漢方相談 タカキ薬局

AMHが低い人は ビタミンD濃度が低い!?

AMHが低い人は ビタミンD濃度が低い!?
 
ビタミンDは骨を作ったり、体が大きくなるのにどうしても必要なビタミン
最近は 細胞レベルで分裂や増殖を調整する働きがあることがわかり
再注目を集めています。
 
ビタミンDが 不思議なのは 紫外線を使って体内で生成されるという事です。
どうも細胞の核内の受容体と関係があるみたいです。

このビタミンDは妊娠や出産においても重要な役割を担っていることがわかってきました。
たとえば、ビタミンD濃度が低い女性はAMH(アンチミューラリアンホルモン)の値が低く
卵巣内の卵子が早く減る傾向にあったり
PCOSの女性はビタミンD濃度が不足している割合が高く、
ビタミンDを補充することで排卵率が高まるとの報告
 
そして、子宮筋腫の女性でもビタミンDが不足している割合が高く、
さらには、ビタミンD濃度の低い妊婦は妊娠や出産のリスクが高いとの報告まであります。
とにかく、妊娠する力、出産する力に深く関与しているようなのです。
体外受精の治療成績との関連においても、いくつかの試験が行われており、
ビタミンD濃度が高い女性ほど妊娠率が高くなると報告されています。

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG