【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【無月経は栄養不足が原因!?】

【無月経は栄養不足が原因!?】

月経不純 それは エネルギー不足が原因

極端ではありますが マラソン選手がよく無月経になるって

聞いた事がありますよね。

今回、その事が朝日新聞の電子版に掲載されていました。

 

マラソン選手は極端なケースかも知れませんが

一般の方でも 食べ方が悪くエネルギー不足に

陥っているいる人って多いのでは?

 

ではなぜ無月経になるのか?

朝日新聞電子版からの抜粋です。

 

――月経不順や無月経の選手は珍しくありませんね。

陸上の長距離のような持久系の競技や、フィギュアスケート、新体操などの審美系の競技の選手に多くみられます。

無月経の原因は様々ありますが、アスリートに多い原因は運動量に見合ったエネルギー量を食事で摂取できていない

「利用可能エネルギー不足」です。何が原因かによって治療方針が大きく変わるため、

問診や検査などで原因を見極めて治療することが重要です。

 

――なぜ無月経になるのですか。

連載「アスリートの出産」に登場したマラソン選手の佐野(旧姓中里)麗美さん(29)は、血液検査をすると、

排卵を促す「黄体化ホルモン」(LH)が低値でした。排卵は妊娠するために起きるものです。エネルギー不足の状態にあると、

妊娠して赤ちゃんに栄養を与えている状況ではないということで、まず排卵を起こすためのホルモンが低くなります。

検査結果から、佐野さんの無月経の原因は、利用可能エネルギー不足と診断しました。まずは、運動量に見合った食事をとってもらうため、

公認スポーツ栄養士と連携し、消費・摂取エネルギー量の調査後、栄養指導を受けてもらいました。

 

――どのように治療しますか。

最も重要な治療は、利用可能エネルギー不足の改善なので、栄養指導が重要になります。

栄養指導をしてもホルモン値が改善しない場合は、ホルモン療法をすることがあります。

佐野さんは卵巣から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンも低い状態が続きました。

エストロゲンは骨量にも関わっていて分泌量が低下すると、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)のリスクが高くなります。

そこでエストロゲンを補うホルモン療法を始めました。ただし、ホルモン療法の期間中も、エネルギー不足の改善が最も重要な治療であるため、

栄養指導は継続しました。

 

ホルモン療法と聞くと低用量ピルをイメージする人も多く、実際に使われているケースも多いのですが、

無月経の原因が利用可能エネルギー不足の場合は、低用量ピルは使いません。もともとこのようなアスリートはLHが低い状態にありますが、

低用量ピルはLHを長期間下げてしまいます。LHは、利用可能エネルギー不足が改善されているかどうかをみる指標にもなりますが、

低用量ピルを使うとLHを指標にできなくなります。さらに、無月経の選手に低用量ピルを使うと、体重が増えたり、

コンディションが落ちたりするケースが多く、治療を続けなくなるケースが多いです。

 

ホルモン療法をする場合は、皮膚から吸収する塗り薬でエストロゲンを補います。無月経の選手で、エストロゲンの分泌量が低く、

骨量が減った場合に、エストロゲンを補うと骨量が増えるかは、まだ明確なエビデンス(科学的な根拠)はありません。

ただ、海外では、飲み薬よりも塗り薬の方が骨量を上げるという報告が出ています。

 

――利用可能エネルギー不足は選手の体にどのような影響を与えますか。

利用可能エネルギー不足、無月経、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)は、女性アスリートに多く見られる症状で、

「女性アスリートの三主徴」と呼ばれます。無月経も骨粗鬆症も利用可能エネルギーの不足がきっかけとなって起きます。

利用可能エネルギー不足は、他にも発育や発達、代謝、精神、心臓・血管など全身に悪影響を与え、結果的に競技パフォーマンスを低下させます。

これは男性選手にも当てはまります。運動量に見合ったエネルギー量を食事から摂取することの重要性を知ってもらいたいです。

 

――今年1~2月、女性アスリート約1100人に実施した妊娠と出産に関する調査からはどんなことがわかりましたか。

妊娠中のトレーニングについて産婦人科医ら専門家に相談した人は41%で、残りは大半の人が自己判断で練習していました。

産婦人科医の指示を受けていない人の多さに驚きました。切迫早産や流産、前置胎盤など、運動すべきでない妊婦もいるので、

運動が可能かどうかは必ず産婦人科医に確認してほしいです

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【無月経は栄養不足が原因!?】:関連ページ

【男性だって年には勝てない ヒューナーテストでわかること】
【男性だって年には勝てない】 さて精液の状態を確認するのに 精液検査とヒューナーテスト(フーナーと 呼ぶことも)がありますが、 実はこれらの結果がかみ合わない事が あります。 例えば精液検査が乏精子症であっても ヒューナ […]
【瘀血の生理痛は始まる前に強く 始まると楽になる】
【瘀血の生理痛は始まる前に強く 始まると楽になる】 生理周期が瘀血と関係しますが 1 出血の中にワカメのような諸々 血塊があったり 出血が 暗い紫色にだったりするのが瘀血の症状 特に生理が始まると楽になるという状態になる […]
【当店にお越しになる方 は漢方初心者がほとんど】
【当店にお越しになる方 は漢方初心者がほとんど】 「今まで 漢方薬とか お飲みになられた事ありますか?」 最初にお聞きする質問ですが、「はい」と返答いただける人って そうですね。  全体の3分の1くらいです。 中には、ハ […]
【瘀血の症状  口渇 便秘 下腹部の張り】
【瘀血の症状  口渇 便秘 下腹部の張り】 瘀血の症状で 多いのが 口の渇き、便秘、下腹部の張り があります。 口渇、便秘は 患者さんから訴えてくることは 少なく 便も便秘ですか と聞きますが 自分の便と 他人の便と比べ […]
【 関西伝統漢方研究会に参加してきました。】
【 関西伝統漢方研究会に参加してきました。】 昨日は 関西伝統漢方研究会の定例会に 大阪まで参加してきました。 講師の小西先生から 冷え性についてのご講義が ありました。   詳しくは またまとめてから掲載させ […]
【冷えのぼせ が なぜ瘀血か?】
【冷えのぼせ が なぜ瘀血か?】 瘀血(オケツ)はどんな状態で現れるのでしょうか? 結構 特徴的な症状で出てくることが多いです ちょっとまとめてみました。 1 全身に現れる瘀血 瘀血でいう全身の症状に 冷え性がありますが […]
【冷えから体を守る  腹八分目の作り方】
【冷えから体を守る  腹八分目の作り方】 さて 昨日続き 【腹 8分目】 の作り方です   腹八分目  よく体にいいのは なんとなく分かりますが   でも、そもそも なんで腹八分 だといいのでしょう? […]
【夫婦げんかと不妊症の関連】
【夫婦げんかと 不妊症の関連】 いつも 面白い情報を提供してくださる 山口先生 ( ◠‿◠ ) ちゃんとした エビデンスがあるから いいですよね。 さて、 『夫婦喧嘩が炎症を引き起こす可能性がある』 24~61歳の結婚3 […]
『不妊治療は清熱利水で炎症を抑える その3』
『不妊治療は清熱利水で炎症を抑える その3』 不妊の患者さんに漢方を使う場合 十分な注意が必要です。 例えばアトピーで痒みが 強い患者には竜胆瀉肝湯 や 黄連解毒湯もつかいます。 しかし、不妊は長期間使うこともあるので体 […]
『不妊治療は清熱利水で炎症を抑える その2』
『不妊治療は清熱利水で炎症を抑える』 不妊治療がうまくいかない時は炎症を疑ってみます。 判断基準としてクラミジアが過去に陽性だった方も 注意が必要です。 クラミジアに対する抗体を持って いる事が炎症に繋がっている可能性が […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/4274/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください