【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【慢性子宮内膜炎と着床障害との関係】

【慢性子宮内膜炎と着床障害との関係】

最近、慢性子宮内膜炎検査とERA検査をセットでするクリニックが増えています。

これは近年、慢性子宮内膜炎と着床障害との関係が注目されているからです。

慢性子宮内膜炎は、

最近などが感染して子宮内膜の間質への形質細胞の浸潤した状態です。

形質細胞は白血球の一つBリンパ球(B細胞)が成熟したもの。

正常では細菌やウイルスが体内に入ると、Bリンパ球が形質細胞に変化

抗体を作り感染を抑えます。

いつも子宮内膜に炎症が起こる人は細菌感染の可能性が多いので

内膜を調べて形質細胞がたくさんあれば、

細菌感染が原因で内膜が炎症を起こしていることが分かります。

2018年6月から2020年2月まで88人を対象として

①慢性子宮内膜炎なしの33例(非慢性子宮内膜炎群)

②未治療の慢性子宮内膜炎があった19例(慢性子宮内膜炎群)

③慢性子宮内膜炎を認め治療後にERA検査実施した36例(慢性子宮内膜炎治癒群)。

3群に分けた結果:

①非慢性子宮内膜炎群、②慢性子宮内膜炎群、③慢性子宮内膜炎治癒群でERA検査後の初回の個別化胚移植の臨床妊娠率は、

それぞれ77.8%(21/27)、22.2%(4/18)、51.7%(15/29)でした(p<0.001)。

慢性子宮内膜炎の存在は個々の着床の窓に影響を及ぼし、着床した受精卵を遺物として妊娠している

可能性が高いということです。

事前にCD138免疫組織染色を実施し慢性子宮内膜炎なしでERA検査後に初回移植のグループの妊娠率は77.8%でしたが

ERA検査時に未治療の慢性子宮内膜炎があった 初回移植のグループの妊娠率は22.2%と55.6%もの差が生じました。

子宮内膜に炎症があると極端に妊娠率は下がるんですね。

なかなか着床しない方は子宮内膜炎を疑ってみるといいですね。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【慢性子宮内膜炎と着床障害との関係】:関連ページ

【妊活中のストレスで多いものは?】
今回はゼネラルリサーチ社がアンケート調査した 【不妊治療経験者826人に実態調査】妊娠しやすい 身体づくりには〇〇が重要!不妊治療に関する気になることを 聞いてみました!②をお送り致します。   3歳以下の子ど […]
【経験者に聞きました】不妊治療にかかった金額×期間が判明!
今回はゼネラルリサーチ社がアンケート調査した 【不妊治療経験者826人に実態調査】 妊娠しやすい身体づくりには〇〇が重要! 不妊治療に関する気になることを聞いてみました!① をお送り致します。 これから妊活に取り組むにあ […]
【2021年妊活・不妊治療アンケート】
【2021年妊活・不妊治療アンケート】 92.7%が不妊治療の保険適用拡大に賛成! 約4人に1人が今年第2子以降の妊活・不妊治療をすると回答 育児アプリ「ninaru baby」が集計した結果です。 背景には厚生労働省が […]
【温灸もできるBeeルームオープンしました。】
【温灸もできるBeeルームオープンしました。】   さて、伸び伸びになっていました。 タカキ薬局の新スペース 『施術スペース Beeルーム』が  仕上がりまして、3月から試験営業を させていただいております。  我ながら […]
【改めて夫婦の時間を作ってみる。】
【改めて夫婦の時間を作ってみる。】 改めて夫婦の時間を作ってみる。 妊活の基本は円満な夫婦関係 頭でわかっていてもそれぞれが 仕事など持っているときに コミニュケーション不足で悩まされる   一つ一つは小さいこ […]
【夫婦はマイ・ベター・ハーフ】
【夫婦はマイ・ベター・ハーフ】 夫婦関係・・・・・・ 妊活は一人ではできません 単身赴任、共働き、歳の差婚 色々な夫婦の形がある中で 問題もその分多様化してきてますね。 昔と違って一人でもそれなりに不自由なく 過ごせる時 […]
【妊娠初期にコーヒーが及ぼす影響】
前回は妊活中のコーヒーに関してのお話でしたが 今回は妊娠後について   実はカフェインの影響は妊娠してからの方が大きいと言われています。   『妊娠初期にコーヒーが及ぼす影響』   […]
【妊活中のコーヒーは飲んでいいの?】
よくいただくご質問に 『妊娠中の コーヒーはどうですか?』 とご質問をいただきます。 一度、ネットで調べた事がありますが 結構情報はバラバラ 山口先生にお聞きしたら コーヒーに関しての論文を 教えていただきました。 『妊 […]
【禁欲期間と精子の質】
タイミング法や人工授精、体外受精においても 精液所見が良い方が結果が良いのはご存知かと思いますが、 そうなるとその「勝負の日」に向けて精子のコンディションを 整えたいと思うのは当然のことです。 今回は、その中でも特に大事 […]
【血糖値の上昇しやすい食事と卵巣低反応(少ない採卵数)の関係】
【血糖値の上昇しやすい食事と卵巣低反応(少ない採卵数)の関係】 ◎血糖値の上昇しやすい食事は、卵巣が正常でも採卵数が 少なくなる可能性がある可能性があります。   イタリアのミラノ大学の研究で ART治療を受け […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/5441/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください