【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

『放送作家 鈴木おさむさんの妊活(朝日新聞より)』

選択肢伝えたい、休業公表

放送作家の鈴木おさむさん(45)は2012年秋、「女芸人」として活躍する妻の大島美幸さん(37)から「妊活休業」を打ち明けられた。2回目の流産から2年、仕事にうち込む妻の姿を見続けてきた鈴木さんは、「すごくいいじゃん」と心から賛成した。

この2年の間、鈴木さんにも変化があった。11年に放送された高齢出産をテーマにしたドラマの脚本を担当。不妊や生殖医療について取材するなかで、妊娠や出産について学んだ。

流産は一定の確率で起こること、人工授精や体外受精などの不妊治療があること、そして32歳になっていた妻の年齢を考えると、子どもを授かるためには、ゆっくりしてはいられないこと。競争の激しい芸能界で、「妊活」でしばらくテレビから姿を消すリスクはもちろんある。でも、迷いはなかった。

妻が休業に入るのは、抱えていた大きな仕事が一段落するのを待った。人気テレビ番組の企画で24時間走り続けるランナー役と映画の主演。長距離走の練習で17キロ痩せた後に、太った中年男性を演じるために9キロも体重を増やした。そんな過酷な時期を乗り切った。

このころ、夫婦で決めたことがある。それは妊活休業の公表だ。妊娠するために仕事を休む選択肢があることを、妊活という言葉とともに広めたい。そう思った。「もし授からなければ、その場合もきちんと公表しよう。そして、子どものいない人生を楽しもう」。話し合ううち、自然にそういう結論になった。

14年1月、妻は記者会見を開き、妊活休業に入ることを発表した。夫婦で不妊クリニックも受診した。初めて受けた精子検査で、精子の運動量が少ないことがわかった。「妻が2度妊娠しているのに、まさか自分の精子に問題があるなんて。やはり男性もしっかりと向き合うべきだ」。あらためてそう思った。

一方、大島さんの体にも問題が見つかる。もとは2センチほどだった子宮筋腫が、出産に影響する可能性がある5センチ程度まで大きくなっていた。医師から「もし治療をするなら」と紹介されたのが、アモルクリニック(横浜市港北区)の児島孝久(こじまたかひさ)院長(67)だった。

男性が妻に寄り添い妊活にはいる

本日もその事について 相談を受けたのだが

鈴木さんが言われるように 選択肢として気が付いて

いないだけかもしれませんね。

いきなりは難しいですが、『妊活に入るとしたら。。。』

とシュミレーションしてみる。

それだけでも妊活になります。

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



『放送作家 鈴木おさむさんの妊活(朝日新聞より)』:関連ページ

『子宝カウンセラーの会に参加してきました。』
『子宝カウンセラーの会に参加してきました。』 先日 大阪にて子宝カウンセラーの会に参加してきました。 僕ら向けの 子宝について深く学ぶ会なんですが なんやかやで 一年ぶりに参加させていただきました。 午前中は 大阪のみう […]
『漢方薬でできる事』
『漢方薬でできる事』 漢方の特性の一つが 自然という事。 もともと人には 自然に子供が授かる力があります。 実は東洋医学的に不妊を考えると、知らないうちに体に歪みができ、バランスが崩れてできないと考えます。 漢方薬はその […]
【SEET法 とは】
【SEET法 とは】   自然妊娠と体外受精の決定的な違いは 体外受精は体外で受精卵が生れて育つということ 対して、自然妊娠はその受精卵とお母さんが ごく早い段階から情報交換をしています。   すなわ […]
【タカキ薬局は 病院と併用の方が多いです。】
【タカキ薬局は 病院と併用の方が多いです。】 タカキ薬局は 病院と併用の方が多いです。 では 病院と併用するメリットは 妊娠する準備を整えます。 カラダ全体にヒズミがあって、それが原因となる場合があります。 体全体に余裕 […]
『6組に1組の夫婦が不妊に悩んでいる』
日本では 不妊に悩む夫婦の割合が 年々増加し、実際に不妊治療や検査を行った事の あるカップルは 6組に1組と言われています。 一方、近年は40歳を超えた高齢出産も増えていて、 厚生労働省によると、2011年に35歳以上で […]
『梅雨と不妊 気温の変化と自律神経』
毎年、ゴールデンウィーク明け梅雨の時期になると ◎「生理周期が乱れた」 ◎「安定していた基礎体温が変化した」 ◎「生理が遅れている」 などというご質問やお問合せが増えます。 今回は 『梅雨と不妊 気温の変化と自律神経』 […]
【 赤ちゃんの産声  産声はメッセージ】
【 赤ちゃんの産声  産声はメッセージ】 生まれたばかりの赤ちゃんは肺呼吸を開始すると産声をあげます。 産声は肺呼吸のスタートの合図 元気のよい鳴き声ほど、しっかり呼吸できたというメッセージです。 もし産声がなければ大変 […]
乳腺炎に効く漢方
こんにちは タカキ薬局のタカキです 出産後、乳腺炎に悩む方がとても多いです。 母乳のつまりや細菌が原因で ”乳房の痛み・シコリ・腫れ悪寒・微熱” などの症状が現れます。 痛みを緩和するのに葛根湯(カッコントウ)や排膿散及 […]
『妊活 3ヶ月目が 一つの踊り場』
『妊活 3ヶ月目が 一つの踊り場』 昨日は 3組の妊活に頑張っている夫婦の相談を させていただきました。 さて、人それぞれですが 3ヶ月目というのは 実は妊活に対して一つの踊り場なんですね。 『ちょっと 辞めたくなる』時 […]
『松応寺の藤の花』
ちょっとピンボケですかね タカキ薬局の裏にある 松応寺の藤の花がとても綺麗です。😊 徒歩 なんと1分 カウンセリングの後にぜひ 寄ってみてくださいね。 関連記事一覧2017年12月7日 【子どもが生まれて […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3806/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください