【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【朝日新聞の記事より 44歳 多忙理由に独身時に採取 出産に成功】

DSC02449

2月3日づけの 朝日新聞の記事からです。

【健康な女性 凍結卵子で出産】

44歳 多忙理由に独身時に採取

健康な女性が 数年前に大阪市内のクリニックで自分の卵子を凍結し

その後女児を出産し事がわかった。

健康な女性が仕事など社会的な理由で 卵子を凍結して将来の出産に備える事に対し

日本産婦人科学会の委員会は 昨年、「推奨しない」との報告をまとめている。

 

採卵で体に負担をかけることや 妊娠、出産が保証できないなどが理由だ。

 

卵子の凍結と体外受精を担った 大阪市のオーク住吉産婦人科によると

出産した女性は44歳の看護婦  独身だった41歳の時に仕事の多忙などを理由に

卵子を凍結  2年前に結婚し、この卵子を使った体外受精で妊娠し昨年5月に女児を出産した。

 

同クリニックでは 健康な女性の卵子凍結では2010年から開始

昨年末までに計229人の卵子を凍結保存し、17人で体外受精を実施

出産できたのはこの女性だけだった。

費用は全額自己負担で今回の女性は数百万円かかったという

 

↓↓↓  ↓↓↓

こんな記事がでていました。

団塊の世代ジュニアが いよいよ42歳を超えてきて

焦り始めている人も多く出ています。

この流れは恐らく 止められないでしょう。

それにしても 17人中1人 とは

いかに 体作りが大事か?  漢方薬に期待される人も出てくるのでは

 

健康な女性・・・・ って所がミソですね。

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【朝日新聞の記事より 44歳 多忙理由に独身時に採取 出産に成功】:関連ページ

【月経が多い場合はこんな原因があります。】
【月経が多い場合はこんな原因があります。】 女性にとって月経というものに 非常に敏感なんだな カウンセリングをしていて つくづく思います。 ちょっとした変化に 不安になったりするものです。 今回は そのあたり 特に【月経 […]
【性ホルモンについて 考える】
【性ホルモンについて 考える】 前回で570回 ブログを更新していますが 流石にネタ切れ になってきました。(”ω”) ちょっと 角度を変えまして 男の子 女の子の 生殖器や 成長について 考えて […]
『排卵誘発注射剤:r-FSH、u-FSH、hMG』について
『排卵誘発注射剤:r-FSH、u-FSH、hMG』について 内服の排卵誘発剤(クロミッド、レトロゾール)で排卵が認められない場合や 排卵は正常に起こっても妊娠に至らない場合 また高度生殖医療の採卵で、たくさんの卵子を得た […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その4 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その4 (統合医療生殖学会より)】 卵管留水腫に漢方は効果があり、成功例も多くあります。 痰湿が妊娠の妨げになっているので、女性は温めるだけでなく 水を出していく事も考えます。 痰湿を […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その3 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その3 (統合医療生殖学会より)】 「婦宝当帰膠 を8年飲んで 冷えは取れて調子は良い ですが3年 不妊治療をしているのに良い卵子が取れないのはなぜですか?」 と聞かれました。  婦宝 […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その2 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その2 (統合医療生殖学会より)】 卵管留水腫 は東洋医学的に捉えると 痰湿という状態 いわゆる 体の中の 処理されない 老廃物 が悪さをすると考えます。 現在の日本の食事は肉や油が本 […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する (統合医療生殖学会より)】 卵管留水腫 ・・・  卵管に液体が溜まってしまう状態 不妊の原因の一つです。 当店でも たまに その症状の方に遭遇します。 原因は 西洋医学では 不明だそうで […]
【採卵後にお腹の痛みがひどい場合 どのような原因が考えられますか?】
排卵後すぐに お腹に鈍い痛みを感じる場合は 出欠をしている可能性があります。   もし2~3日後に痛みを感じる場合は OHSS(卵巣過剰刺激症候群)や 感染症 を疑うべきでしょう。 OHSSは 排卵誘発剤を併用 […]
【11~15 って何の数字だ?】
11~15 何の数字か わかりますか? これをクリアしていると 妊娠力もアップしやすいのですが 実は 貧血の数値なんです。 血液の中の 主役が 赤血球ですが その中にヘモグロビンという タンパク質の数値がこの 11~14 […]
【着床の窓 最新の検査方法】
ここ 2回ほど 「着床の窓」について ご紹介してきましたが 山口先生より さらに詳しい 情報が届きましたのでここにご紹介します。 「 今日は皆様も生殖医療に携わる中で1度は耳にした事があると思います。 『着床の窓』(im […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/2274/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です