【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【 正月超えたら もう春  春の寒さ疲れの取り方】

【 正月超えたら もう春  春の寒さ疲れの取り方】

お正月を 春と表現しますね。(^^♪

まだ寒い日が続きますが、もう季節は春なんですよ。

ここからは一日、一日 春らしくなってきます。

身体もそれによって変化していきます。

1月中は 腰痛、ひざ痛、頻尿といった「冷え」から

2月になってくると 花粉症、耳鳴り、肩こり、頭痛 イライラ

などと症状も変化していきます。

今年は寒い日が良く続くので それらの症状が多くなると考えられます。

寒さからくる疲れ を解消してあげるのが 春を快適に過ごすためのコツになります。

さて この春の寒さ疲れ に備えるのに

漢方食材ツボ の観点から説明していきます。

 

漢方 【亀板(きばん)】

亀の甲羅を乾燥させたものなんですが、

冬の間の、体は寒さから身を守るために、保温にエネルギーを

費やします。 すると体温調節の働きが鈍くなり

「冷えているのに寒くない」と感じる事があります。

亀板は、寒熱のバランス感覚を整えるお手伝いをしてくれます。

身を守るのには うってつけのですね。

 

食材 【小麦】

パン、うどん、パスタの原料ですが薬膳的には

肩こり、めまい、耳鳴り、イライラ、情緒不安定

など 疲れと冷えから崩れかけた体を立て直す食材

使う時は 全粒分の物を使ってくださいね。

 

最後にツボですが 【聴会(ちょうえ)】

耳の前で 口を開いた時にへこむところです。

「聴会」人差し指を置いて、上を向いて そのままの状態で

口を開け閉めてみてください。

刺激が口の方まで広がります。

 

耳鳴り、肩こり、涙目、口内炎 など春の諸症状は「聴会」の

刺激が及ぶ範囲に集中しています。

 

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【 正月超えたら もう春  春の寒さ疲れの取り方】:関連ページ

『西洋医学と東洋医学の違い その3 陰陽五行とは』
『西洋医学と東洋医学の違い その3 陰陽五行とは』 東洋医学は 自然界は宇宙も人間も同じ法則 で成り立っている 共通のもの 大きな枠で陰と陽で成り立っているという考え方です。   そしてもう一つの考え方 『五行 […]
『西洋医学と東洋医学の違い その2 陰陽とは』
『西洋医学と東洋医学の違い  陰陽五行とは』 東洋医学は 自然界は宇宙も人間も同じ法則 で成り立っている 共通のものである という 考え方が大前提です。 その基本的な法則のことを 『陰陽五行 思想』と言います。 なんか一 […]
『西洋医学と 東洋医学の違い』
『西洋医学と 東洋医学の違い』 病院と 漢方 その違いって一体なんなんでしょう? 病院は 『西洋医学』 漢方は『東洋医学』です。 西洋医学の基本は 実はキリスト教です。 そしてその元が聖書 聖書には 万物は神によって創造 […]
『女性を笑顔にする 漢方薬』
『女性を笑顔にする 漢方薬』 ピンボケですみません。 分かりにくい そして情報が多い 漢方の世界をいかに 分かりやすく伝えるか 日々考えていますが 松浦漢方さんの インフォメーションを読んでいたら 一目でわかる 記事が出 […]
【習慣性流産の漢方的ケア その3】
【習慣性流産の漢方的ケア その3】 妊娠・出産には 精神的な安定が何より大切です。 基礎体温表の微妙な変化に一喜一憂 する方が 多いですが、何人もの方を見ていると 必ずしも教科書通りの綺麗な基礎体温で妊娠 するとは限りま […]
【習慣性流産の漢方的ケア その2】
【習慣性流産の漢方的ケア その2】 まずは 生理周期を整える事が大事になってきます。 月経期には 経血をきちんと排出し、生理痛も改善する 「田七人参」などを用いますし いわゆる低温期には 血液と体の潤いを補いながら 質の […]
『女性の不調は 血流の悪化から』
『女性の不調は 血流の悪化から』   心の病、肌の病、不眠、切れやすい、不妊 現象として、生理周期の遅れ・経血が少ない・無月経 婦人病の起点と言えるのが『血虚』 血が不足していく状態の事です。 実はこれらの原因 […]
『空胞について その2 空胞の原因』
空胞で一番多い原因は 何と言っても加齢 加齢により ホルモンの低下が起きると卵子を 育てる環境が悪くなります。 高齢の人はE2 エストラジオールが低くなり FSHが高くなる傾向にあります。 この状態では 良い卵胞は育ちま […]
『空胞について その1』
不妊治療において 『空胞』について 質問を受けることがあります。 超音波検査では 卵胞の存在は確認できますが卵子は 確認することができません。 なので 採卵前の超音波検査で卵胞が見えていても 卵子はないということがあり  […]
【男性不妊を診察できる施設が圧倒的に不足】
横浜市立大学付属市民総合医療センターの湯村寧(ゆむらやすし)部長が 研究代表を務めた厚生労働省研究班は2015年度、 日本産科婦人科学会が認定する約600の生殖補助医療施設にアンケートした。   254件の回答 […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3891/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です