【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【毎日いってらっしゃいのキスをすると5つの良い事あり!?】

毎日いってらっしゃいのキスをすると5つの良い事あり!?

1、仕事の欠勤率が低い
2、交通事故の遭う確率が低い
3、平均収入が25%高い
4、平均寿命が5年長い
5、美容ホルモン(エストロゲン)分泌で綺麗に

キスをすることでウットリとした幸福な気分と、セクシャルな心地よさを感じますが、これは快感ホルモンの一種であるエンドルフィンやドーパミンが放出されるからです。また、相手との結びつきを欲するオキシトシンも放出されます。そのため、キスを交わした相手のことを愛おしく感じたり、快楽や多幸感を得られます。

 

本題の

 

「キスの驚くべき効果で妊娠力UP」


新婚の頃はともかく、最近はボディータッチすら減って、セックスレス、気づけば喧嘩ばかりになっていた・・・

 

カウンセリングの中でそんなお悩みを聞いた事はないですか?

キスには研究の結果で明らかになった驚くべき効果があります。

キスと妊娠には密接な関係があります。

 

キスには精神安定の効果

キスにはストレスホルモンであるコルチゾールを抑制する効果があると言われています。

ストレス緩和によいセロトニンの分泌を高め、一方でコルチゾールを抑制し心を穏やかに安定させてくれる効果があります。

信頼感が強まったり、幸せだなぁって感じて心が温まっていきます。

 

キスには免疫力を高める効果

キスでは、バクテリアの行き来があり、お互いに補完し合う事で免疫力が高まります。

恐妻家の夫は5年から10年寿命が短く、キスをたくさんする家庭ほど平均寿命が5年ほど伸びる統計があります。

キスがある家庭は円満であるといえますね。

キスでエストロゲンが分泌される

エストロゲンは別名 美容ホルモンと呼ばれ、肌がキレイになったり髪が艶々したり、くびれや女性らしいボディラインを作って男性を引き付けるようになります。

そんなエストロゲンがキスによって分泌が促されます。

キスには鎮痛効果もあり妊活中のこころの痛みも、体の苦痛もキスによる鎮痛効果で癒します。

キスすると脳内麻薬と呼ばれるエンドルフィンが分泌されるようになります。

エンドルフィンにはモルヒネの10倍の鎮痛効果があると言われています。

心と体の痛みをおさえて、妊娠できる体に近づけます。

愛あるキスから妊娠がぐっと近づいてきます。

妊娠とはご夫婦のお互いを想い合う気持ちがありその先にある地球上に存在する自然の摂理の中にあります。

 

キスとは少し違いますが・・・

例えばセックスの回数が少なければ少ないほどに体外受精や顕微授精での妊娠率が顕著に低くなり流産リスクは顕著に高くなります。

 

セックスの回数と妊娠の確率を調べたアメリカの研究によると

 

週に1回の性交では1周期の妊娠率はわずか15%

 

1日おきの性交 1周期の妊娠率 33%

 

毎日の性交 1周期の妊娠率 37%

 

参照:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7477165

 

実際の所、毎日仲良しするのはちょっと大変ですし、旦那さんの元気が無かったり、二人の時間が少ないなど色々な理由でそんなにしょっちゅう出来ない場合もあります。

 

ただやはりセックスの回数と妊娠の確率を調べたアメリカの研究ではセックスの回数が妊娠率に顕著に反映されます。

 

次にセックスの回数と流産の確率ですが

 

千葉県 亀田メディカルセンター の研究チームの発表です。

(対象:未妊歴6か月以上の患者280名195名が妊娠)

初診時に月の性交回数を確認しておりその後の流産率を比較しました。

月間性交回数の0回の患者様の流産率が36.4%

 

月間性交回数の10回以上の患者様の流産率は0%

性交回数の多いカップルほど流産率が低かった。

 

 

妊娠力をUPさせるには、セックスレスを解消していくことも大切でしょう。

 

キスもセックスもご夫婦の愛の形の一つであり夫婦間での接触が妊娠や流産に大きくかかわっています。
妊娠を目指されるならばやはりご夫婦が仲良しである事、想い合える事が大前提となります。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【毎日いってらっしゃいのキスをすると5つの良い事あり!?】:関連ページ

【女性の男性化が 多嚢胞の原因??】
妊娠したくても仕事のストレスや冷えに よって妊娠しにくくある 『自然妊娠力を高める本』 美馬レディースクリニック 美馬博史先生の著書より 〜仕事をしている女性は、仕事に夢中になって 子供を産むタイミングを失っている人が […]
【ストレスと妊活】
不妊症の原因として挙げられる事として このホルモンバランスの乱れがあります。 ストレスが強すぎると立神経の交感神経が優位となり 血流が悪くなるとともにやはりホルモンバランスが乱れてしまいます 早く子供作らねばと言う思いが […]
【月経が多い場合はこんな原因があります。】
【月経が多い場合はこんな原因があります。】 女性にとって月経というものに 非常に敏感なんだな カウンセリングをしていて つくづく思います。 ちょっとした変化に 不安になったりするものです。 今回は そのあたり 特に【月経 […]
【今年一年 東洋医学的に妊活で気をつける3つのポイント】
【今年一年 東洋医学的に妊活で気をつける3つのポイント】   不妊症の原因には様々なことが考えられますもちろん先天的な病気や後天的な病気によるホルモンバランスの乱れや物理的な 子宮卵巣の  器質的な異常も あり […]
【男性だって年には勝てない ヒューナーテストでわかること】
【男性だって年には勝てない】 さて精液の状態を確認するのに 精液検査とヒューナーテスト(フーナーと 呼ぶことも)がありますが、 実はこれらの結果がかみ合わない事が あります。 例えば精液検査が乏精子症であっても ヒューナ […]
【瘀血の生理痛は始まる前に強く 始まると楽になる】
【瘀血の生理痛は始まる前に強く 始まると楽になる】 生理周期が瘀血と関係しますが 1 出血の中にワカメのような諸々 血塊があったり 出血が 暗い紫色にだったりするのが瘀血の症状 特に生理が始まると楽になるという状態になる […]
【当店にお越しになる方 は漢方初心者がほとんど】
【当店にお越しになる方 は漢方初心者がほとんど】 「今まで 漢方薬とか お飲みになられた事ありますか?」 最初にお聞きする質問ですが、「はい」と返答いただける人って そうですね。  全体の3分の1くらいです。 中には、ハ […]
【瘀血の症状  口渇 便秘 下腹部の張り】
【瘀血の症状  口渇 便秘 下腹部の張り】 瘀血の症状で 多いのが 口の渇き、便秘、下腹部の張り があります。 口渇、便秘は 患者さんから訴えてくることは 少なく 便も便秘ですか と聞きますが 自分の便と 他人の便と比べ […]
【 関西伝統漢方研究会に参加してきました。】
【 関西伝統漢方研究会に参加してきました。】 昨日は 関西伝統漢方研究会の定例会に 大阪まで参加してきました。 講師の小西先生から 冷え性についてのご講義が ありました。   詳しくは またまとめてから掲載させ […]
【冷えのぼせ が なぜ瘀血か?】
【冷えのぼせ が なぜ瘀血か?】 瘀血(オケツ)はどんな状態で現れるのでしょうか? 結構 特徴的な症状で出てくることが多いです ちょっとまとめてみました。 1 全身に現れる瘀血 瘀血でいう全身の症状に 冷え性がありますが […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3537/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください