【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【子どもが生まれて、女性は母親になる。でも、男性は『父親になる権利』というチケットを受け取ったに過ぎない。チケットをどう使うかは、その男性次第】

治療へ、妻の判断後押し

夫婦で話し合い、妻でお笑い芸人の大島美幸さん(37)の「妊活休業」の公表を決めた放送作家の鈴木おさむさん(45)。

2014年2月、夫婦で受診した産婦人科で妻の子宮筋腫が大きくなっていることがわかった。

紹介されたのが、アモルクリニック(横浜市)の児島孝久院長だった。

大島さんを診察した児島院長は、5センチほどの大きさになっていた筋腫が妊娠・出産に影響する可能性があると判断。「

治療した方がいい」と告げた。

大島さんの筋腫は子宮頸部(けいぶ)にあった。尿管や血管が近いため手術が難しく、

合併症の危険も高い。児島院長が提案した治療法は、子宮動脈塞栓(そくせん)術(UAE)

子宮につながる動脈をカテーテルを使って詰まらせ、血液を送らなくして筋腫を小さくするというものだ。

受診を繰り返すうち、大島さんは、児島院長の人柄にひかれていた。

言うべきことを遠慮せずはっきりと言う。

「信用できる」と感じた。まだ国内では実証例が少ないUAEを受けてみることにした。

鈴木さんも「妻が選んだことだから」と背中を押した。

 

5月に受けた治療は成功。子宮筋腫は、4カ月後に約3分の1に縮んだ。夫婦で話し合い、

今後も児島院長のもとで妊活を進めることにした。

一般に不妊治療は、排卵誘発剤を飲んで排卵と性交の時期を合わせる「タイミング法」、

次に事前に採取した精子を子宮内に注入する「人工授精」、

採取した卵子を体外で精子と結びつける「体外受精」と進んでいく。

2人は、タイミング法を2回、そして人工授精を3回。

それでも妊娠しなければ、体外受精に進もうと決めた。

「重要なのは基礎体温です。グラフに描いたときにきれいなカーブになるよう体調を整えましょう」

児島院長はこうアドバイスした。大島さんの基礎体温は乱れが目立った。

規則正しい生活と食生活の見直しを続けると、グラフのギザギザは消えていった。

鈴木さんの精子の運動量の少なさは気になったが、「人工授精なら妊娠できるだろう」と感じていた。

タイミング法を試した2カ月では妊娠せず、次の人工授精に。

1回目の試みが終わった10月、妊娠検査薬に陽性反応が出た。

 

夫婦でつかんだ「奇跡」

妻でお笑い芸人の大島美幸さん(37)の休業を公表し、夫婦で「妊活」に入った放送作家の鈴木おさむさん(45)。

5カ月目の2014年10月、1回目の人工授精で妊娠したことがわかった。

待ちわびた妊娠だったが、過去2回の流産経験から、鈴木さんは以前のようにはしゃぐ気持ちにはなれなかった。

公表したのは、安定期に入った約4カ月後。命の貴さやはかなさを学び、新しい生命の誕生に向き合わせてくれたことへの感謝――

そんな気持ちを「うれしいけど、不安」とブログにしるした。ファンからたくさんのお祝いのメッセージが寄せられた。

 

出産予定日を10日過ぎた15年6月22日、病院で診察中に破水。

そのまま出産態勢に入った。ベッドの上で苦しそうに声を上げる姿を見ながら、芸人でもある妻との約束を思い出した。

急いで自宅に戻り、自分の顔を写せるカメラ付きヘルメットを取ってきた。

テレビ番組のロケでバンジージャンプに絶叫する顔を撮った思い入れのあるカメラで、

出産する姿を記録したい――。それが妻の願いだった。

ヘルメットをかぶり、陣痛に苦しむ自分の顔を撮影しながら赤ちゃんを産んだ妻。

その隣で、別のカメラで動画を撮り続けた。長男を抱きしめ「やっと会えた」と涙を流す妻と元気に泣き叫ぶわが子。

夫婦でのり越えてきた妊活の日々が頭に浮かんできた。「子どもが生まれることは『奇跡』なんだ。

悲しい経験さえも、この子が生まれてくるためには必然だったのではないか」。そんなふうに感じた。

 

出産の翌月、放送作家の仕事を1年間休むことにした。妻の仕事復帰のサポートと、生まれて間もない長男といっしょに過ごすこと。

休業中に新たな仕事の機会を逃すリスクがないわけではないが、それ以上に、

いまこの時期に家族のために時間を使うことが、かけがえのないものに感じた。

 

「子どもが生まれて、女性は母親になる。でも、男性は『父親になる権利』というチケットを受け取ったに過ぎない。チケットをどう使うかは、その男性次第」

妊活を経験してそう考えるようになった。

写真・図版

 

朝日新聞からの記事 第三回目 文章を変えてしまうと

ニュアンスが変わってしまうので、そのまま引用させてもらっています。

現在、基礎体温もロクに見ないお医者さんが多いのですが

この先生はちゃんとしてますね。  

妊活って特別な事ではない 何気ない所の改善からはじまるんです。

「子どもが生まれて、女性は母親になる。でも、男性は『父親になる権利』というチケットを受け取ったに過ぎない。チケットをどう使うかは、その男性次第」

本当に重たい言葉ですね。

 

 

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【子どもが生まれて、女性は母親になる。でも、男性は『父親になる権利』というチケットを受け取ったに過ぎない。チケットをどう使うかは、その男性次第】:関連ページ

『子宝カウンセラーの会に参加してきました。』
『子宝カウンセラーの会に参加してきました。』 先日 大阪にて子宝カウンセラーの会に参加してきました。 僕ら向けの 子宝について深く学ぶ会なんですが なんやかやで 一年ぶりに参加させていただきました。 午前中は 大阪のみう […]
『漢方薬でできる事』
『漢方薬でできる事』 漢方の特性の一つが 自然という事。 もともと人には 自然に子供が授かる力があります。 実は東洋医学的に不妊を考えると、知らないうちに体に歪みができ、バランスが崩れてできないと考えます。 漢方薬はその […]
【SEET法 とは】
【SEET法 とは】   自然妊娠と体外受精の決定的な違いは 体外受精は体外で受精卵が生れて育つということ 対して、自然妊娠はその受精卵とお母さんが ごく早い段階から情報交換をしています。   すなわ […]
【タカキ薬局は 病院と併用の方が多いです。】
【タカキ薬局は 病院と併用の方が多いです。】 タカキ薬局は 病院と併用の方が多いです。 では 病院と併用するメリットは 妊娠する準備を整えます。 カラダ全体にヒズミがあって、それが原因となる場合があります。 体全体に余裕 […]
『6組に1組の夫婦が不妊に悩んでいる』
日本では 不妊に悩む夫婦の割合が 年々増加し、実際に不妊治療や検査を行った事の あるカップルは 6組に1組と言われています。 一方、近年は40歳を超えた高齢出産も増えていて、 厚生労働省によると、2011年に35歳以上で […]
『梅雨と不妊 気温の変化と自律神経』
毎年、ゴールデンウィーク明け梅雨の時期になると ◎「生理周期が乱れた」 ◎「安定していた基礎体温が変化した」 ◎「生理が遅れている」 などというご質問やお問合せが増えます。 今回は 『梅雨と不妊 気温の変化と自律神経』 […]
【 赤ちゃんの産声  産声はメッセージ】
【 赤ちゃんの産声  産声はメッセージ】 生まれたばかりの赤ちゃんは肺呼吸を開始すると産声をあげます。 産声は肺呼吸のスタートの合図 元気のよい鳴き声ほど、しっかり呼吸できたというメッセージです。 もし産声がなければ大変 […]
乳腺炎に効く漢方
こんにちは タカキ薬局のタカキです 出産後、乳腺炎に悩む方がとても多いです。 母乳のつまりや細菌が原因で ”乳房の痛み・シコリ・腫れ悪寒・微熱” などの症状が現れます。 痛みを緩和するのに葛根湯(カッコントウ)や排膿散及 […]
『妊活 3ヶ月目が 一つの踊り場』
『妊活 3ヶ月目が 一つの踊り場』 昨日は 3組の妊活に頑張っている夫婦の相談を させていただきました。 さて、人それぞれですが 3ヶ月目というのは 実は妊活に対して一つの踊り場なんですね。 『ちょっと 辞めたくなる』時 […]
『松応寺の藤の花』
ちょっとピンボケですかね タカキ薬局の裏にある 松応寺の藤の花がとても綺麗です。😊 徒歩 なんと1分 カウンセリングの後にぜひ 寄ってみてくださいね。 関連記事一覧2017年12月7日 【子どもが生まれて […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3809/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください