漢方相談 タカキ薬局

【基礎体温の見方の基本】

基礎体温を取る事か 妊活の基本です。
では、基礎体温から何がわかるのか?
ここで基礎からご説明いたします。
 
まず、基礎体温は充分な睡眠(6時間以上)の後に
安静のまま測った体温をさします。
女性の場合は生理周期に応じたホルモンの変化によって
基礎体温が変動していきます。
その基礎体温表からさまざまな情報が読み取れ、不妊漢方治療
にとって大きな参考になります。
 
16071202

女性の生理は個人差があるものの、
28日前後の周期で循環していくのが一般的です。
生理周期は排卵を境に前半の卵胞期 と
後半の黄体期に分けられます。
卵胞期は種に卵胞ホルモンが支配し、
後半は主に黄体ホルモンが主導します。
 黄体ホルモン子宮内膜を柔らかくさせると同時に基礎体温を上げる働きがあるため、
生理周期の後半は体温が上がります。
したがって、正常な場合 基礎体温表はまず低温期と高温期に
 0.3~0.5℃の差がある【二相性】でなるのが理想です。
16071203
なお、低温期から高温期へとスムーズに移行し
(3日以内) 高温期が12日以上持続することが
理想的です。
16071205
高温期が16日を超えた場合は妊娠の可能性があります。

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG