【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

『 冬の寒い季節での精液容器のお取り扱いについて』

今回は冬の寒い季節に体外受精や顕微授精をされる際にご主人の精液を精液容器に入れてクリニックまで持って行く際の注意点を書きます。

 冬の寒い季節での精液容器のお取り扱いについて』

寒さがつらい季節ですが、寒さは精子にとってもよい条件ではありません。

精子にとっての理想的な温度は、体温より少し低めの32度~34度くらいと言われています。


精液容器の運搬時に気が行きがちですが、まずは採精される前にも注意が必要です。

採精までは容器は暖かいところで保管しておきましょう。

冷たくなった容器に採精すると、精液が一気に冷えてしまい精子の運動に影響が出る場合があります。

そして、採精された後の運搬時には、容器があまり冷えないように注意しましょう。

上着の内ポケットに入れられるなど体温が伝わりやすいようにしていただくのもお勧めです。

ただし、温めすぎにも注意が必要です。

カイロなどで直接温めると高温になりすぎ、精子の運動率の低下を招く可能性があります。

カイロと同じポケットや、カイロを貼った近くのポケットに容器を入れることは避けられる方が安心です。

あまり厳密に気にされる必要はありませんが、極端な冷えや熱さは避けるように運搬時に気をつけていただければと思います。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



『 冬の寒い季節での精液容器のお取り扱いについて』:関連ページ

【5月19日 40歳でも間に合う妊活講座 その⑪ 女子力をアップすることは妊活に繋がる】
【5月19日 40歳でも間に合う妊活講座 その⑪ 女子力をアップすることは妊活に繋がる】 今日は第11弾 ショウキ先生の話も 終盤戦に入ってきました。 やはり不妊治療は夫婦の問題 お互いの体の 状態を理解することが大切で […]
【妊活支援市民講座  禁欲期間と胚盤胞発生率】
【妊活支援市民講座  禁欲期間と胚盤胞発生率】   禁欲期間と胚盤胞発生率ですが、実は胚盤胞受精卵の成長に影響します。 禁欲期間が 1日以下だと 胚盤胞発生率が54% 5日以上ですね だと 47.4% つまり7% 禁欲期 […]
【性行のタイミング 3-5-3の法則】
3-5-3の法則 をご存知ですか?   先日、性行を持つタイミングについて勉強させて頂きました! 排卵日前の3日前に、一度仲良し(精子の浄化)した後に5日間夫婦生活 最後3日後に仲良しの方法を教えて頂きました。 […]
【妊娠率を上げるには夫婦生活を変える事】
「子供が欲しいけどなかなかできない」 という方に是非チャレンジして欲しいことがあります。 それは、「1ヶ月間、できるだけ毎日セックスして下さい」ということです。 本当は、1ヶ月と言わず3ヶ月くらいは毎日セックスして欲しい […]
【体外受精 人工授精中に 性生活って持った方がいいの?】
「たくさん性交したほうが妊娠に有利であるという 免疫的なメカニズムを確かめた研究結果が発表」されました。 ————– 最新ニュース解説 Oct.2015____ […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/5075/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください