漢方相談 タカキ薬局

アルコールって妊活に本当に悪いの?

『妊娠を希望するカップルにとってのアルコール摂取』
妊娠を望むカップル、不妊治療を受けているカップルにとって、
アルコール摂取については、少々、気になるところです。
「飲み過ぎ」は健康に損なうことは言うまでもありません。

また、妊娠中や授乳中はお酒は控えるべきことはよく知られていると思いますが、
妊娠前については、飲酒の影響はどのように考えればいいのかについてお話し致します。
 
まず、厚生労働省が飲酒についてのガイドラインを定めているのでそれを確認しておきましょう。
厚生労働省による飲酒のガイドライン
厚労省は「通常のアルコール代謝能を有する日本人においては、
節度ある適度な飲酒として、1日平均純アルコールで20グラム程度である」と定めています。

1日の飲酒量の目安の「アルコール20グラム」は日本の基準飲酒量の1単位に相当します。
ただ、これだけではどれくらい飲めるのかよくわかりません。
お酒の種類によって、アルコール度数が異なりますので、アルコール20グラムというのはどれくらいの量なのか、それぞれのお酒の種類ごとの1単位の量は以下の通りです。
 
ビール(アルコール度数5度)  中ビン1本(500ml)
缶チューハイ(アルコール度数5度)1缶(約500ml)
ワイン(アルコール度数14度)  グラス1杯(約180ml)
日本酒(アルコール度数15度)  1合(180ml)
1日に飲む量はこれくらいまでにしておきましょうということです。
さらに、厚労省は週に2日は休肝日にするように提案していますので
「週に5単位」ということになります。
ただし、これは、あくまで、一般向けのガイドラインで、
残念ながら妊娠希望のカップルのためのガイドラインは決められていません
これまでアルコール摂取と妊娠する力の関係について調べた研究が多数実施されていますので、それらをご紹介いたします。

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG