【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【子宮内膜症から漢方とカウンセリングで妊娠に至った実例 治療編】

【子宮内膜症から漢方とカウンセリングで妊娠に至った実例】

病院で 子宮内膜症と排卵障害と言われた方です

奥様の年齢は 37歳

不妊歴 10年(結婚歴14年)

職業 専業主婦

ご主人 特に問題なし

16072201

基礎体温からわかる事

生理周期は30~35日 低温期が長く、高温期が10日と短い

排卵日がはっきりと分からない 全体的に体温が低め

その他の症状

 疲れやすく、腰痛があり、下半身の冷えが強い

月経中は下腹部の痛みと頭痛があり、貧血になることが多い

経血にかたまりがあり、血の色は暗紅色 でした。

これまでの経過

23歳で結婚され、4年間妊娠しなかったため婦人科に受診

子宮内膜症と診断されました。  半年間月経を止める治療を行い

ほかに不妊の原因はなく、排卵もあったが、生理不順ぎみのため

ホルモン療法を開始。  約10年にわたり 排卵誘発剤(クロミッド)

hMG-hCG法による 不妊治療を間欠的に続け、5年間から人工授精も

合計12回受けたが一度も妊娠していない。

● 2月20日

血の巡りをよくする「冠元顆粒」

kanngenn

よい血を増やす「婦宝当帰膠」

fuhotoki

体を温める「参茸補血丸」を飲み始めました。

K13158

薬をのみはじめて 10日目で 生理がきた

生理中は「冠元顆粒」はやめて 痛み止めの効果のある「田七人参」

に変えたところ  心なしか生理痛が軽い

「これっ 漢方なの?」 って まだ半信半疑だが実感し始める。

子供が授かる事も大事だが、日々の症状が改善するのも大事

続けてみようと思うようになる。

 

● 6月7日

漢方を飲みはじめて4カ月 生理痛はグングン軽くなってきている。

3月の生理の時には出血量が増えたが、

「血の巡りが改善されると、一時的に出血量や血の塊が増える事がある」

と聞いていたので、心配しなかった。 次の月からは生理は量も不通に戻り

そして、2カ月は何年かぶりに痛み止めを飲まなくてもよくなっている。

経血のかたもありも以前より少なくなった。 冷えもあまりかんじない

 

これだけ体調がよくなってきたのだから、卵巣の働きも元に戻っているかも

しれないと思い、しばらくさぼっていた 基礎体温も再びつけてみる事に。

まだ4~5日つけただけだが 低温期なのに、36.4℃もあるのだ

前は35℃台が当たり前だったのに びっくりしている。

 

●5月15日

体が整ってきたという事なので、本格的に「妊娠するための漢方」に取り組むことに

「婦宝当帰膠」はそのまま飲み続け、月経時には「温経湯」「田七人参」

低温期には「参茸補血丸」「冠元顆粒」

高温期には「参茸補血丸」の量を増やし、「冠元顆粒」はそのまま飲み続ける。

という組み合わせ

●10月15日

久しぶりに婦人科へ 基礎体温はずいぶんいい感じになってきたし

夫ともうまくいっているのに いっこうに妊娠しない

もう一度 検査をすることに

その結果 卵胞の大きさは18mmあり、排卵が近いという

卵子もちゃんと育っているらしい

その結果に うれしくなり、ドクターも驚く

何をされたの? と聞かれ 「漢方」と答える

●1月28日

生理が5日も遅れている けさの基礎体温37.3℃

用意してあった 妊娠検査薬を使ってみる。 「陽性」

はやる気持ちを抑えて産婦人科へ

 

超音波モニターに黒く丸いわがぽっかりと映し出された

「妊娠してますよ これが胎嚢ですよ」

医師の声を聞きながら、「やった」と叫ぶ

~~~ 次回は 解説編です。~~~~~~

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【子宮内膜症から漢方とカウンセリングで妊娠に至った実例 治療編】:関連ページ

【子宮内膜症から漢方とカウンセリングで妊娠に至った実例 解説編】
【子宮内膜症から漢方とカウンセリングで妊娠に至った実例】 病院で 子宮内膜症と排卵障害と言われた方です 奥様の年齢は 37歳 不妊歴 10年(結婚歴14年) 職業 専業主婦 ご主人 特に問題なし 現代の漢方は「周期療法」 […]
【田七人参 を飲むことで期待できること その3】
【田七人参 を飲むことで期待できること その3】   田七人参には 強心作用があり、冠状動脈の血流量を増加させます。 中国では、心筋梗塞16例のうち15例で田七が有効で血圧も下がった 臨床例が報告されています。 […]
【田七人参 を飲むことで期待できること その2】
【田七人参 を飲むことで期待できること その2】      田七人参のもうひとつの特徴は 内臓にも効果があることです。 特に【肝臓」にはよく用いられています。 肝臓は細かい血管が 至る所に張り巡らされている 血管銀座 汚 […]
【田七人参 を飲むことで期待できること】
【田七人参 を飲むことで期待できること】 田七の最大の特徴は 「止血」と「活血(血をサラサラにする効果)」 を併せ持つところにあります。  これが非常に不思議なとこでその 薬理作用もわかっていません。 漢方では血流が悪く […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/2768/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です