【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【妊娠糖尿病とビタミンB6】

妊娠糖尿病とビタミンB6

ビタミンB6はすべてのアミノ酸代謝に関与しており、

タンパク質合成に必要な栄養素です。

そのため、胎児を身ごもった妊娠中の女性は、通常よりもこのビタミンの消耗が激しくなります。

娠中に糖尿病と似た症状、いわゆる妊娠糖尿病は、このビタミンB6不足により、

糖代謝が上手くいかないことで起こるのがほとんどのようです。
ビタミンB6は、胎児のタンパク質合成に多く使われ、

主に脳や神経系の機能の健全な発達に不可欠となる栄養素です。

よって、妊婦さんの中ではこのビタミンB6欠乏に陥る人も多いのです。

妊婦さんがビタミンB6欠乏に陥ると、トリプトファン(アミノ酸の一種)の代謝が正常に行われず、

その代謝の中間体であるキサンツレン酸が蓄積されてしまいます。このキサンツレン酸はインスリンと結合し、

インスリンの働きを阻害し、インスリン抵抗性を引き起こします。

(Christina Reginaldo,2015)
実際に、臨床においても、ビタミンB6が妊娠糖尿病を改善したという報告は多々あります。

(Am J Obstet Gynecol. 1977 Mar 15;127(6):599-602など。)

ちなみにビタミンB6を多く含む食材は、にんにく、レバー肉、かつお、ナッツ、ごまなどです。

ビタミンB6はB1の次に不足しやすい栄養素と言われていますので、積極的に摂取したいものです。
妊娠糖尿病について

2010年に診断基準が変更されて、妊婦の8人に1人がなると言われる「妊娠糖尿病」が増えています。

妊娠糖尿病とは、妊娠をきっかけとして血糖値が高くなるなど糖尿病の症状が発生することを言います。

日本産科婦人科学会では、妊娠初期と中期に妊娠糖尿病のスクリーニングをすることを推奨しています。

 

スクリーニング法には随時血糖や空腹時血糖を用いる方法、および50gブドウ糖負荷試験を用いる方法があります。

スクリーニング陽性であった人には75g糖負荷試験を行い、次の診断基準により診断します。

これまでは75g糖負荷試験において

 空腹時血糖値 ≧100mg/dL
② 1時間値   ≧180mg/dL
③ 2時間値    ≧150mg/dL 

上記の2点以上を満たした場合に妊娠糖尿病と診断されました。
現在では、
妊娠糖尿病:75g糖負荷試験において次の基準の1点以上を満たした場合に診断する。
 空腹時血糖値 ≧92mg/dL
② 1時間値   ≧180mg/dL
③ 2時間値    ≧153mg/dL 

従来基準に比べて空腹時血糖値は低くなり、1点のみで診断されることで、

より厳しく診断されるようになったため妊娠糖尿病患者は急増しています。
妊娠糖尿病になると流産や早産、巨大児出産の可能性が高くなります。
最近下記のような論文も発表されました。
↓以下、引用です。
米国カイザー・パーマネンテ南カリフォルニア病院のアニー・H・シャン氏らの研究グループが、

有力医学誌ジャマ(JAMA)誌において2015年4月14日に下記の報告をしています。
・「妊娠26週までに妊娠糖尿病と診断を受けた母親の子どもは、自閉症のリスクが高いことが分かった」
・「妊娠中の母親の血糖値が高いと、胎児の器官の発達や機能に長期にわたって悪影響を及ぼす可能性がある」
↑以上、引用終了。
これまでの研究で、妊娠前に糖尿病だった人や妊娠中に初めて高血糖が見つかった人の子どもが

肥満や代謝異常になるリスクについて明らかにされてきました。
しかしこのような状態が胎児の脳の発達を防ぐ可能性や神経行動の発達障害のリスクを高める事については、

今までははっきりと示されていませんでした。

妊娠中は排出(解毒)機能が大幅に低減しますので、通常時に健康な方々でも高血糖になりやすくなります。

母体の高血糖は胎児の健康に悪影響を及ぼすので、妊娠中も解毒作用のある、たんぽぽ茶「ショウキT-1」をおススメします。
中医学では、妊娠糖尿病を予防する三原則があります。

・食べ過ぎない
・ストレスをためない
・利水をする

参考になれば幸いです。(^^♪

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【妊娠糖尿病とビタミンB6】:関連ページ

【不妊症に良い食材 ニラ】
春の冷え症に「ニラ」を食べましょう。 ニラは、漢方で「韮菜(きゅうさい)」と呼ばれています。 ニラの旬は、3~5月です。 朝食にパンとコーヒーを食べると「不妊体質」を作る事は、何度もお伝えさせて頂きました。 朝食にご飯と […]
【食べ物が変われば おっぱいも変わる】
娘は出産後、子供を布おむつと母乳で育てました。 お米、漬物、みそ汁と野草を食べていたから母乳がすごく出るんですよ。 赤ちゃんがお乳を飲んだあと、胸元がびっしょり濡れてしまうくらい 豊富に母乳が出ていました。   […]
【胎児の生命活動を支えているのはお母さんの血液】
人間は生物であり動物です。生命の流れは母系です。だから、 お母さんの意識を変えていただきたいのです。 生物学的には、受胎した瞬間に命が発生します。 (命の発生するメカニズムはまだ解明されていません) 通常、妊娠が確信され […]
【旬の食材の話 はくさい】
【旬の食材の話 はくさい】 前回、さつまいもについてご紹介しましたが 今回は白菜です。 冬の野菜の定番としてなじみ深い白菜ですが 今回改めて調べたところ、日本に伝来したのは明治末期で 栽培が日本ではじまったのが昭和から  […]
【妊活によい食材 サツマイモ】
【妊活によい食材 サツマイモ】 今回は 妊活に良い食材と 旬な食材について ひとつの食材を掘り下げていこうと思います。 今回は【サツマイモ】 です。 サツマイモに関しては 今までも何度もお話させて いただいておりますが、 […]
【血液は流す事よりも作る事が基本】
こんにちは 漢方相談 タカキ薬局 薬剤師高木太輔です。 毎日 ひとりひとり丁寧にをもっとうにご相談に応じさせて いただいております。   漢方の基本は自ら治す力を高めてあげる事 正しい方法で取りくめば 必ず答え […]
【妊娠しやすい食材のまとめ 10月18日 不妊市民講座第16回目】
【妊娠しやすい食材のまとめ 10月18日 不妊市民講座第16回目】 肉類、これは安いお肉は考えないといけない  特に牛肉というのはホルモン剤を使っている事が あるのであまりにもよくないのは食べない事 ジャンクフードも食べ […]
【温めるのはどっちの食材??  10月18日 不妊市民講座 第14回目】
基本的な事をいいますと 温める食べ物をいいますが うどんとそば どっちもおいしいですが 体を温めるのは ソバですね。 じゃあ 緑茶と 紅茶 だと  紅茶ですね 毎日飲むお茶も 考えるといいですよ 緑茶とウーロン茶 と紅茶 […]
【やっぱりご飯の方が赤ちゃんができやすい 10月18日 不妊市民講座】
では朝食 パンですかごはんですか? タカキ先生に通われている方は分かってらっしゃると 思いますが、3食 一番食べるのどこですか? 夕食が一番多いですよね 朝食と昼食と夕食の割合を ひっくりかえすと妊娠率が上がるんです。 […]
【 精子に優しい下着とは? 10月18日 不妊市民講座 第12回】
ここで皆さんの生活習慣 を見直していただきたいなと思いまして 生活習慣チェックをくばりました。 こちらをチェックしてみてください。    チョコレート好きな方  ほぼ全員ですね(^-^; 男性の方もそうなんですが、特に女 […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3583/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です