【『聞く』から『聴く』へ】

【『聞く』から『聴く』が大事】

一つ屋根の下で暮らす家族との間では
『相手のことはよく分かっている』と錯覚を
持ちやすいものです。

しかし本当は心を通わす合うためには
具体的な努力が必要なのではないでしょうか?

大切なことは、なんといっても『会話』です。
自分の話をうわべだけで聞かれているとしたら
不満が膨らんでいくものでしょう。

身近な間柄であればあるほど
それは大きなストレスになります。

ただなんとなく『聞く』のではなく
お互いに相手の言うことを心でしっかり
受け止めようとする『聴く』姿勢が大切なのです。

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG