【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【「着床の窓」を見極めるには???】

【「着床の窓」を見極めるには???】

前回の続きですが、着床の窓 は 個別で違うのでなかなか

見極めることは困難である という事でしたが ただ大まかには

予測する事ができます。 前回に引き続いて 醍醐渡辺クリニックの

石川 ドクターのお話

ただ 排卵を境に 黄体ホルモン(P)の値が上がり始めますので

それが一つのサインとなっていて、Pの値がある一定の値を超えると

「着床の窓」は閉じるといわれています。

ですから、当院では 採卵日のPの値を参考にして移植するかどうか決めています。

Pが6ng/ml以上であれば、基本的にはその周期の移植を見送ります。

移植しても着床の見込みが少ないので、受精卵を凍結保存しておき

別の周期に移植を行うのです。  そうすることによって着床率がアップして

妊娠の可能性を高められます。

また 40歳以上の高齢者に対しても 着床の窓が閉じることはないという事です。

海外の卵子提供の方の実例を見ればかなり 高齢の方の出産例もあります。

ドナーによる卵子提供の場合、30~40代の方の妊娠率は基本的に変わりません。

極端な例ですが、ホルモン環境さえ整えば 60代での代理出産も可能です。

子宮側に筋腫などの問題がなく ホルモンの状況さえ整っていれば

高齢だからといって 「着床の窓」が開く期間が極端に短くなるとは考えにくいでしょう。

 

この辺はクリニックさん によって 違うと思いますが、妊娠出産の高齢化が

続く中、ますます重要視される分野だと考えます。

 

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【「着床の窓」を見極めるには???】:関連ページ

【不育症の原因と治療について④ 免疫の因子について】
【不育症の原因と治療について④ 免疫の因子について】 人には本来、体の中に異物が入ってきた時にそれを攻撃する反応が起こります。 この免疫の働きが不育症の要因となることについて書きます。 (自己抗体異常) 自己抗体異常とは […]
【不育症の原因と治療について③ 血液の凝固因子について】
『不育症の原因と治療について③ 血液の凝固因子について』 血液の凝固因子について書きます。 血液は、傷や出血があった際には、様々な因子が働いて固まる 仕組みになっていますが、血液が固まりやすい状態が不育症の要因となると […]
【不育症の原因と治療について② 子宮や感染症の要因について】
【不育症の原因と治療について② 子宮や感染症の要因について】 (子宮の異常) 子宮筋腫、子宮内膜症、子宮形態異常(双角子宮、中隔子宮、重複子宮など)、 子宮腔内癒着、内膜ポリープなどが流早産の原因となることがあります。 […]
【不育症の原因と治療について① 内分泌の異常】
【不育症の原因と治療について① 内分泌の異常】 流産や不育症の原因を特定することは大変難しいことではありますが、 不育症の検査で異常が判明した場合の原因とその治療法について ご紹介していきたいと思います。 まず今回は内分 […]
【 転院を考えていますが どうしたらいいでしょう?】
【 転院を考えていますが どうしたらいいでしょう?】 こんにちは 岡崎市で子宝と妊娠を子育てまで漢方で応援する 漢方相談タカキ薬局の 高木タイスケです。 今日からググッと寒くなってきましたね。 とにかく気をつけてもらいた […]
【二人目不妊 卵管が詰まっていると言われたら】
【二人目不妊 卵管が詰まっていると言われたら】 不妊症の原因の一つに 卵管に問題がある場合が あります。 卵管が狭くなっていたり閉じている状態です。   その場合 卵管鏡下卵管形成術(FT法)という方法がありま […]
【SEET法 とは その2】
【SEET法 とは その2】 一方 お母さんの情報を受けながら 子宮内膜の状態を整え、受精卵のベッドを ふかふかにして着床の用意をしておくというわけです。 ところが体外受精では、受精卵はお母さんと隔離された 状態ですから […]
『体外受精の凍結方法はガラス化法が一般的』
『体外受精の凍結方法はガラス化法が一般的』 体外受精の方法ですが 一般的には受精卵をいったん冷却して、子宮の状態を整えてから 移植すると妊娠率が大幅にアップします。 凍結方法は ガラス化法(急速凍結法)と緩慢凍結法があり […]
【禁欲期間が顕微授精の妊娠率に影響するか?】
「禁欲期間が顕微授精の妊娠率に影響するか?」 禁欲期間については 期間を置いた方がいいのか それとも置かない方がいいのか? 結構まちまちですね。   アメリカやインドにて論文が発表されましたのでご説明致します。 […]
【月経が少ない場合はこんな原因があります。】
【月経が少ない場合はこんな原因があります。】 先日は月経が多い人はこんな人が考えられますよ とご説明させていただきましたが。 今回は 月経が少ない人です。   『昔に比べて 量が明らかに減少して 月経が短く3日 […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3400/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください