【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

『 冬の寒い季節での精液容器のお取り扱いについて』

妊活をされている方で 人工授精や体外受精・顕微授精

をされている方多いと思います。

今回は冬の寒い季節に体外受精や顕微授精をされる際に

ご主人の精液を精液容器に入れてクリニックまで

持って行く際の注意点を書きます。

『 冬の寒い季節での精液容器のお取り扱いについて』

寒さがつらい季節ですが、寒さは精子にとっても

よい条件ではありません。

精子にとっての理想的な温度は、体温より少し

低めの32度~34度くらいと言われています。

精液容器の運搬時に気が行きがちですが、

まずは採精される前にも注意が必要です。

採精までは容器は暖かいところで

保管しておきましょう

冷たくなった容器に採精すると、

精液が一気に冷えてしまい精子の運動に

影響が出る場合があります。

そして、採精された後の運搬時には、

容器があまり冷えないように注意しましょう。

上着の内ポケットに入れられるなど

体温が伝わりやすいようにして

いただくのもお勧めです。

ただし、温めすぎにも注意が必要です。

カイロなどで直接温めると高温になりすぎ、

精子の運動率の低下を招く可能性があります。

カイロと同じポケットや、カイロを貼った近くの

ポケットに容器を入れることは避けられる方が安心です。

あまり厳密に気にされる必要はありませんが、

極端な冷えや熱さは避けるように運搬時に

気をつけていただければと思います。

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



『 冬の寒い季節での精液容器のお取り扱いについて』:関連ページ

【性交のタイミング3-5-3の法則】
3-5-3の法則 をご存知ですか?   先日、性行を持つタイミングについて勉強させて頂きました! 排卵日前の3日前に、一度仲良し(精子の浄化)した後に5日間夫婦生活 最後3日後に仲良しの方法を教えて頂きました。 […]
『16人に1人が体外受精』
『16人に1人が体外受精』   16人に1人が体外受精で誕生しているようです。 小学校のクラス内に2~3人は体外受精で誕生した子供がいる計算になります。   https://headlines.yah […]
【イライラ と妊活の関係】
こんにちは 岡崎市で子宝と妊娠を子育てまで漢方で応援する 漢方相談タカキ薬局の 高木タイスケです。 年末からボチボチと本を読んでいますが 書家の武田双雲 さんの 「ポジティブの教科書」結構面白いです。 その中から 「イラ […]
『玄米』VS『白米』
『玄米』VS『白米』   玄米の方が 痩せる 健康になるイメージがありますが 今回は わかりやすく説明をしてみますね。 上の図は 白米 VS 玄米 お米の白い部分 以外を 糠といいます 実は 体に必要な栄養のほとんどが糠 […]
【子宝先生 野崎先生の講演】
【子宝先生 野崎先生の講演】 先日 野崎利晃先生の講演がありました 野崎先生の実際になされている事です。 不妊症の患者さんには生理痛冷えアレルギー疲労のうち2つ以上に 自覚症状があると言う共通点があります 最近は男性の症 […]
【妊活に使う漢方 桂枝加竜骨牡蠣湯】
【妊活に使う漢方 桂枝加竜骨牡蠣湯】 神経質、不眠症、夜泣き、おねしょ に使われるのが 桂枝加竜骨牡蠣湯です。   ストレスが多い不妊症のカップルで 飲む事が多い処方です。 ストレスは妊活の中で最も厄介なもの […]
『僕ら夫婦も 不妊治療者でした。カウンセラーの体験談』
『僕ら夫婦も 不妊治療者でした。』 4年間の病院通いだけでは、足りませんでした。 こんにちは あかちゃん ありがとうあかちゃんって 何も話さないけど、触れているだけで幸せな気持ちになります。 ただ泣いて笑っているだけだけ […]
『男性の下着の種類と精液所見の関係』
『男性下着の種類と精液所見の関係』 昨今、男性不妊についての研究が進んでおり 最新のデータでは不妊の原因は女性因子が45% 男性因子が55%と男女の不妊原因の構成比が逆転しているという事も言われています。   […]
『糖質の摂取量と男性の精子濃度との関連』
『糖質の摂取量と男性の精子濃度との関連』 糖質の摂取量が多いほど男性の精子濃度が低くなる。 ハーバード公衆衛生大学院の研究者らは、ロチェスター大学で健康な男性学生(18~22歳)を対象に、2009~2010年にかけて、環 […]
『漢方的 秋の過ごし方』
秋は金のシーズン 五行でいうと『金』 金は 収穫のイメージを持っていて 血液を補うことと、潤いを補うことが 秋には何よりも大切です。 秋は喉の粘膜が傷つき、肺の疾患も多くなります。 五味では辛味でもあり、五臓は肺です & […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/5081/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください