【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

「七草粥の由来」

「七草粥の由来」

本日1月7日は七草粥を食べ、
疲れた胃腸を休める日本の伝統行事ですね。

元々1月7日は五節句の一つで「人日(じんじつ)の節句」の行事として
七草粥が食べられたようです。

ちなみに人日とは文字通り 「人の日」という意味のようです。

中国は前漢の時代、東方朔が記した占いの書には、
正月1日に鶏、2日に狗、3日に羊、4日に猪、5日に牛、6日に馬、7日に人、8日に穀を
占ってその日が晴天ならば吉、雨天ならば凶の兆しであるとされていました。


ですから、7日の人の日には邪気を祓うために、七草の入った粥を食べ、
一年の無事を祈ったのだともいわれています。

さらに唐の時代には、人日の日に「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」
という7種類の若菜を入れた汁物を食べて、無病息災を願うようになりました。

羹は汁という意味で、官吏昇進を1月7日に決めたことから
その日に七種菜羹を食べて立身出世を願ったようです。

この風習が日本へ伝来し、年のはじめに若菜を摘んで頂戴し自然界から
新しい生命力をいただく「若草摘み」という日本古来の風習と結びついて
「七草粥」となり、平安時代の宮中行事として七草粥を食べるようになります。

七草粥に入れるのは、いわゆる春の七草。初春の野から摘んできた野草の生命力を食して、
邪気をはらうということでしょうか。

古来、宮中や神社でもこの日七種の野草を摘む行事を “若菜摘み” といい、
多くの歌に詠まれたり、能楽のワンシーンとしても登場しています。

でもお正月には、まだ野草は芽吹いていないのでは?と
思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

かつての旧暦でのお正月は、現在の2月頃。まだ寒さも厳しいながら、

陽射しには春を感じるころです。

長い冬が終わりに近付き、野に出て春いちばんの息吹きを持ち帰る、

七草粥の行事は新しい年が始まる喜びの行事だったと

想像できるのではないでしょうか。

そして現代の私たちにとっても、1月7日に食べる七草粥は、

おせち料理で疲れた胃をやさしくいたわる、理にかなった食べ物だといえるでしょう。

さて、山口先生から教えてもらった七草粥のレシピです

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



「七草粥の由来」:関連ページ

【精液検査が悪いのはなぜ 】
こんにちは 岡崎市で子宝と妊娠を子育てまで 漢方で応援する。 漢方相談 タカキ薬局の高木タイスケです。   精液検査は 本当にその時、 その時で状態がかなり変わります。 精子の状態は あなたの気持ちやカラダの […]
【泣いてる赤ちゃんの受け止め方とその後の性格】
【泣いてる赤ちゃんの受け止め方とその後の性格】 赤ちゃんが泣いている時、どう対応するのか? そのままにしておいていいのか? それともすぐあやした方がいいのか? 柴田美智子さん 著書  こんにちは赤ちゃん にヒントがありま […]
【奥様43歳 ご主人41歳 女の子ご出産】
結婚が遅かったため、すぐに不妊治療を 始めていました。しかし、良い受精卵ができないという理由で カウンセリングと漢方から始めました。 BMIが30あったので奥様とご主人の体重管理 をしながら身体作りを提案させていただきま […]
「リモートで相談できますよ」
「リモートで相談できますよ」 タカキ薬局のダイエットの 流れです 基本 ご来店が主となりますが コロナの環境があるので リモートも駆使しています。 リモートも2通りに やり方があり LINEによる方法と ZOOMによる方 […]
【食べて妊活 1月の旬菜 白菜】
【食べて妊活 1月の旬菜 白菜】 寒い時期の鍋料理に定番の野菜と言えば白菜と言うほど日本の冬の食卓には欠かせない食材です 寒いと言う野菜が少ない時期に白菜はありがたい存在です 選ぶコツとしては外の葉がみずみずしくてずしり […]
【逃げるは恥だが役に立つ】
一昨日は『逃げるは恥だが役に立つ』 のスペシャル番組が放送されていました。 自分も珍しく好きなドラマですが 主人公のみくりさんと平匡さんに 子供ができて・・・   というストーリーで 現在の妊活事情、育児事情が […]
【男性の血中葉酸濃度とED(勃起不全)】
【葉酸濃度とED(勃起不全)との関係】 ED(勃起不全)の男性は血中の葉酸濃度が低く、症状が進行するほど 葉酸濃度も低いことがトルコの研究で明らかになりました。 トルコのエルズィンジャン大学の研究者らは、 EDの患者12 […]
【40歳からの妊活に見直しが必要な理由】
【40歳からの妊活に見直しが必要な理由】 まずは40歳だからこそ自覚しておきたい 『若い頃とは違う』と言われてもピンとこないという方 理由を知ることでその理由が明確になります。 リミットが迫っている ○35歳以降は妊娠率 […]
【不妊症の一般的な検査 ⑥子宮卵管造影 レントゲン撮影について】
【不妊症の一般的な検査 ⑥子宮卵管造影 レントゲン撮影について】 卵管の異常による不妊症は、不妊症の原因のなかで最多です。 また、子宮の変形が原因で妊娠しにくくなることや、 流産しやすくなることがあります。 子宮卵管造影 […]
【49才妊娠 小松みゆきさんの手記 】
【49才妊娠 小松みゆきさんの手記 】   小松さんも42才からはじめて 46才の時に一度不妊治療をやめて いるそうです。   49歳で妊娠の女優・小松みゆきが語る不妊治療の厳しい現状とそれでも妊娠で […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/5386/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください