【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【おりものがサイン!?子宮内腔癒着・子宮内膜炎】  

こんにちは タカキ薬局です。

お陰様で 毎日1組づつくらい

漢方にトライする方が増えてきました。

 

さて今日は、子宮内腔癒着・子宮内膜炎についてお話ていきたいと思います。

 

子宮内腔癒着とは、人工妊娠中絶などで「子宮内腔の掻把術」を受けたり、

また子宮内腔の細菌感染による炎症などで子宮の中が傷ついた結果、子宮内腔癒着といいます。

子宮内腔癒着を引き起こす細菌としては、結核菌が有名です。

癒着が起こると、受精卵が宿る子宮内腔がなくなり、受精卵の着床を妨げ、不妊症の原因となります。

自覚症状として、月経の出血量が極端に少なくなることがあります。

 aac8d2c0f0fd3a2a8b110354ce7d99e2

子宮内膜炎とは、膣の中には細菌が繁殖していますが、

通常はこれらの細菌や病原微生物は、子宮頸管で分泌される頸管粘液にブロックされて

子宮の中まで入り込むことはありません。

しかし、いったん病原微生物が子宮の中に入り込むと、子宮内腔で炎症を起こし、子宮内膜炎となります。

sikyu_naimaku (002)

いずれにしても 細菌や病原微生物が関係しているわけなんですね。

では 5万といる病原菌から 体はどのようんして守っているのか?

 

実は ここに 【おりもの】 が非常に関係しています。

特に排卵時期に出る おりものを 頸管粘液といいますが、

 

このおりものが 細菌や雑菌が 膣や子宮の中に入るのを

防いでくれています。

ただ 最近は このおりものが出ているのを感じない方も

多いんです。

カウンセリングで 「排卵の時のおりものって出てますか?」

「いえ あまり感じた事がないんです。」

そんな受け答えをする事がよくあります。

実は女性ホルモンであるエストロゲンが関係しています。

そのエストロゲン ストレスにメッチャ弱いんです。

特に生活の不規則さからくるストレスにはかなり影響を受けます。

おりものが少ない人 もう一度 ご自身の生活を見直してみてくださいね。

千里の道も一歩から 大丈夫 自分ペースで一歩一歩

進んでいきましょう(*^_^*)

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【おりものがサイン!?子宮内腔癒着・子宮内膜炎】  :関連ページ

【SEET法 とは その2】
【SEET法 とは その2】 一方 お母さんの情報を受けながら 子宮内膜の状態を整え、受精卵のベッドを ふかふかにして着床の用意をしておくというわけです。 ところが体外受精では、受精卵はお母さんと隔離された 状態ですから […]
『体外受精の凍結方法はガラス化法が一般的』
『体外受精の凍結方法はガラス化法が一般的』 体外受精の方法ですが 一般的には受精卵をいったん冷却して、子宮の状態を整えてから 移植すると妊娠率が大幅にアップします。 凍結方法は ガラス化法(急速凍結法)と緩慢凍結法があり […]
『排卵誘発注射剤:r-FSH、u-FSH、hMG』について
『排卵誘発注射剤:r-FSH、u-FSH、hMG』について 内服の排卵誘発剤(クロミッド、レトロゾール)で排卵が認められない場合や 排卵は正常に起こっても妊娠に至らない場合 また高度生殖医療の採卵で、たくさんの卵子を得た […]
【採卵後にお腹の痛みがひどい場合 どのような原因が考えられますか?】
排卵後すぐに お腹に鈍い痛みを感じる場合は 出欠をしている可能性があります。   もし2~3日後に痛みを感じる場合は OHSS(卵巣過剰刺激症候群)や 感染症 を疑うべきでしょう。 OHSSは 排卵誘発剤を併用 […]
【新型出生前診断についての解説その1】
【新型出生前診断についての解説その1】 少し前に 話題になった 「新型出生前診断」 全国でも受けられる方が増えているようです。 特に38歳以上の方は論文でも 有意差が確認されていて、特に時間のない妊婦さんは受けられる方が […]
【AMHが低いと言われても・・・・】
こんにちは タカキ薬局 高木です。 上の 数値は 40歳で 当店に通われるあるお客様の 検査数値です。   見ていただきたいのは AMHの値ですね。 4月21日 が 0.65 7月6日 が  2.93 &nbs […]
【5月19日 ショウキ先生講演会 その③  中国でも40歳台の不妊症が問題になってます。】
【5月19日 ショウキ先生講演会 その③  中国でも40歳台の不妊症が問題になってます。】  5月19日におこなわれた タカキ薬局の妊活支援市民講座 ショウキ先生が 40代でも間に合う不妊治療 という演題で 90分みっち […]
【5月19日 ショウキ先生講演会 その②  AMHが低いと言われ絶望を感じている方、ぜひお読みください。】
【5月19日 ショウキ先生講演会 その②  AMHが低いと言われ絶望を感じている方、ぜひお読みください。】 5月19日におこなわれた タカキ薬局の妊活支援市民講座 ショウキ先生が 40代でも間に合う不妊治療 という演題で […]
【排卵は毎月来なくても大丈夫 40代の方の妊活講座】
患者さんから 「今月は採卵をしません」 とがっくりした様子で告げられることがあります。 体内に残っている卵細胞の数の指標になるAMHの値が 低いことを気にかける方は多いですが、四十代の方に卵子の 老化していると言うのは、 […]
【最新の治療法 オーグメント療法(ミトコンドリア移植)について】
最新の治療法「オーグメント療法(ミトコンドリア移植)」 について 当店で不妊症の講演をしていただいている 山口先生より 最近ミトコンドリア移植 療法についてのお問合せが多いという 話がありました。 今回は オーグメント療 […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/919/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください