態の事です。 実はこれらの原因 […]
『空胞について その2 空胞の原因』
空胞で一番多い原因は 何と言っても加齢 加齢により ホルモンの低下が起きると卵子を 育てる環境が悪くなります。 高齢の人はE2 エストラジオールが低くなり FSHが高くなる傾向にあります。 この状態では 良い卵胞は育ちま […]
『空胞について その1』
不妊治療において 『空胞』について 質問を受けることがあります。 超音波検査では 卵胞の存在は確認できますが卵子は 確認することができません。 なので 採卵前の超音波検査で卵胞が見えていても 卵子はないということがあり  […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/448/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です