【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【ゲノムインブリティング異常症 まずはおからだ作りから】岡崎市・安城市の二人目不妊を漢方で応援

こんにちは

岡崎市で子宝と妊娠を子育てまで漢方で応援する

漢方相談タカキ薬局の 高木タイスケです。

 

430日の朝日新聞の記事、

「生殖医療が子に影響? 体外受精など生殖医療で生まれる子が増えている

その一方、子供への健康への影響も指摘されている。」

 

「人工操作が異常生む可能性も」

 

今、現在 治療をされている方は思わず、目をそむけたくなる記事では

ないでしょうか?

 

「近年、こうした生殖医療による子供への健康への影響が進んでいて

【ゲノムインブリティング異常症】という病気の調査が多く

これは、遺伝子の働きを調整する仕組みの割合が生殖医療で生まれた

子の方が自然妊娠で生まれた子より多い傾向がある」

 

「過度に成長したり、内臓が腫れたり、1割が小児がんになる 

ベックウィズ・ヴィーデマン症候群」

「胃腸の障害や肥大型心筋症の合併症が出たりする

シルバー・ラッセル症候群」

「肥満による糖尿病や 精神の遅延などの症状が出る

プラダー・ウィリー症候群」

 

聞いたことのある症状がいくつありますか?

恐らく、これから、ゲノムインブリティング異常症と思われる報告は

これからどんどんと出てくると思います。

 

僕も、たまに思ったりします。

生殖技術はどんどん上がっていく。

他人の胚に 自分の遺伝子を組み込んで卵子を育てる事まで

技術的にはできる時代

でも、それは人間が踏み入れていい領域なのか?

 

生殖医療の歴史はまだまだ 浅いのです。

分かっていない事。 これから分かる事。

分かってもどうしようもない事

がこれからどんどんでてくるのだと思います。

 

有効な対処法は現在の所ありません。

 

でも、恐らくそれでもママになる為に生殖医療に

取り組まれる人は増えていくでしょう。

 

せめてできる事・・・・・

それは障害と思われるリクスを1つでも減らすこと。

鈴木昭平氏 がかかれている

「マイナス2歳からの子育て」 

には、受胎して胎児をはぐくむ血液を浄化するのに1

そして、受胎してから出産までの1年 の計2年は

大事とあります。

 

高齢結婚・出産の場合の長年蓄積した重金属の害も

相当なものらしいです。

 

障害児のリスクを1%でも減らすために

「カラダの浄化、血液の浄化」をすること

正直、その為にやるべきことは多いです。

 

その為には妊娠前からの健全なカラダ作り、心の在り方

これが妊娠するためだけでなく、出産後ママになった

後にもつながっていくという意識を持つこと。

 

重ねていいます。

これから、どんどんいろいろなネガティブな報道が

出てきます。

でも、不安になっている暇はありません。

未来の赤ちゃんの為にひとつひとつ手間暇かけて

おカラダ作りしてください。

 

さて、子宝相談をご希望の方は

0564-26-1717

(朝9:00~夜8:00まで)

お気軽にどうぞ

メールでも受け付けています。

 

 

 

 

 

すべての子供を望むカップル、女性に赤ちゃんが訪れますように。

そして今お腹の中で成長している命が今幸せであるように。

誕生した赤ちゃんが沢山の愛に守られ健やかに育ちますように。

心から願っております。

 

不妊治療に不安な方お電話ください。

病院の紹介も行っております。

タカキ薬局へのお電話は

電話0564-26-1717

住所 愛知県岡崎市松本町1-79

名鉄バス 能見町バス停 から徒歩2

【子宝カウンセラーの会会員店】【不妊カウンセリング学会会員】

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【ゲノムインブリティング異常症 まずはおからだ作りから】岡崎市・安城市の二人目不妊を漢方で応援:関連ページ

『 GW後にテンションが下がってしまった時の対処法』
『 GW後にテンションが下がってしまった時の対処法』 この時期ですが、実は妊活を始める人と また、著しくテンションが下がる人と ふた通りです。 妊活を始める人は GWでご実家に帰り そこで兄弟に子供ができた とか 親にプ […]
『西洋医学と東洋医学の違い その3 陰陽五行とは』
『西洋医学と東洋医学の違い その3 陰陽五行とは』 東洋医学は 自然界は宇宙も人間も同じ法則 で成り立っている 共通のもの 大きな枠で陰と陽で成り立っているという考え方です。   そしてもう一つの考え方 『五行 […]
『西洋医学と東洋医学の違い その2 陰陽とは』
『西洋医学と東洋医学の違い  陰陽五行とは』 東洋医学は 自然界は宇宙も人間も同じ法則 で成り立っている 共通のものである という 考え方が大前提です。 その基本的な法則のことを 『陰陽五行 思想』と言います。 なんか一 […]
『西洋医学と 東洋医学の違い』
『西洋医学と 東洋医学の違い』 病院と 漢方 その違いって一体なんなんでしょう? 病院は 『西洋医学』 漢方は『東洋医学』です。 西洋医学の基本は 実はキリスト教です。 そしてその元が聖書 聖書には 万物は神によって創造 […]
『女性を笑顔にする 漢方薬』
『女性を笑顔にする 漢方薬』 ピンボケですみません。 分かりにくい そして情報が多い 漢方の世界をいかに 分かりやすく伝えるか 日々考えていますが 松浦漢方さんの インフォメーションを読んでいたら 一目でわかる 記事が出 […]
【習慣性流産の漢方的ケア その3】
【習慣性流産の漢方的ケア その3】 妊娠・出産には 精神的な安定が何より大切です。 基礎体温表の微妙な変化に一喜一憂 する方が 多いですが、何人もの方を見ていると 必ずしも教科書通りの綺麗な基礎体温で妊娠 するとは限りま […]
【習慣性流産の漢方的ケア その2】
【習慣性流産の漢方的ケア その2】 まずは 生理周期を整える事が大事になってきます。 月経期には 経血をきちんと排出し、生理痛も改善する 「田七人参」などを用いますし いわゆる低温期には 血液と体の潤いを補いながら 質の […]
『女性の不調は 血流の悪化から』
『女性の不調は 血流の悪化から』   心の病、肌の病、不眠、切れやすい、不妊 現象として、生理周期の遅れ・経血が少ない・無月経 婦人病の起点と言えるのが『血虚』 血が不足していく状態の事です。 実はこれらの原因 […]
『空胞について その2 空胞の原因』
空胞で一番多い原因は 何と言っても加齢 加齢により ホルモンの低下が起きると卵子を 育てる環境が悪くなります。 高齢の人はE2 エストラジオールが低くなり FSHが高くなる傾向にあります。 この状態では 良い卵胞は育ちま […]
『空胞について その1』
不妊治療において 『空胞』について 質問を受けることがあります。 超音波検査では 卵胞の存在は確認できますが卵子は 確認することができません。 なので 採卵前の超音波検査で卵胞が見えていても 卵子はないということがあり  […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/432/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です