漢方相談 タカキ薬局

【なぜ体温は37℃なのか?】

【なぜ体温は37℃なのか?】

人は体温がほとんど変化しない「恒温動物」。

日本人の体温(平熱)は、平均36.89℃とされており、1日のうちの体温変化は、
ほぼ1℃以内におさまるのが普通です。人の体温は、約37℃に保たれているのですが、

それはなぜでしょう?

人などの哺乳類や鳥類は、ほとんど体温が変化しないので「恒温動物」

これに対して、トカゲなどの爬虫類、カエルなどの両生類、フナなどの魚類、

ヤツメウナギなどは、周囲の温度の影響を強く受けて、

体温が大きく変化しますので「変温動物」と呼ばれます。
人は体温がほとんど変化しない「恒温動物」。

 

人はエネルギーの75%以上を

体温維持に使っている。

「代謝」というのは、体内で起こる化学反応のことです。

食べ物からの栄養をエネルギーに変えて運動をするといった、

生命維持にとって重要な活動も、代謝にあたります。

このとき運動に直接使われなかった、残りのエネルギーは、熱となります。

人の場合、エネルギーの75%以上が熱に変換され、体温の維持に用いられています。

恒温動物の代謝量は変温動物の約4倍あるといわれます。

恒温動物(温血動物)は、作りだした熱により、

まわりの環境より高い体温を維持できますが、

体内で熱をあまり作れない変温動物(冷血動物)は、

外部から熱を取り入れることで、必要な熱量を獲得しています。

また魚でもマグロは、休みなく高速で泳ぎ回ることにより、

筋肉から熱を生み出しているので、体の中は、比較的高い温度に保たれているのです。人はエネルギーの75%以上を体温維持に使っている。

 

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG