【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【合成洗剤が羊水を汚している。 マイナス2歳から子育てより】

合成洗剤が羊水を汚している。

最近の研究では化学薬品が羊水を汚していると報告されています。

化学薬品は羊水の汚れに直結しているとも考えていいでしょう。
たとえば、代表とされるのが合成の界面活性剤 すなわち合成洗剤です。
私たちの日常生活は、合成洗剤とともに始まるといっても過言ではありません。
台所、洗濯、掃除など 暮らしのあらゆるところに合成洗剤が使われています。

合成洗剤は強い浸透力をもっており、飲み水など口から入るだけでなく
皮膚からも吸収されます、 それが血液に入り、肝臓、すい臓、肺、脳などに
蓄積されます。

また10gの化学合成洗剤を使うと、約3gが衣類に残るとされて
その3gの一部が日常的に 肌を通じて経皮毒となって人体に入っていく
そして、血液中に入った合成洗剤は血液を壊して貧血の原因になります。

肝臓に入れば肝機能を破壊して肝臓障害を起こします。
とくに妊娠の場合、お腹の中、すなわち羊水が、界面活性剤のプールになって
しまうんです。

産婦人科のお医者さんたちが、お母さんの羊水が洗剤臭くなったといっています。

羊水が汚染されていると、赤ちゃんの成長発達が歪められてしまいます。
このような現状を 何とか打開しなくてはなりません。
胎内にいるときから、母親の赤ちゃんの命を意識して守らなければならないのです。

(マイナス2歳からの子育て より)

経皮毒については 今、いろいろといわれるようになりました。

ちょっと昔は シャンプーだって 3日に一度だった時代から

今は毎日だって当たり前。  急激に変わってきてしまったんですね。

僕の家も薬局ですが、子供心に 年々「シャンプーや洗剤の数が増えていくなあ~」

と感じたものです。  界面活性剤って便利なものですが恐ろしいものです。

 

主な経皮物質

●合成界面活性剤-シャンプー、はみがき、家庭用洗剤、殺菌剤、柔軟仕上げ剤--ポリエチレングリコール等
●溶解剤-保湿剤や乳化剤として、シャンプー、化粧品、ベビー用品。--プロピレングリコール、トリエタノールアミンなど。
●防腐剤・酸化防止剤-日用品の多く。環境ホルモンを疑われる物質もあり。--オルトフェニルフェノール、エデト塩酸
など

経皮毒が体内に入るとどうなるか?

中毒症状や、アレルギー症状、発がん性物質、環境ホルモンなどが考えられます。環境ホルモンとは体内に入るとホルモンと似た働きをして本来の身体の活動に支障をきたすものです。
体内に入った危険物質は、すぐに作用がでると限らず体内に何年も蓄積されてから発症するものもあります。大人のアルツハイマー、認知症、子どもの凶暴化(キレる)、学習障害など年々増加する脳の病気も経費毒のせいでは?と考えられています。
特に胎児は母親が持っている毒素を簡単に受け継いでしまい(継世代毒性)、生まれながらにアレルギー体質であったりしてしまいます。

皮膚バリアーが低下していると容易に、毒性物質やアレルゲンを体内に取り入れてしまいます。
経費毒に負けないためには『できるだけ悪い物質を取り込まない、それぞれの体質、症状にあわせたスキンケア』が大切です。

https://www.nozaki-kanpou.com/blog/archives/5488

いつもお世話になっている岐阜の野崎先生のブログにかなりくわしく乗っています。

興味のある方は覗いてみてくださいね。

 

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【合成洗剤が羊水を汚している。 マイナス2歳から子育てより】:関連ページ

【妊娠初期にコーヒーが及ぼす影響】
前回は妊活中のコーヒーに関してのお話でしたが 今回は妊娠後について   実はカフェインの影響は妊娠してからの方が大きいと言われています。   『妊娠初期にコーヒーが及ぼす影響』   […]
【妊活中のコーヒーは飲んでいいの?】
よくいただくご質問に 『妊娠中の コーヒーはどうですか?』 とご質問をいただきます。 一度、ネットで調べた事がありますが 結構情報はバラバラ 山口先生にお聞きしたら コーヒーに関しての論文を 教えていただきました。 『妊 […]
【禁欲期間と精子の質】
タイミング法や人工授精、体外受精においても 精液所見が良い方が結果が良いのはご存知かと思いますが、 そうなるとその「勝負の日」に向けて精子のコンディションを 整えたいと思うのは当然のことです。 今回は、その中でも特に大事 […]
【血糖値の上昇しやすい食事と卵巣低反応(少ない採卵数)の関係】
【血糖値の上昇しやすい食事と卵巣低反応(少ない採卵数)の関係】 ◎血糖値の上昇しやすい食事は、卵巣が正常でも採卵数が 少なくなる可能性がある可能性があります。   イタリアのミラノ大学の研究で ART治療を受け […]
【精液検査が悪いのはなぜ 】
こんにちは 岡崎市で子宝と妊娠を子育てまで 漢方で応援する。 漢方相談 タカキ薬局の高木タイスケです。   精液検査は 本当にその時、 その時で状態がかなり変わります。 精子の状態は あなたの気持ちやカラダの […]
【泣いてる赤ちゃんの受け止め方とその後の性格】
【泣いてる赤ちゃんの受け止め方とその後の性格】 赤ちゃんが泣いている時、どう対応するのか? そのままにしておいていいのか? それともすぐあやした方がいいのか? 柴田美智子さん 著書  こんにちは赤ちゃん にヒントがありま […]
【奥様43歳 ご主人41歳 女の子ご出産】
結婚が遅かったため、すぐに不妊治療を 始めていました。しかし、良い受精卵ができないという理由で カウンセリングと漢方から始めました。 BMIが30あったので奥様とご主人の体重管理 をしながら身体作りを提案させていただきま […]
「リモートで相談できますよ」
「リモートで相談できますよ」 タカキ薬局のダイエットの 流れです 基本 ご来店が主となりますが コロナの環境があるので リモートも駆使しています。 リモートも2通りに やり方があり LINEによる方法と ZOOMによる方 […]
「七草粥の由来」
「七草粥の由来」 本日1月7日は七草粥を食べ、 疲れた胃腸を休める日本の伝統行事ですね。 元々1月7日は五節句の一つで「人日(じんじつ)の節句」の行事として 七草粥が食べられたようです。 ちなみに人日とは文字通り 「人 […]
【食べて妊活 1月の旬菜 白菜】
【食べて妊活 1月の旬菜 白菜】 寒い時期の鍋料理に定番の野菜と言えば白菜と言うほど日本の冬の食卓には欠かせない食材です 寒いと言う野菜が少ない時期に白菜はありがたい存在です 選ぶコツとしては外の葉がみずみずしくてずしり […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3340/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください