【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【女は7の倍数で変化する・・・ をもっと詳しく】

こんにちは

岡崎市で子宝と妊娠を子育てまで漢方で応援する

漢方相談タカキ薬局の 高木タイスケです。

 

最近では養命酒のコマーシャルで

女性のカラダが7の倍数で変化する

7×2=14歳で初潮を

7×7=49歳で閉経を迎えるという

物があります。

 

そのお話をすると、

「ああ~ あのCMの話!!」

と納得される方が多くなりました。

もう少し詳しく説明しますと

この変化は東洋医学では腎の機能によるもので

14歳前後で、腎の機能が一定レベルに達すれば

初潮を迎える事ができ、49歳前後で腎の機能が

衰えて、閉経となるのです。

 

ここで注意が必要なのはあの話は

腎の機能が普通の人の場合

逆にいうと一定の年齢に達しても腎の気(エネルギー)

が一定のレベルに達していなければ、妊娠はできません。

 

東洋医学では「腎は生殖の本」

といわれ、腎が根本的に大事といわれています。

女性の生理周期は「蓄える時期」の卵胞期と黄体期

「排出する時期」の排卵期と月経期の2つの状態から

なっています。

 

蓄える時期には、腎のじっかりと蓄える作用と

脾の漏れない様に守る作用により、卵胞を成熟させ

子宮内膜に栄養を蓄えて柔らかい状態にさせます。

 

排出する時期は 肝の疏泄(伸びやかな代謝のリズム調節)

の働きによって、しっかりと排卵し月経血などを

きれいに残さずに出します。

 

東洋医学では大きく人体を陰と陽の2つで説明することがあります。

女性の生理では卵胞ホルモンを陰と考え、黄体ホルモンを陽と

考えます。

 

月経期から卵胞ホルモンが増え始め、卵胞期にさらに

分泌が増えて、その分泌が最大になって排卵し、

つまり月経期から陰が増え始め、卵胞期にはさらに陰が増え

排卵期には陰が極まって陰が陽に転化します。

 

黄体期には黄体ホルモンの分泌が増え始め、

最大に達した時に月経となり、つまり黄体期に陽が増えていき

月経期に陽が極まって 陽が陰に転化します。

 

このように月経周期を東洋医学では陰陽の変化に伴って

ホルモンのバランスもすすんでいると考えています。

 

漢方では卵胞期と、黄体期でお薬を変える事が

あります。  それは陰と陽のバランスを取る為

なのです。

 

さて、子宝相談をご希望の方は

0564-26-1717

(朝9:00~夜8:00まで)

お気軽にどうぞ

メールでも受け付けています。

 

 

 

 

 

すべての子供を望むカップル、女性に赤ちゃんが訪れますように。

そして今お腹の中で成長している命が今幸せであるように。

誕生した赤ちゃんが沢山の愛に守られ健やかに育ちますように。

心から願っております。

 

不妊治療に不安な方お電話ください。

病院の紹介も行っております。

タカキ薬局へのお電話は

電話0564-26-1717

住所 愛知県岡崎市松本町1-79

名鉄バス 能見町バス停 から徒歩2

【子宝カウンセラーの会会員店】【不妊カウンセリング学会会員】

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【女は7の倍数で変化する・・・ をもっと詳しく】:関連ページ

『超加工食品 にご注意を』
『超加工食品 にご注意を』 聞きなれない言葉ですが 『糖分や塩分、脂肪を多く含む 加工済みの食品。 保存料などを添加し、 常温で保 存でき、 日持ちを良くしてある食品』 のことです。 実はこれらのものが メタボや肥満、そ […]
【漢方薬の魅力の一つが ”自然にもどすこと”・・・】
漢方薬の魅力の一つが ”自然にもどすこと”・・・ 漢方の特性の一つが 自然という事。 もともと人には 自然に子供が授かる力があります。 実は東洋医学的に不妊を考えると、知らないうちに体に歪みができ、 バランスが崩れてでき […]
【タカキ薬局の相談は 病院と併用でされている方が多いです。】
【タカキ薬局の相談は 病院と併用でされている方が多いです。】 タカキ薬局に通われている方は 一緒に病院にも通われている方が多いです。 半分くらいいらっしゃいます。 病院は いわば よりよく植物を育てる 育て方を追求してい […]
『無月経を乗り越えて妊娠されたマラソンランナー その3』
ひどい月経痛に悩まされて受診した産婦人科では、「今の生活を続けていると妊娠は難しい」と言われた。競技を続けるべきか悩んだ。「中途半端な気持ちでやめてとは言えない。子どもはほしいけど、子どものために結婚したわけじゃない」。 […]
『無月経を乗り越えて妊娠されたマラソンランナー その2』
『無月経を乗り越えて妊娠されたマラソンランナー その2』 無月経を乗り越えて無事に出産された 佐野麗美さんの 記事 続きです。   世界陸上での悔しさを取り戻そうと懸命に練習した。 だが、気持ちとは裏腹に、思う […]
『無月経を乗り越えて妊娠されたマラソンランナー』
不妊相談でも結構、無月経の方 多いです。 僕はその時 よくマラソン選手を引き合いに 出すのですが、今回 朝日新聞で トップアスリートでありながら、無月経に悩まされつつ 妊娠に成功された 佐野さんの記事が参考になると思い […]
【無月経は栄養不足が原因!?】
【無月経は栄養不足が原因!?】 月経不純 それは エネルギー不足が原因 極端ではありますが マラソン選手がよく無月経になるって 聞いた事がありますよね。 今回、その事が朝日新聞の電子版に掲載されていました。   […]
『自然のリズムで暮らす 1日のリズム その1』
『自然のリズムで暮らす』 自然のリズム に体のリズムはリンクしています。 体の中の臓器も 時間によって働きが良い 時間も当然違ってきます。 ちょっと画像が悪いですが 『赤ちゃんを授かりました!』に掲載された画像が わかり […]
『自然のリズムで暮らす』
『自然のリズムで暮らす』 妊活のコツ ですが 食生活と合わせて生活習慣全般を 見直してください。 『生活習慣の改善』というと とても大変なことのように思えて 最初から諦めてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが 実は始め […]
『梅雨と妊活の関係 その3』
『梅雨と妊活の関係 その3』 4.1年で最も冷える時期? 妊娠力の大敵は「冷え」ですが、梅雨の時期は自覚症状のあるなしにかかわらず、1年の内で最も冷えている時期とのデータがあります。 なぜでしょうか?1.水分代謝が悪くな […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/448/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください