漢方相談 タカキ薬局

【排卵障害 の方の 治験例 治療編 その1】

【排卵障害 の方の 治験例 治療編 その1】
36歳 不妊歴 2年(結婚歴5年) 夫婦の原因 特になし
結婚後、3年近く 妊娠しなかったため、婦人科を受診しました。
ホルモンのバランスが悪く 排卵障害が起きているという診断で
排卵誘発剤などによる 治療を開始し、2年経過しています。

基礎体温は 低温期と高温期の体温差が小さく、体温の
上がり方が鈍く、排卵日がはっきりしません。
高温期はやや短めです。
● 5月10日
漢方薬を飲みはじめて3ヶ月、まだ妊娠には至っていないが
基礎体温の低温期と高温期の体温に幅ができ、はっきりとした二層に
なってきました。  会社の帰りの婦人科に寄り 基礎体温表を見せると
「今周期は低温期から高温期に一日でぐっと上がっていますね
いい兆候です。」とほめられました。
超音波で 卵子もいいぐあいに育っている事も分かりました。
今、妊娠しているとしたら、赤ちゃんが生まれるのは来年の2月ごろだろうか?
有頂天になって そんな計算までしてしまいました。
● 6月2日
義母が風呂場で転んで骨を折り、入院する事に 見舞いに行くと
「こんなに簡単に骨折するなんて私も年ね 早く孫の顔を見せて」と言われました。
不妊治療を受けている事は義母にはないしょにしているので、悪気はないと思うのですが
私は激しく落ち込みました。  いちばん子供が欲しいのは 私なのに
基礎体温は安定しているのに 今月も妊娠できませんでした。
 
●10月22日
7月に腹痛を起こして、「卵巣過剰刺激症候群」と診断されました。 排卵誘発剤の副作用で
卵胞が多数育ちすぎて、卵巣が腫れあがってしまいました。 軽度ということで、
入院はせずにすみましたが、2ヶ月も治療を休む羽目になってしまいました。
 
漢方薬局で相談すると、「卵巣が疲れきっている状態だから、漢方は一時休んだほうがいいのでは?」
といわれ素直にそれにしたがいました。
体調の悪さと義母のケアでイライラしがちだったため、「気」のめぐりをよくしてストレスを緩和する
「加味逍遥散」という薬と 体全体を滋養しながら卵巣の回復を早める「婦宝当帰膠」と「胎盤エキス」
をしばらくのみつづけるになりました。
(次回に続く)

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG