【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【hCG(絨毛性性腺刺激ホルモン)】愛知県みよし市の体外受精を漢方で応援

hCG とは 妊婦の尿中に出るホルモンです。

したがって、妊娠検査薬はこのhCGを測ることによって

確認できます。

 

hCGは 卵胞ホルモン や 黄体ホルモンの分泌を促す

作用があり、不妊治療中でも切っても切れないものです

実際につかわれるケースは大きく2つ

① 成熟した卵胞を 排卵させ目的、 すなわち

LHサージを人工的に起させる目的で使います。

この場合、およそ24~36時間後に排卵が起こるので

それに合わせて関係を持つと、妊娠率は上がります。

 

②  hCGは黄体ホルモンの補充にも使われます。

黄体機能不全など黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌に不妊原因があるときには、

基礎体温の高温期中(排卵後)にHCGを投与することで妊娠の継続が維持できる

ようにカバーします。

 

病院では注射薬で用いられ

LHサージを起こさせる目的では 5000~10000単位が一般的です。

 

黄体刺激のための注射は1000・3000・5000が一般的です。

高温期に2・3日毎に一度 注射を打ちます。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【hCG(絨毛性性腺刺激ホルモン)】愛知県みよし市の体外受精を漢方で応援:関連ページ

【月経が少ない場合はこんな原因があります。】
【月経が少ない場合はこんな原因があります。】 先日は月経が多い人はこんな人が考えられますよ とご説明させていただきましたが。 今回は 月経が少ない人です。   『昔に比べて 量が明らかに減少して 月経が短く3日 […]
【月経が多い場合はこんな原因があります。】
【月経が多い場合はこんな原因があります。】 女性にとって月経というものに 非常に敏感なんだな カウンセリングをしていて つくづく思います。 ちょっとした変化に 不安になったりするものです。 今回は そのあたり 特に【月経 […]
【性ホルモンについて 考える】
【性ホルモンについて 考える】 前回で570回 ブログを更新していますが 流石にネタ切れ になってきました。(”ω”) ちょっと 角度を変えまして 男の子 女の子の 生殖器や 成長について 考えて […]
『排卵誘発注射剤:r-FSH、u-FSH、hMG』について
『排卵誘発注射剤:r-FSH、u-FSH、hMG』について 内服の排卵誘発剤(クロミッド、レトロゾール)で排卵が認められない場合や 排卵は正常に起こっても妊娠に至らない場合 また高度生殖医療の採卵で、たくさんの卵子を得た […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その4 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その4 (統合医療生殖学会より)】 卵管留水腫に漢方は効果があり、成功例も多くあります。 痰湿が妊娠の妨げになっているので、女性は温めるだけでなく 水を出していく事も考えます。 痰湿を […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その3 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その3 (統合医療生殖学会より)】 「婦宝当帰膠 を8年飲んで 冷えは取れて調子は良い ですが3年 不妊治療をしているのに良い卵子が取れないのはなぜですか?」 と聞かれました。  婦宝 […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その2 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その2 (統合医療生殖学会より)】 卵管留水腫 は東洋医学的に捉えると 痰湿という状態 いわゆる 体の中の 処理されない 老廃物 が悪さをすると考えます。 現在の日本の食事は肉や油が本 […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する (統合医療生殖学会より)】 卵管留水腫 ・・・  卵管に液体が溜まってしまう状態 不妊の原因の一つです。 当店でも たまに その症状の方に遭遇します。 原因は 西洋医学では 不明だそうで […]
【採卵後にお腹の痛みがひどい場合 どのような原因が考えられますか?】
排卵後すぐに お腹に鈍い痛みを感じる場合は 出欠をしている可能性があります。   もし2~3日後に痛みを感じる場合は OHSS(卵巣過剰刺激症候群)や 感染症 を疑うべきでしょう。 OHSSは 排卵誘発剤を併用 […]
【11~15 って何の数字だ?】
11~15 何の数字か わかりますか? これをクリアしていると 妊娠力もアップしやすいのですが 実は 貧血の数値なんです。 血液の中の 主役が 赤血球ですが その中にヘモグロビンという タンパク質の数値がこの 11~14 […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/293/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です