【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【女は7の倍数で変化する・・・ をもっと詳しく】

こんにちは

岡崎市で子宝と妊娠を子育てまで漢方で応援する

漢方相談タカキ薬局の 高木タイスケです。

 

最近では養命酒のコマーシャルで

女性のカラダが7の倍数で変化する

7×2=14歳で初潮を

7×7=49歳で閉経を迎えるという

物があります。

 

そのお話をすると、

「ああ~ あのCMの話!!」

と納得される方が多くなりました。

もう少し詳しく説明しますと

この変化は東洋医学では腎の機能によるもので

14歳前後で、腎の機能が一定レベルに達すれば

初潮を迎える事ができ、49歳前後で腎の機能が

衰えて、閉経となるのです。

 

ここで注意が必要なのはあの話は

腎の機能が普通の人の場合

逆にいうと一定の年齢に達しても腎の気(エネルギー)

が一定のレベルに達していなければ、妊娠はできません。

 

東洋医学では「腎は生殖の本」

といわれ、腎が根本的に大事といわれています。

女性の生理周期は「蓄える時期」の卵胞期と黄体期

「排出する時期」の排卵期と月経期の2つの状態から

なっています。

 

蓄える時期には、腎のじっかりと蓄える作用と

脾の漏れない様に守る作用により、卵胞を成熟させ

子宮内膜に栄養を蓄えて柔らかい状態にさせます。

 

排出する時期は 肝の疏泄(伸びやかな代謝のリズム調節)

の働きによって、しっかりと排卵し月経血などを

きれいに残さずに出します。

 

東洋医学では大きく人体を陰と陽の2つで説明することがあります。

女性の生理では卵胞ホルモンを陰と考え、黄体ホルモンを陽と

考えます。

 

月経期から卵胞ホルモンが増え始め、卵胞期にさらに

分泌が増えて、その分泌が最大になって排卵し、

つまり月経期から陰が増え始め、卵胞期にはさらに陰が増え

排卵期には陰が極まって陰が陽に転化します。

 

黄体期には黄体ホルモンの分泌が増え始め、

最大に達した時に月経となり、つまり黄体期に陽が増えていき

月経期に陽が極まって 陽が陰に転化します。

 

このように月経周期を東洋医学では陰陽の変化に伴って

ホルモンのバランスもすすんでいると考えています。

 

漢方では卵胞期と、黄体期でお薬を変える事が

あります。  それは陰と陽のバランスを取る為

なのです。

 

さて、子宝相談をご希望の方は

0564-26-1717

(朝9:00~夜8:00まで)

お気軽にどうぞ

メールでも受け付けています。

 

 

 

 

 

すべての子供を望むカップル、女性に赤ちゃんが訪れますように。

そして今お腹の中で成長している命が今幸せであるように。

誕生した赤ちゃんが沢山の愛に守られ健やかに育ちますように。

心から願っております。

 

不妊治療に不安な方お電話ください。

病院の紹介も行っております。

タカキ薬局へのお電話は

電話0564-26-1717

住所 愛知県岡崎市松本町1-79

名鉄バス 能見町バス停 から徒歩2

【子宝カウンセラーの会会員店】【不妊カウンセリング学会会員】

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【女は7の倍数で変化する・・・ をもっと詳しく】:関連ページ

【瘀血の生理痛は始まる前に強く 始まると楽になる】
【瘀血の生理痛は始まる前に強く 始まると楽になる】 生理周期が瘀血と関係しますが 1 出血の中にワカメのような諸々 血塊があったり 出血が 暗い紫色にだったりするのが瘀血の症状 特に生理が始まると楽になるという状態になる […]
【当店にお越しになる方 は漢方初心者がほとんど】
【当店にお越しになる方 は漢方初心者がほとんど】 「今まで 漢方薬とか お飲みになられた事ありますか?」 最初にお聞きする質問ですが、「はい」と返答いただける人って そうですね。  全体の3分の1くらいです。 中には、ハ […]
【瘀血の症状  口渇 便秘 下腹部の張り】
【瘀血の症状  口渇 便秘 下腹部の張り】 瘀血の症状で 多いのが 口の渇き、便秘、下腹部の張り があります。 口渇、便秘は 患者さんから訴えてくることは 少なく 便も便秘ですか と聞きますが 自分の便と 他人の便と比べ […]
【 関西伝統漢方研究会に参加してきました。】
【 関西伝統漢方研究会に参加してきました。】 昨日は 関西伝統漢方研究会の定例会に 大阪まで参加してきました。 講師の小西先生から 冷え性についてのご講義が ありました。   詳しくは またまとめてから掲載させ […]
【冷えのぼせ が なぜ瘀血か?】
【冷えのぼせ が なぜ瘀血か?】 瘀血(オケツ)はどんな状態で現れるのでしょうか? 結構 特徴的な症状で出てくることが多いです ちょっとまとめてみました。 1 全身に現れる瘀血 瘀血でいう全身の症状に 冷え性がありますが […]
【冷えから体を守る  腹八分目の作り方】
【冷えから体を守る  腹八分目の作り方】 さて 昨日続き 【腹 8分目】 の作り方です   腹八分目  よく体にいいのは なんとなく分かりますが   でも、そもそも なんで腹八分 だといいのでしょう? […]
【夫婦げんかと不妊症の関連】
【夫婦げんかと 不妊症の関連】 いつも 面白い情報を提供してくださる 山口先生 ( ◠‿◠ ) ちゃんとした エビデンスがあるから いいですよね。 さて、 『夫婦喧嘩が炎症を引き起こす可能性がある』 24~61歳の結婚3 […]
『不妊治療は清熱利水で炎症を抑える その3』
『不妊治療は清熱利水で炎症を抑える その3』 不妊の患者さんに漢方を使う場合 十分な注意が必要です。 例えばアトピーで痒みが 強い患者には竜胆瀉肝湯 や 黄連解毒湯もつかいます。 しかし、不妊は長期間使うこともあるので体 […]
『不妊治療は清熱利水で炎症を抑える その2』
『不妊治療は清熱利水で炎症を抑える』 不妊治療がうまくいかない時は炎症を疑ってみます。 判断基準としてクラミジアが過去に陽性だった方も 注意が必要です。 クラミジアに対する抗体を持って いる事が炎症に繋がっている可能性が […]
『不妊治療は清熱利水で炎症を抑える その1』
『不妊治療は清熱利水で炎症を抑える』 妊娠は病気ではありませんが、女性にとって 激しい生理変化です。 胎児という自分とは違う ものを自分の体の中に入れるというところに 母のすごさがあります。 妊娠は免疫に関係しており、免 […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/448/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください