【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【「着床の窓」を見極めるには???】

【「着床の窓」を見極めるには???】

前回の続きですが、着床の窓 は 個別で違うのでなかなか

見極めることは困難である という事でしたが ただ大まかには

予測する事ができます。 前回に引き続いて 醍醐渡辺クリニックの

石川 ドクターのお話

ただ 排卵を境に 黄体ホルモン(P)の値が上がり始めますので

それが一つのサインとなっていて、Pの値がある一定の値を超えると

「着床の窓」は閉じるといわれています。

ですから、当院では 採卵日のPの値を参考にして移植するかどうか決めています。

Pが6ng/ml以上であれば、基本的にはその周期の移植を見送ります。

移植しても着床の見込みが少ないので、受精卵を凍結保存しておき

別の周期に移植を行うのです。  そうすることによって着床率がアップして

妊娠の可能性を高められます。

また 40歳以上の高齢者に対しても 着床の窓が閉じることはないという事です。

海外の卵子提供の方の実例を見ればかなり 高齢の方の出産例もあります。

ドナーによる卵子提供の場合、30~40代の方の妊娠率は基本的に変わりません。

極端な例ですが、ホルモン環境さえ整えば 60代での代理出産も可能です。

子宮側に筋腫などの問題がなく ホルモンの状況さえ整っていれば

高齢だからといって 「着床の窓」が開く期間が極端に短くなるとは考えにくいでしょう。

 

この辺はクリニックさん によって 違うと思いますが、妊娠出産の高齢化が

続く中、ますます重要視される分野だと考えます。

 

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【「着床の窓」を見極めるには???】:関連ページ

【SEET法 とは その2】
【SEET法 とは その2】 一方 お母さんの情報を受けながら 子宮内膜の状態を整え、受精卵のベッドを ふかふかにして着床の用意をしておくというわけです。 ところが体外受精では、受精卵はお母さんと隔離された 状態ですから […]
『体外受精の凍結方法はガラス化法が一般的』
『体外受精の凍結方法はガラス化法が一般的』 体外受精の方法ですが 一般的には受精卵をいったん冷却して、子宮の状態を整えてから 移植すると妊娠率が大幅にアップします。 凍結方法は ガラス化法(急速凍結法)と緩慢凍結法があり […]
【禁欲期間が顕微授精の妊娠率に影響するか?】
「禁欲期間が顕微授精の妊娠率に影響するか?」 禁欲期間については 期間を置いた方がいいのか それとも置かない方がいいのか? 結構まちまちですね。   アメリカやインドにて論文が発表されましたのでご説明致します。 […]
【月経が少ない場合はこんな原因があります。】
【月経が少ない場合はこんな原因があります。】 先日は月経が多い人はこんな人が考えられますよ とご説明させていただきましたが。 今回は 月経が少ない人です。   『昔に比べて 量が明らかに減少して 月経が短く3日 […]
【月経が多い場合はこんな原因があります。】
【月経が多い場合はこんな原因があります。】 女性にとって月経というものに 非常に敏感なんだな カウンセリングをしていて つくづく思います。 ちょっとした変化に 不安になったりするものです。 今回は そのあたり 特に【月経 […]
【性ホルモンについて 考える】
【性ホルモンについて 考える】 前回で570回 ブログを更新していますが 流石にネタ切れ になってきました。(”ω”) ちょっと 角度を変えまして 男の子 女の子の 生殖器や 成長について 考えて […]
『排卵誘発注射剤:r-FSH、u-FSH、hMG』について
『排卵誘発注射剤:r-FSH、u-FSH、hMG』について 内服の排卵誘発剤(クロミッド、レトロゾール)で排卵が認められない場合や 排卵は正常に起こっても妊娠に至らない場合 また高度生殖医療の採卵で、たくさんの卵子を得た […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その4 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その4 (統合医療生殖学会より)】 卵管留水腫に漢方は効果があり、成功例も多くあります。 痰湿が妊娠の妨げになっているので、女性は温めるだけでなく 水を出していく事も考えます。 痰湿を […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その3 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その3 (統合医療生殖学会より)】 「婦宝当帰膠 を8年飲んで 冷えは取れて調子は良い ですが3年 不妊治療をしているのに良い卵子が取れないのはなぜですか?」 と聞かれました。  婦宝 […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その2 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その2 (統合医療生殖学会より)】 卵管留水腫 は東洋医学的に捉えると 痰湿という状態 いわゆる 体の中の 処理されない 老廃物 が悪さをすると考えます。 現在の日本の食事は肉や油が本 […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3400/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください