【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【カウンセリングで28%妊娠率がアップする】

昨日あたりからグッと寒くなってきましたね(^-^)v

風邪がこれから一気に流行るかもしれません

小さなお子様がいらっしゃる方

こんな時ほど、早めのケアに努めてあげてください。

 

さて、 今日は質問形式ですが 教えて先生(^o^)/

【妊娠しやすい事を何でも教えて?】

 

そもそも子宝に恵まれるのをお待ちのカップルは沢山おられますが、原因不明のカッ

プルが多いのです。

最近は、男性側に原因がある場合がすご~く増えています(^0^;)

 

原因を見つける事も大切ですが、

まずは、男女ともに体を温めましょう。

体を温めて妊娠しやすい身体作りは、以下の事を気を付けてください。

 

≪妊娠しやすい身体作り~11のコツ≫

  • 食生活の見直し
  • 基礎代謝を高める
  • 入浴の仕方
  • 服装・室内環境の見直し
  • 運動の勧め
  • サプリメントの摂取とその見極め方
  • 漢方治療
  • 経絡(ツボ)刺激
  • 心の調和とイメージングの力
  • 睡眠のとり方
  • カウンセリングを受ける

 

と一言で言われても困りますよね(@_@)

カウンセリングを受けるとなぜいいの?

2012年2月14日の朝日新聞に掲載された記事から

MX-3111F_20130204_170013

「不育症の患者73人中でカウンセリングを受けている患者とそうでない患者では、

その後に28%妊娠率に差が出ました」と掲載されましたよ(^0^)V

 

もっと詳しく妊娠しやすいコツを知りたい方は、ご来店お待ちしています~

・・・・・・

 

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【カウンセリングで28%妊娠率がアップする】:関連ページ

【月経が多い場合はこんな原因があります。】
【月経が多い場合はこんな原因があります。】 女性にとって月経というものに 非常に敏感なんだな カウンセリングをしていて つくづく思います。 ちょっとした変化に 不安になったりするものです。 今回は そのあたり 特に【月経 […]
【性ホルモンについて 考える】
【性ホルモンについて 考える】 前回で570回 ブログを更新していますが 流石にネタ切れ になってきました。(”ω”) ちょっと 角度を変えまして 男の子 女の子の 生殖器や 成長について 考えて […]
『排卵誘発注射剤:r-FSH、u-FSH、hMG』について
『排卵誘発注射剤:r-FSH、u-FSH、hMG』について 内服の排卵誘発剤(クロミッド、レトロゾール)で排卵が認められない場合や 排卵は正常に起こっても妊娠に至らない場合 また高度生殖医療の採卵で、たくさんの卵子を得た […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その4 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その4 (統合医療生殖学会より)】 卵管留水腫に漢方は効果があり、成功例も多くあります。 痰湿が妊娠の妨げになっているので、女性は温めるだけでなく 水を出していく事も考えます。 痰湿を […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その3 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その3 (統合医療生殖学会より)】 「婦宝当帰膠 を8年飲んで 冷えは取れて調子は良い ですが3年 不妊治療をしているのに良い卵子が取れないのはなぜですか?」 と聞かれました。  婦宝 […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その2 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その2 (統合医療生殖学会より)】 卵管留水腫 は東洋医学的に捉えると 痰湿という状態 いわゆる 体の中の 処理されない 老廃物 が悪さをすると考えます。 現在の日本の食事は肉や油が本 […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する (統合医療生殖学会より)】 卵管留水腫 ・・・  卵管に液体が溜まってしまう状態 不妊の原因の一つです。 当店でも たまに その症状の方に遭遇します。 原因は 西洋医学では 不明だそうで […]
【採卵後にお腹の痛みがひどい場合 どのような原因が考えられますか?】
排卵後すぐに お腹に鈍い痛みを感じる場合は 出欠をしている可能性があります。   もし2~3日後に痛みを感じる場合は OHSS(卵巣過剰刺激症候群)や 感染症 を疑うべきでしょう。 OHSSは 排卵誘発剤を併用 […]
【11~15 って何の数字だ?】
11~15 何の数字か わかりますか? これをクリアしていると 妊娠力もアップしやすいのですが 実は 貧血の数値なんです。 血液の中の 主役が 赤血球ですが その中にヘモグロビンという タンパク質の数値がこの 11~14 […]
【着床の窓 最新の検査方法】
ここ 2回ほど 「着床の窓」について ご紹介してきましたが 山口先生より さらに詳しい 情報が届きましたのでここにご紹介します。 「 今日は皆様も生殖医療に携わる中で1度は耳にした事があると思います。 『着床の窓』(im […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/2149/trackback/

1件のコメント »


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です