漢方相談 タカキ薬局

【SEET法 とは】
 
自然妊娠と体外受精の決定的な違いは
体外受精は体外で受精卵が生れて育つということ
対して、自然妊娠はその受精卵とお母さんが
ごく早い段階から情報交換をしています。
 
すなわち お母さんは受精卵を育みながら
妊娠の準備をしています。
受精卵は受精をして、着床するまで卵管を通りながら
「今、ここまで分割しているよ」
「もうすぐ子宮につくけど、準備はできている?」
とお母さんに情報を送ります。

一方、お母さんは情報を受けながら、子宮内膜の状態を整え
受精卵のベットをふかふかにして着床の用意をしておくという
わけです。
 
ところが体外受精はお母さんと隔離された状態ですから
情報交換ができません。  ですから母体は何も準備をして
いないわけです。  そこに突然 受精卵が戻されるのですから
どうしても着床率は低くなってしまうのです。
(続く)

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG