【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【今話題の腸内フローラ 日和見菌が鍵を持つ】

前回 紹介した腸内フローラの話の続きです。

画像提供OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【鍵を握るのは日和見菌 】

 腸の調子がよいときは、善玉菌といっしょに体によい成分を作り出しますが

悪化すると悪玉菌といっしょに毒素を産み出します。

その時々で優勢な側につくのが日和見菌 といいます。

そうですね なんか 選挙に似てますね。 自民党と民主党のような・・・・・

代表的な日和見菌は大腸菌  大腸菌というと強い毒素を出すO-157が有名ですが

大腸菌のなかで病原性があるのはごく一部で、標準的な大腸菌は無害なのだそうです。

善玉菌 20% 悪玉菌10% 日和見菌70%

が腸内フローラのバランスのよい菌の割合

3分の2

以上を占め 腸内フローラのバランスのよい鍵を握っているのが日和見菌なのです。

善玉菌って全体のわずか20% それで 腸の状態を守れているわけで

つまり いかに 日和見菌を味方につけるかがカギとなってくるわけですね。

 

ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌がたくさんいることはいいことですが、それだけで

健全な腸内フローラとはいえません。 健全かどうかは、

腸内フローラの多様性がその指標となります。

つまり 単純に ビフィズス菌や乳酸菌だけ とっていればいいというわけではないという事

沢山のいろんな菌が調和してはじめて腸内フローラを形成しているという事ですね。

多くの病気や老化が始まると 腸内細菌の種類が減る事が分かっています。 たとえば健全な森林ほど

多種多様な生物が生息して 生態系全体をみるとそれぞれが役割を担い、うまくバランスが取れています。

これと同じように腸の中も 多種多様な菌がお互いに関わり合い その関係が複雑に絡み合って生きていく

ことで、豊かな腸内環境になって安定するのです。 (主治医 12月号より)

本当に人間社会と同じですね。 いろんなものがあってはじめて一つとしてまとまる。

フローラってお花畑の意味ですものね  一種類だけでなくたくさんのお花があってはじめて調和をする

なんか 深ーいです。(^^♪

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【今話題の腸内フローラ 日和見菌が鍵を持つ】:関連ページ

【泣いてる赤ちゃんの受け止め方とその後の性格】
【泣いてる赤ちゃんの受け止め方とその後の性格】 赤ちゃんが泣いている時、どう対応するのか? そのままにしておいていいのか? それともすぐあやした方がいいのか? 柴田美智子さん 著書  こんにちは赤ちゃん にヒントがありま […]
【奥様43歳 ご主人41歳 女の子ご出産】
結婚が遅かったため、すぐに不妊治療を 始めていました。しかし、良い受精卵ができないという理由で カウンセリングと漢方から始めました。 BMIが30あったので奥様とご主人の体重管理 をしながら身体作りを提案させていただきま […]
「リモートで相談できますよ」
「リモートで相談できますよ」 タカキ薬局のダイエットの 流れです 基本 ご来店が主となりますが コロナの環境があるので リモートも駆使しています。 リモートも2通りに やり方があり LINEによる方法と ZOOMによる方 […]
「七草粥の由来」
「七草粥の由来」 本日1月7日は七草粥を食べ、 疲れた胃腸を休める日本の伝統行事ですね。 元々1月7日は五節句の一つで「人日(じんじつ)の節句」の行事として 七草粥が食べられたようです。 ちなみに人日とは文字通り 「人 […]
【食べて妊活 1月の旬菜 白菜】
【食べて妊活 1月の旬菜 白菜】 寒い時期の鍋料理に定番の野菜と言えば白菜と言うほど日本の冬の食卓には欠かせない食材です 寒いと言う野菜が少ない時期に白菜はありがたい存在です 選ぶコツとしては外の葉がみずみずしくてずしり […]
【逃げるは恥だが役に立つ】
一昨日は『逃げるは恥だが役に立つ』 のスペシャル番組が放送されていました。 自分も珍しく好きなドラマですが 主人公のみくりさんと平匡さんに 子供ができて・・・   というストーリーで 現在の妊活事情、育児事情が […]
【男性の血中葉酸濃度とED(勃起不全)】
【葉酸濃度とED(勃起不全)との関係】 ED(勃起不全)の男性は血中の葉酸濃度が低く、症状が進行するほど 葉酸濃度も低いことがトルコの研究で明らかになりました。 トルコのエルズィンジャン大学の研究者らは、 EDの患者12 […]
【40歳からの妊活に見直しが必要な理由】
【40歳からの妊活に見直しが必要な理由】 まずは40歳だからこそ自覚しておきたい 『若い頃とは違う』と言われてもピンとこないという方 理由を知ることでその理由が明確になります。 リミットが迫っている ○35歳以降は妊娠率 […]
【不妊症の一般的な検査 ⑥子宮卵管造影 レントゲン撮影について】
【不妊症の一般的な検査 ⑥子宮卵管造影 レントゲン撮影について】 卵管の異常による不妊症は、不妊症の原因のなかで最多です。 また、子宮の変形が原因で妊娠しにくくなることや、 流産しやすくなることがあります。 子宮卵管造影 […]
【49才妊娠 小松みゆきさんの手記 】
【49才妊娠 小松みゆきさんの手記 】   小松さんも42才からはじめて 46才の時に一度不妊治療をやめて いるそうです。   49歳で妊娠の女優・小松みゆきが語る不妊治療の厳しい現状とそれでも妊娠で […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3153/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください