【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【次世代を担う良い子を育てるために】

【次世代を担う良い子を育てるために】

私はもう15年前から「マイナス2歳からの子育て」を提唱してきました。
障害児と関わるうちに、次世代を担う良い子を育てたいと思ったのがその動機です。
当時 読売新聞のいばらぎ版に「新・こども事情」が掲載された事があります。

マイナス二歳といえば まだ胎児としての生命も誕生していない状態です。
そのころから母体の体調を整えてこそ、健康な赤ちゃんが期待できるという内容でした。
つまり母体の血液をきれいにしておきましょうという提案です。

胎児は目や耳ができてくる3ヶ月ごろから、音で脳への入力を行い 神経回路の形成をはじめます。
その時期から、お母さんが胎児への話しかける事が大切です。

美しいもの、きれいなものを見た時、嬉しい、楽しい出来事があった時など、お母さんはすかさず
胎内の赤ちゃんにその感動を伝えてあげるのです。
その働きかけが、感性豊かな子供を育てる上で重要だと気づいたのです。
(マイナス2歳からの子育て より)

 

pregnant woman’s belly with colorful butterflies

鈴木昭平 さんの 著書から です。
先日 いただいた 柴田美智子さんの 「はじめまして赤ちゃん」でも 同様の事が
書かれていました。
胎児教育の最も大事な事は 「親子の絆を強める事」 すなわち
胎児ではなく 一人の人間として 扱う事
豊かな愛情と良い情報と適切な刺激を与える事

 

少し雲を掴むような話ですが、妊娠中はもとより、妊活中の方も
すでに子育ては始まっているんだ と意識することから始める事だと思います。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【次世代を担う良い子を育てるために】:関連ページ

【相手の欠点を包み込む心で】
【相手の欠点を包み込む心で】 人は 一人では生きる事はできません。 生きるためには 自然が育んだもの他人が 手をかけたものを食べなくてはなりません その行動によって周囲の環境にもなんらかの影響を 及ぼします。   […]
【臨床医学研究会に参加してきました。】
【臨床医学研究会に参加してきました。】 神戸にて 臨床医学研究会に参加してきました。 毎年 不妊治療の臨床の最前線で ご活躍されている専門家の先生が最新の技術の解説を してくださいます。   今回は 英ウィメン […]
【腹帯の意味】
【腹帯の意味】 妊娠して5月目の戌の日に幕帯を『腹帯』と言います。 『岩の様に丈夫な子を産み育てる』という意味から 『岩田帯』とか『斎肌帯』とも言われています。 もともとあまり動く必要のない女性のためだったと されていて […]
【子宝は 「養生」も漢方と同じくらい大事!!】
【子宝は 「養生」も漢方と同じくらい大事!!】 【子宝は 「養生」も大事!!】 「養生・・・・」 と聞いてピンとこない人が多いのかもしれません。 今風にいうと 「ライフスタイル」「生活習慣」 食事・睡眠・入浴の仕方・夫婦 […]
『子宝カウンセラーの会に参加してきました。』
『子宝カウンセラーの会に参加してきました。』 先日 大阪にて子宝カウンセラーの会に参加してきました。 僕ら向けの 子宝について深く学ぶ会なんですが なんやかやで 一年ぶりに参加させていただきました。 午前中は 大阪のみう […]
『漢方薬でできる事』
『漢方薬でできる事』 漢方の特性の一つが 自然という事。 もともと人には 自然に子供が授かる力があります。 実は東洋医学的に不妊を考えると、知らないうちに体に歪みができ、バランスが崩れてできないと考えます。 漢方薬はその […]
【SEET法 とは】
【SEET法 とは】   自然妊娠と体外受精の決定的な違いは 体外受精は体外で受精卵が生れて育つということ 対して、自然妊娠はその受精卵とお母さんが ごく早い段階から情報交換をしています。   すなわ […]
【タカキ薬局は 病院と併用の方が多いです。】
【タカキ薬局は 病院と併用の方が多いです。】 タカキ薬局は 病院と併用の方が多いです。 では 病院と併用するメリットは 妊娠する準備を整えます。 カラダ全体にヒズミがあって、それが原因となる場合があります。 体全体に余裕 […]
『6組に1組の夫婦が不妊に悩んでいる』
日本では 不妊に悩む夫婦の割合が 年々増加し、実際に不妊治療や検査を行った事の あるカップルは 6組に1組と言われています。 一方、近年は40歳を超えた高齢出産も増えていて、 厚生労働省によると、2011年に35歳以上で […]
『梅雨と不妊 気温の変化と自律神経』
毎年、ゴールデンウィーク明け梅雨の時期になると ◎「生理周期が乱れた」 ◎「安定していた基礎体温が変化した」 ◎「生理が遅れている」 などというご質問やお問合せが増えます。 今回は 『梅雨と不妊 気温の変化と自律神経』 […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3327/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください