漢方相談 タカキ薬局

【朝日新聞の記事より 44歳 多忙理由に独身時に採取 出産に成功】

DSC02449
2月3日づけの 朝日新聞の記事からです。
【健康な女性 凍結卵子で出産】
44歳 多忙理由に独身時に採取
健康な女性が 数年前に大阪市内のクリニックで自分の卵子を凍結し
その後女児を出産し事がわかった。
健康な女性が仕事など社会的な理由で 卵子を凍結して将来の出産に備える事に対し
日本産婦人科学会の委員会は 昨年、「推奨しない」との報告をまとめている。
 
採卵で体に負担をかけることや 妊娠、出産が保証できないなどが理由だ。
 
卵子の凍結と体外受精を担った 大阪市のオーク住吉産婦人科によると
出産した女性は44歳の看護婦  独身だった41歳の時に仕事の多忙などを理由に
卵子を凍結  2年前に結婚し、この卵子を使った体外受精で妊娠し昨年5月に女児を出産した。
 
同クリニックでは 健康な女性の卵子凍結では2010年から開始
昨年末までに計229人の卵子を凍結保存し、17人で体外受精を実施
出産できたのはこの女性だけだった。
費用は全額自己負担で今回の女性は数百万円かかったという
 
↓↓↓  ↓↓↓
こんな記事がでていました。
団塊の世代ジュニアが いよいよ42歳を超えてきて
焦り始めている人も多く出ています。
この流れは恐らく 止められないでしょう。
それにしても 17人中1人 とは
いかに 体作りが大事か?  漢方薬に期待される人も出てくるのでは
 
健康な女性・・・・ って所がミソですね。
 

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG