【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【卵子を元気にする食品 昆布】

【卵子を元気にする野菜 昆布】

昔から 縁起物としても取り上げられることの多い昆布

実は妊活にもよく使う食材で 身近にある便利な食材です。

昆布は海の野菜とも呼ばれ、栄養素も豊富

 

古くから 体内にこもった熱を収め、利尿してむくみを解消する

と言われています。

特に体に溜まった物を出す作用に優れ、一般に知られている

便秘作用は持ちろう コレステロールの低下、一部ではガンにも

良いとも言われています。

 

実は海外では海藻自体を食べる習慣がないらしく、日本人が

長寿なのも海藻を積極的に食べている事が原因ではないか?

と近年になって言われるようになりました。

 

現代の研究では 甲状腺の機能を正常化する効果もあり

甲状腺機能は妊活でも判断基準ですので積極的に食べてもらいたい

食材の一つです。

昆布の栄養素を上手に取るコツとしてよく加熱する事

水溶性食物繊維のアルギン酸の利用率が高まります。

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【卵子を元気にする食品 昆布】:関連ページ

『良い卵子を作る 食材 イチゴ』
『良い卵子を作る 食材 イチゴ』 今日 うちの畑で取れたイチゴです。 不揃いですが 新鮮なイチゴは生命力に溢れ、 一粒食べると体がしゃきっとします😆   イチゴは 体を冷やす力があります。 さら […]
「1日1杯の炭酸飲料が妊娠率を下げるかもしれない」
「1日1杯の炭酸飲料が妊娠率を下げるかもしれない」 さて、今日はショウキ先生のブログから 引用させていただきます。 妊娠を希望しているのなら砂糖が多く含まれる飲み物は避けた方がよいと言われます。 「体にも悪そうだし」とな […]
『どこまでならいいの? お酒と体外受精との関わり その2』
『どこまでならいいの? お酒と体外受精との関わり その2』 さて、アメリカ生殖医学会やイギリス政府機関では 妊娠を望む女性のための飲酒量の目安やガイドライン を設けています。 まず、アメリカ生殖医学会では1日2ドリンク以 […]
AMHが低い人は ビタミンD濃度が低い!?
AMHが低い人は ビタミンD濃度が低い!?   ビタミンDは骨を作ったり、体が大きくなるのにどうしても必要なビタミン 最近は 細胞レベルで分裂や増殖を調整する働きがあることがわかり 再注目を集めています。 &n […]
女性の着床に影響を与えるビタミン・・・ それは
『(ビタミンDが体外受精の際の着床環境に及ぼす影響』 妊孕性に影響する因子 卵子提供による体外受精においては、ビタミンD濃度が正常な女性の 妊娠率や出産に至る確率はビタミンD濃度が不足している女性よりも高いことがわかり、 […]
アルコールって妊活に本当に悪いの?
『妊娠を希望するカップルにとってのアルコール摂取』 妊娠を望むカップル、不妊治療を受けているカップルにとって、 アルコール摂取については、少々、気になるところです。 「飲み過ぎ」は健康に損なうことは言うまでもありません。 […]
『卵子を元気にする食材  牡蠣』
『卵子を元気にする食材  牡蠣』 紀元前から欧米人が生食する唯一の水産物が牡蠣です。 日本でも 古くから食べられていて、広島、宮城、三重、岩手 と多く産地が多い食品です。 身の肉は『温性』で肝臓機能を強化する効果があり […]
【卵子を元気にする野菜 ゴマ】
【卵子を元気にする野菜 ゴマ】 ゴマ 特に黒ゴマは 妊活関係の、東洋医学の食養生では 必ずでてくる食材 です。 古くから 強精作用を持ち、肝と腎を丈夫にして 「長正不老食」といわれています。 補腎は 35歳以上の不妊症の […]
【卵子を元気にする野菜 黒豆 】
【卵子を元気にする野菜 黒豆 】 食べものも 薬のひとつ 卵子を元気にする野菜をひとつずつ紹介します。 今回は 黒豆です。 おせちに定番の黒豆ですが、 胃腸の機能を高め、尿の出をよくして体の余分な水分を除く作用があります […]
【旬の食材の話 ゴボウ】
【旬の食材の話 ゴボウ】 身近な食材 として ゴボウ ちょっと知って 性質を知っておくと薬にもなりますよ ゴボウは 体を温めて 熱を取り、汗を出し、利尿に効果がある事が 知られています。 特に利尿効果は有名ですね。 この […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3969/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です