漢方相談 タカキ薬局

【不妊症の一般的な検査 ④クラミジア抗体】

【不妊症の一般的な検査 ④クラミジア抗体】

抗クラミジア抗体検査もとても大事です。

感染症の代表的なものですが、実は血液検査で
わかります。

採取した血液でクラミジア抗体価という数値を調べるのです。
抗体があるかどうか(クラミジアに感染したことがあるか)がわかります。

クラミジアは子宮の中でも卵管に問題を起こします。

クラミジアトラコマチスという微生物は、大きさは細菌とウイルスの中間で

性行為を通じて感染します。

子宮頚管や卵管内、その周囲に炎症を起こし、症状が進むと卵管の癒着や閉塞を起こします。

自覚症状としては、おりものの量が増加し、下腹部が重く、時には痛むこともあります。

クラミジアのほかに、マイコプラズマやウレアプラズマも卵管因子の不妊症の原因となります。

そのほかの血液検査では、癌の診断や経過観察に有効とされる腫瘍マーカーも参考にすることがあります。

不妊症とかかわりがあるものは「CA125」と「CA19-9」いう項目です。

卵巣癌などの場合に数値が高くなることがある腫瘍マーカーですが、良性の卵巣嚢腫や子宮内膜症、
または子宮腺筋症などの時にも高くなる場合があります。

不妊の原因の最新記事8件

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG