漢方相談 タカキ薬局

【タバコは胚の分割速度を遅くする】

『タバコは胚の分割速度を遅くする』
タバコについての話題をもうひとつ
最近、タイムラプス•イメージングという装置で、個々の胚の発生状況を
動画のようにみることができるようになりました。
pic_0_1
この装置が出来てから リアルタイムに卵の分割を確認
する事ができるようになりました。
その装置を利用して
『タバコは胚の分割速度を遅くする』
事が分かってきました。
 
ここからは論文の内容です。
専門用語が出ることはお許しください。
 
胚の発生は 静と動のメリハリが大切で、
分割する時は素早く力を蓄えるときは静かにという胚が
最も良い胚であることがわかっています。
Fertil Steril 2013; 99: 1944(フランス)
タイムラプス•イメージングを用いて胚を観察したところ、
タバコが胚発生の速度を遅くしていることを示しています。
喫煙による妊娠率低下の一因と考えられます。
顕微授精(ICSI)を行った135名の女性(喫煙群23名、非喫煙群112名)から、
のべ868個の胚を得ました(喫煙群139個、非喫煙群729個)。
 
両群間の、年齢、BMI、ホルモン値、パートナーの年齢、精液所見、不妊期間、刺激方法、
ピークのE2値、受精率、良好胚率、移植個数に有意差を認めませんでした。
ただし、AMH(3.6 vs. 5.0)およびAFC(胞状卵胞数、15.6 vs. 19.8)は、
喫煙群で有意に低くなっていました。
タイムラプス•イメージングでは、
3~8細胞の全てのステージにおいて喫煙群の胚分割の時期が
非喫煙群より有意に遅くなっていました。
img036
ICSIを起点とした喫煙群と非喫煙群の
3細胞期到達時間(t3: 39.91時間vs.38.42時間)
4細胞期到達時間(t4: 41.48時間vs.40.79時間)
5細胞期到達時間(t5: 49.97時間vs.48.87時間)
6細胞期到達時間(t6: 53.6時間vs.52.0時間)
8細胞期到達時間(t8: 61.63時間vs.58,46時間)
でした。
喫煙群と非喫煙群の
着床率は13.8%vs.21.2%
妊娠継続率は13.0%vs.30.4%
と有意差を持って喫煙群で低下していました。
タイムラプス•イメージングを用いることで、これまでのようなある一時点での観察では
気づかない様々な事実が明らかになってきました。
 
本論文はタバコの影響をみたものですが、一見差がないように見える胚でも、
その細胞内ではダメージが胚を蝕んでいる様子が容易に想像されます。
 
AMHおよびAFCが喫煙者で低下することは、これまでも明らかにされていましたが、
本論文は数のみならず質の低下を証明しています。
 
 
 
喫煙している男性は禁煙が一番の妊活です。
子育てだって、カラダが資本ですよ。

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG