【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【2年から1年へ 不妊症の定義が変わります。】

a0006_001384_m

<不妊症>定義「1年以上」に短縮へ 産科婦人科学会

希望しても2年以上妊娠できない状態と定義している不妊症について、

日本産科婦人科学会は、この期間を「1年以上」に短縮する案をまとめた。

全国の産婦人科医から意見を聞き、8月にも正式決定する方針。

毎日新聞のインターネット版からの記事です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150531-00000072-mai-sctch

海外では 1年なんですが

日本では2年なんですよね。

前回の子宝セミナーでも先生が解説してましたが

【不妊症って なぜ2年なの? (子宝セミナーより)】 岡崎市・西尾市で漢方で不妊症を応援

これも時代の流れなんでしょうね

晩婚化に伴い、その1年の遅れが

命取りになる

どうしても、「2年」って いうと

「2年間は まだ大丈夫」みたいになって

しまいますからね。

少しでも早く、子作りに取り掛かるべく

定義自体を変えたという事だと思います。

 

タカキ薬局も とにかく妊娠しやすい

お体作りを一緒に応援していきますね。

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【2年から1年へ 不妊症の定義が変わります。】:関連ページ

【性ホルモンについて 考える】
【性ホルモンについて 考える】 前回で570回 ブログを更新していますが 流石にネタ切れ になってきました。(”ω”) ちょっと 角度を変えまして 男の子 女の子の 生殖器や 成長について 考えて […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その4 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その4 (統合医療生殖学会より)】 卵管留水腫に漢方は効果があり、成功例も多くあります。 痰湿が妊娠の妨げになっているので、女性は温めるだけでなく 水を出していく事も考えます。 痰湿を […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その3 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その3 (統合医療生殖学会より)】 「婦宝当帰膠 を8年飲んで 冷えは取れて調子は良い ですが3年 不妊治療をしているのに良い卵子が取れないのはなぜですか?」 と聞かれました。  婦宝 […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その2 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その2 (統合医療生殖学会より)】 卵管留水腫 は東洋医学的に捉えると 痰湿という状態 いわゆる 体の中の 処理されない 老廃物 が悪さをすると考えます。 現在の日本の食事は肉や油が本 […]
【採卵後にお腹の痛みがひどい場合 どのような原因が考えられますか?】
排卵後すぐに お腹に鈍い痛みを感じる場合は 出欠をしている可能性があります。   もし2~3日後に痛みを感じる場合は OHSS(卵巣過剰刺激症候群)や 感染症 を疑うべきでしょう。 OHSSは 排卵誘発剤を併用 […]
【新型出生前診断についての解説その1】
【新型出生前診断についての解説その1】 少し前に 話題になった 「新型出生前診断」 全国でも受けられる方が増えているようです。 特に38歳以上の方は論文でも 有意差が確認されていて、特に時間のない妊婦さんは受けられる方が […]
【不妊治療に関わる検査ってどんな検査がありますか?】
こんにちは 岡崎市で漢方の不妊治療を応援するタカキ薬局 高木タイスケです。   【不妊治療に関わる検査ってどんな検査がありますか?】 色々あります。簡単に言うと卵子を精子が結びつき、子宮に着床するこれが妊娠です […]
【女性は35 歳以上になると、妊娠率の低下だけでなく流産率が増加します。】
女性は35 歳以上になると、妊娠率の低下だけでなく流産率が増加します。   これは、加齢による卵の染色体異常や受精後の胚発育の悪化により 起こると考えられています。 女性の卵巣内にある卵子は生まれる前に作られ、 […]
【妊娠に必要なホルモン FSHについて】
こんにちは 高木タイスケです 不妊症に対して知っておいてほしい 基礎知識 本日はFSHについてお話をしたいと思います。 FSHは脳下垂体から分泌されるホルモンで、卵巣に届くとエストロゲンを作るように指令が出されます。 こ […]
【流産の種類について】
「流産の種類について」 と言う内容のご相談をよくされます。 今日は流産について書かせて頂きます。   流産と聞くと、とにかく悲しい気持ちになりますが、全妊婦さんの8%~15%が流産を経験するといわれています。 […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/690/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です