【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【牛乳は 毒!!】岡崎市安城市の不妊症を漢方で応援

母乳と牛乳

 

僕はカウンセリングで 牛乳はダメ と言っています。

 

え~~ そんな~~  て声が

聞こえそうですが、

 

牛乳は栄養豊富で 特にカルシウムが豊富だから採ると安心って

感じで飲まれる方が多いようですが、果たしてそれって本当なのか?

 

実は僕自身、今は牛乳を飲むと下痢をします。

最後にまともに牛乳を飲んだのは何時の事か?

でも、人間ドックでも 当店にある体組成計でも

骨は強すぎるほどです。

 

実は、驚くべきことに 牛乳の消費が多い ヨーロッパや

アメリカでは 日本よりも骨粗鬆症の発症率が高く

骨密度も平均して低いというデータがあります。

 

もともと牛乳は牛の赤ちゃんが飲む為にあり、

人間の赤ちゃんは人の乳、すなわち母乳を飲んで

育ちます。  乳は血液をろ過してできるもの。

 

牛の血液をろ過したものでは、根本的に違うのです。

 

母乳と牛乳は似て非なるものです。

下の表をご覧ください。

母乳は初乳と成熟期とでは成分が変わるので、それぞれで載せています。

 

さて、母乳と牛乳  確かに カルシウムは牛乳の方が約4倍含まれています。

 

ただ、今一つ リン(P)を見てください。

牛乳は5倍 母乳よりも含まれています。

リンは人間においてはカルシウムの吸収を阻害します。

 

また、母乳には鉄(Fe)や、亜鉛(Zn)も含まれていますが、

母乳中のこれらミネラルは、ラクトアルブミンという

たんぱく質に結合した状態で存在します。

 

このラクトアルブミンは人間が元々持っているものなので

ミネラルを効率よく吸収することができます。

 

それに対し、牛乳はミネラルがカゼインというタンパク質と結合しています。

カゼインはアレルギーの原因物質になる可能性があります。

 

それでもまだ牛乳を飲みますか?

 

さて、子宝相談のご相談は

電話 0564-26-1717 まで

お気軽にどうぞ

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【牛乳は 毒!!】岡崎市安城市の不妊症を漢方で応援:関連ページ

【赤いパンツで冷え性解消!? チャクラを温めよう】
【赤いパンツで冷え性解消!? チャクラを温めよう】   数ある色の中でも 赤い色 は強い力を持つ色です   赤い色 のものを身につけたり飾ったりするだけで なんとなく元気になる人が多いでしょう   そ […]
【冷えのぼせ が なぜ瘀血か?】
【冷えのぼせ が なぜ瘀血か?】 瘀血(オケツ)はどんな状態で現れるのでしょうか? 結構 特徴的な症状で出てくることが多いです ちょっとまとめてみました。 1 全身に現れる瘀血 瘀血でいう全身の症状に 冷え性がありますが […]
【瘀血ってなに? 冷えのぼせが特徴】
『瘀血って何 守備範囲の広い瘀血』   漢方のサイトを見ているとよく 『瘀血』という言葉が出てくると思います。 今回から瘀血について説明をしていきたいと思います。 女性には月経という『血』に対する生理現象があっ […]
『食と子宮内膜症について調べた研究報告』
食と子宮内膜症について調べた研究報告 これまで子宮内膜症と食生活や栄養との関連についての研究が多く行われています。 ◎野菜や果物をたくさん食べ、肉は食べ過ぎないイタリアのミラノ大学研究では、504名の子宮内膜症の女性患者 […]
『男性不妊用のサプリメントって効果ってあるの?』
男性不妊  もっとも多い原因が 『精子がちゃんと作られていない』事なのですが 実はその原因として一番多いのが 「原因不明」なんです。 要するに これっという原因が見当たらない 原因がないので、医院としても処置がないんです […]
【習慣性流産の漢方的ケア その1】
【習慣性流産の漢方的ケア その1】 東洋医学の世界では 実は流産も 「小さなお産」と 捉えます。  だから流産した後も産後と同じように 体のケアが必要と捉えています。 実際に流産後の身体は 産後の身体と同じように 体のエ […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その4 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その4 (統合医療生殖学会より)】 卵管留水腫に漢方は効果があり、成功例も多くあります。 痰湿が妊娠の妨げになっているので、女性は温めるだけでなく 水を出していく事も考えます。 痰湿を […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その3 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その3 (統合医療生殖学会より)】 「婦宝当帰膠 を8年飲んで 冷えは取れて調子は良い ですが3年 不妊治療をしているのに良い卵子が取れないのはなぜですか?」 と聞かれました。  婦宝 […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その2 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その2 (統合医療生殖学会より)】 卵管留水腫 は東洋医学的に捉えると 痰湿という状態 いわゆる 体の中の 処理されない 老廃物 が悪さをすると考えます。 現在の日本の食事は肉や油が本 […]
【実際のデータから見る 年齢と妊娠の関係】
年齢 染色体異常発生率 ダウン症児の発生率 25歳 476分の1 1250人に1人 35歳 192分の1 385人に1人 40歳 66分の1 106人に1人 上の表は 年齢別  染色体異常 発生率  と ダウン症児の発生 […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/229/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください