『不育症の原因と治療について② 子宮や感染症の要因について』

image.png

(子宮の異常)

子宮筋腫、子宮内膜症、子宮形態異常(双角子宮、中隔子宮、重複子宮など)、子宮腔内癒着、内膜ポリープなどが流早産の原因となることがあります。

子宮鏡検査や子宮卵管造影検査、必要に応じてMRI検査などを行い、流早産の原因となる可能性が高そうな場合は、子宮鏡下手術、腹腔鏡手術(専門施設へご紹介)等により治療を行います。

image.png

(感染症)

ウイルス感染症、クラミジア感染症など

膣、子宮、卵管などに炎症を起こしやすい菌やウイルス、病原微生物の感染は妊娠維持を妨げることがあります。

治療には抗菌薬を内服したり、膣内に投与を行います。また、感染予防もご提案します。

(染色体変化)(ご夫婦いずれか)

夫、または妻のいずれかに染色体変化がある場合に流産を繰り返すことがあります。

染色体の変化がわかった場合、残念ながら治療の方法がありません。

しかし、最終的には赤ちゃんを授かることができるケースも少なくありません。
参考にして頂けたら幸いです。

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG