【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【子どもが生まれて、女性は母親になる。でも、男性は『父親になる権利』というチケットを受け取ったに過ぎない。チケットをどう使うかは、その男性次第】

治療へ、妻の判断後押し

夫婦で話し合い、妻でお笑い芸人の大島美幸さん(37)の「妊活休業」の公表を決めた放送作家の鈴木おさむさん(45)。

2014年2月、夫婦で受診した産婦人科で妻の子宮筋腫が大きくなっていることがわかった。

紹介されたのが、アモルクリニック(横浜市)の児島孝久院長だった。

大島さんを診察した児島院長は、5センチほどの大きさになっていた筋腫が妊娠・出産に影響する可能性があると判断。「

治療した方がいい」と告げた。

大島さんの筋腫は子宮頸部(けいぶ)にあった。尿管や血管が近いため手術が難しく、

合併症の危険も高い。児島院長が提案した治療法は、子宮動脈塞栓(そくせん)術(UAE)

子宮につながる動脈をカテーテルを使って詰まらせ、血液を送らなくして筋腫を小さくするというものだ。

受診を繰り返すうち、大島さんは、児島院長の人柄にひかれていた。

言うべきことを遠慮せずはっきりと言う。

「信用できる」と感じた。まだ国内では実証例が少ないUAEを受けてみることにした。

鈴木さんも「妻が選んだことだから」と背中を押した。

 

5月に受けた治療は成功。子宮筋腫は、4カ月後に約3分の1に縮んだ。夫婦で話し合い、

今後も児島院長のもとで妊活を進めることにした。

一般に不妊治療は、排卵誘発剤を飲んで排卵と性交の時期を合わせる「タイミング法」、

次に事前に採取した精子を子宮内に注入する「人工授精」、

採取した卵子を体外で精子と結びつける「体外受精」と進んでいく。

2人は、タイミング法を2回、そして人工授精を3回。

それでも妊娠しなければ、体外受精に進もうと決めた。

「重要なのは基礎体温です。グラフに描いたときにきれいなカーブになるよう体調を整えましょう」

児島院長はこうアドバイスした。大島さんの基礎体温は乱れが目立った。

規則正しい生活と食生活の見直しを続けると、グラフのギザギザは消えていった。

鈴木さんの精子の運動量の少なさは気になったが、「人工授精なら妊娠できるだろう」と感じていた。

タイミング法を試した2カ月では妊娠せず、次の人工授精に。

1回目の試みが終わった10月、妊娠検査薬に陽性反応が出た。

 

夫婦でつかんだ「奇跡」

妻でお笑い芸人の大島美幸さん(37)の休業を公表し、夫婦で「妊活」に入った放送作家の鈴木おさむさん(45)。

5カ月目の2014年10月、1回目の人工授精で妊娠したことがわかった。

待ちわびた妊娠だったが、過去2回の流産経験から、鈴木さんは以前のようにはしゃぐ気持ちにはなれなかった。

公表したのは、安定期に入った約4カ月後。命の貴さやはかなさを学び、新しい生命の誕生に向き合わせてくれたことへの感謝――

そんな気持ちを「うれしいけど、不安」とブログにしるした。ファンからたくさんのお祝いのメッセージが寄せられた。

 

出産予定日を10日過ぎた15年6月22日、病院で診察中に破水。

そのまま出産態勢に入った。ベッドの上で苦しそうに声を上げる姿を見ながら、芸人でもある妻との約束を思い出した。

急いで自宅に戻り、自分の顔を写せるカメラ付きヘルメットを取ってきた。

テレビ番組のロケでバンジージャンプに絶叫する顔を撮った思い入れのあるカメラで、

出産する姿を記録したい――。それが妻の願いだった。

ヘルメットをかぶり、陣痛に苦しむ自分の顔を撮影しながら赤ちゃんを産んだ妻。

その隣で、別のカメラで動画を撮り続けた。長男を抱きしめ「やっと会えた」と涙を流す妻と元気に泣き叫ぶわが子。

夫婦でのり越えてきた妊活の日々が頭に浮かんできた。「子どもが生まれることは『奇跡』なんだ。

悲しい経験さえも、この子が生まれてくるためには必然だったのではないか」。そんなふうに感じた。

 

出産の翌月、放送作家の仕事を1年間休むことにした。妻の仕事復帰のサポートと、生まれて間もない長男といっしょに過ごすこと。

休業中に新たな仕事の機会を逃すリスクがないわけではないが、それ以上に、

いまこの時期に家族のために時間を使うことが、かけがえのないものに感じた。

 

「子どもが生まれて、女性は母親になる。でも、男性は『父親になる権利』というチケットを受け取ったに過ぎない。チケットをどう使うかは、その男性次第」

妊活を経験してそう考えるようになった。

写真・図版

 

朝日新聞からの記事 第三回目 文章を変えてしまうと

ニュアンスが変わってしまうので、そのまま引用させてもらっています。

現在、基礎体温もロクに見ないお医者さんが多いのですが

この先生はちゃんとしてますね。  

妊活って特別な事ではない 何気ない所の改善からはじまるんです。

「子どもが生まれて、女性は母親になる。でも、男性は『父親になる権利』というチケットを受け取ったに過ぎない。チケットをどう使うかは、その男性次第」

本当に重たい言葉ですね。

 

 

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【子どもが生まれて、女性は母親になる。でも、男性は『父親になる権利』というチケットを受け取ったに過ぎない。チケットをどう使うかは、その男性次第】:関連ページ

【タカキ薬局の子宝カウンセリングについてのQ&A】
こんにちは 高木タイスケです。 2月も今日で 終わり 明日から3月 ついこの前 お正月だと思ったのですが早いものです。 さて、タカキ薬局に対する質問がいくつか来てますので ここでまとめて お答えしておきたいと思います。 […]
『出生数が86万人に 回復のキーワードは男性の自信!?』
『出生数が86万人に 回復のキーワードは男性の自信!?』   朝日新聞の情報からですが 今年の出生数が発表されましたね 以下は朝日新聞の記事から 少し前に出生数が100万人を切った という事でしたが、この減少ペースは 本 […]
【第50回 子宝カウンセラーの会に参加】
【第50回 子宝カウンセラーの会に参加】 第50回の子宝カウンセラーの会 が大阪であり 参加してきました。   日々勉強、勉強です。   舌を見てその方の体質を見ていく この方は心が弱って 体が冷えて […]
【妊娠がわかったら・・・  パパに知っておいてほしい妊娠中の女性のケア】
【妊娠がわかったら・・・  パパに知っておいてほしい妊娠中の女性のケア】 妊娠初期とは おおよそ 妊娠0週から15週位の事をいいます。 15週というと おおよそ 3ヶ月~4ヶ月くらいです。 その間、女性の体と赤ちゃんは  […]
『妊娠検査薬の使い方について』
『妊娠検査薬の使い方について』   今回は妊娠検査薬の使い方に関してです。 妊活をされている方は ぜひ手元に妊娠検査薬を 持っておいてください。   そして、何もなくても 一度 使っていただくと事をお […]
【 へその緒と妊娠診断 その1】
【 へその緒と妊娠診断 その1】 ジャックと豆の木 という童話がありますが 胎児とお母さんを繋ぐ『へその緒』はまさに この『ジャックと豆の木』の状態です。 胎児は当然お母さんから栄養をもらわないと 生きていけません。 受 […]
【 子宝をのぞむなら 子育ても見据えて】
こんにちは 漢方相談 タカキ薬局の高木と申します。 『もう妊活の時期から 子育てははじまってますよ』 という話を良くします。 その結果を出したらなら ちょっと先を見据えるといい 物事を成し遂げる時に使う言葉ですが 少し  […]
【生命はどうして生まれてくるのか? 昔の人の考え方】
【生命はどうして生まれてくるのか? 昔の人の考え方】   これだけ科学が発達しても まだまだ分からない事って多いんです。   生命がどうやって生まれてきたのか? 昔の人は興味を持ちました。 アリストテ […]
『僕らも不妊治療を経験しました。』
夫婦ともに、38歳で出産しました!! 夫婦ともに 38歳 出産!! 分娩室でかわいい男の子のうぶごえが響いた時、自然と涙が流れていました。 僕ら夫婦、34歳で結婚 4年間恵まれず、病院にも通いました。 でも、それだけでは […]
『 夫婦の スタートラインを見つめ直す場所』
『 夫婦の スタートラインを見つめ直す場所』 最近、ウエディングコーディネーターの方が タカキ薬局に来店されて、お話しするケースが多いのですが よく結婚した後に 式場から 来場を促す手紙が届きます。 『式場にもう一回来て […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3809/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください