【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【低刺激法 と 高刺激法の違い】愛知県豊田市で二人目不妊を漢方で応援

「低刺激法」と「高刺激法」の違いを

教えてください。

 

 

低刺激法 と 高刺激法

どちらも排卵を誘発する方法です。

 

「低刺激法」は基本的に  排卵誘発剤 クロミッド、セロフェン、フェマーラの内服

(+少量のhMG注射) で排卵誘発をさせます。

 

利点として、副作用(OHSS)が起こりくい事。

通院回数が少なく、薬も少ないので費用が安いという事です。

 

欠点として、排卵数が少ないため、妊娠率が劣るという事があります。

ちなみに排卵数は 卵巣予備能(卵巣がもともと持っている力)が

いい場合でも4~5個 一般的に1個~4個くらいです。

 

「高刺激法」は、毎日、hMG注射を打ち、排卵誘発を起こす方法です。

LHサージを抑える目的で用いる薬の種類や使い方により、

アンタゴニスト法 、ロング法などと呼ばれています。

 

卵巣予備能が良ければ、15個とか20個とか、もっと採れることもありますが、

卵巣予備能が低いと、低刺激法とほとんど変わらない状態になります。

 

利点は 一般的に低刺激法に比べ、妊娠率が高いという事。

 

欠点は 副作用の発生すること。  他に注射によるストレス

多くの薬を使うので、薬剤費も高額になりやすい事です。

 

病院の考え方によって

「低刺激法」を 優先する病院

「高刺激法」を 優先する病院

 

とあり、そのあたりが病院選びの見極め方に

なってきます。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【低刺激法 と 高刺激法の違い】愛知県豊田市で二人目不妊を漢方で応援:関連ページ

【冷えのぼせ が なぜ瘀血か?】
【冷えのぼせ が なぜ瘀血か?】 瘀血(オケツ)はどんな状態で現れるのでしょうか? 結構 特徴的な症状で出てくることが多いです ちょっとまとめてみました。 1 全身に現れる瘀血 瘀血でいう全身の症状に 冷え性がありますが […]
【瘀血ってなに? 冷えのぼせが特徴】
『瘀血って何 守備範囲の広い瘀血』   漢方のサイトを見ているとよく 『瘀血』という言葉が出てくると思います。 今回から瘀血について説明をしていきたいと思います。 女性には月経という『血』に対する生理現象があっ […]
『食と子宮内膜症について調べた研究報告』
食と子宮内膜症について調べた研究報告 これまで子宮内膜症と食生活や栄養との関連についての研究が多く行われています。 ◎野菜や果物をたくさん食べ、肉は食べ過ぎないイタリアのミラノ大学研究では、504名の子宮内膜症の女性患者 […]
『男性不妊用のサプリメントって効果ってあるの?』
男性不妊  もっとも多い原因が 『精子がちゃんと作られていない』事なのですが 実はその原因として一番多いのが 「原因不明」なんです。 要するに これっという原因が見当たらない 原因がないので、医院としても処置がないんです […]
【習慣性流産の漢方的ケア その1】
【習慣性流産の漢方的ケア その1】 東洋医学の世界では 実は流産も 「小さなお産」と 捉えます。  だから流産した後も産後と同じように 体のケアが必要と捉えています。 実際に流産後の身体は 産後の身体と同じように 体のエ […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その4 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その4 (統合医療生殖学会より)】 卵管留水腫に漢方は効果があり、成功例も多くあります。 痰湿が妊娠の妨げになっているので、女性は温めるだけでなく 水を出していく事も考えます。 痰湿を […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その3 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その3 (統合医療生殖学会より)】 「婦宝当帰膠 を8年飲んで 冷えは取れて調子は良い ですが3年 不妊治療をしているのに良い卵子が取れないのはなぜですか?」 と聞かれました。  婦宝 […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その2 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その2 (統合医療生殖学会より)】 卵管留水腫 は東洋医学的に捉えると 痰湿という状態 いわゆる 体の中の 処理されない 老廃物 が悪さをすると考えます。 現在の日本の食事は肉や油が本 […]
【実際のデータから見る 年齢と妊娠の関係】
年齢 染色体異常発生率 ダウン症児の発生率 25歳 476分の1 1250人に1人 35歳 192分の1 385人に1人 40歳 66分の1 106人に1人 上の表は 年齢別  染色体異常 発生率  と ダウン症児の発生 […]
【胎児の生命活動を支えているのはお母さんの血液】
人間は生物であり動物です。生命の流れは母系です。だから、 お母さんの意識を変えていただきたいのです。 生物学的には、受胎した瞬間に命が発生します。 (命の発生するメカニズムはまだ解明されていません) 通常、妊娠が確信され […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/215/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください