【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【女性は35 歳以上になると、妊娠率の低下だけでなく流産率が増加します。】

体外受精

女性は35 歳以上になると、妊娠率の低下だけでなく流産率が増加します。

 

これは、加齢による卵の染色体異常や受精後の胚発育の悪化により

起こると考えられています。

女性の卵巣内にある卵子は生まれる前に作られ、その後新たに補充されることはありません
卵子の元になる卵母細胞は、女児がまだ母体内にいる胎生5 ヶ月頃に最も多く、

約700 万個作られますが、その後急速にその数が減少し、出生時には、約200 万個となり、

排卵が起こり始める思春期頃には、30 万個まで減少します(図2)

 

そのうち、排卵する卵子の数は400~500 個(1%以下)です。つまり、

排卵する卵子の年齢は実年齢とほぼ同じであることになります。このように卵母細胞の数は

増加することはなく、37 歳頃を過ぎると急速に減少し、卵母細胞の数が約1,000 個以下になると閉経します。
ふにん

 

この情報 もしかしたら 目を背けたいと思っている人もいるのかもしれませんね。

現在、40歳超えて 妊娠される方も増えてきましたし、有名人の方の例もチラホラでていますね。

ただ、それを見て「まだまだ 大丈夫」と呑気に構えている人もいるように思います。

でも、これが現実なんですね。 特に35歳超えたら 一日、一日が本当に大事になってきます。

今、迷われている方 一日でも早く 取り組まれる事をお勧めします。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【女性は35 歳以上になると、妊娠率の低下だけでなく流産率が増加します。】:関連ページ

【流産の種類について】
「流産の種類について」 と言う内容のご相談をよくされます。 今日は流産について書かせて頂きます。   流産と聞くと、とにかく悲しい気持ちになりますが、全妊婦さんの8%~15%が流産を経験するといわれています。 […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/2270/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です