【高齢女性(43歳以上)の人工授精(IUI・AIH)の成績は?】

年齢が高い女性の「人工授精・タイミングで妊娠しました!」

SNS や ネット記事でよくみますが

実際にはどれだけ成功率なのか?

その件について論文があります。

『高齢女性(43歳以上)の人工授精(IUI・AIH)の成績は?』

Jacob Ruiter-Ligetiら. J Assist Reprod Genet. 2020. DOI: 10.1007/s10815-020-01976-3

論文紹介≫

方法:

43歳以上の人工授精(IUI、AIH)の妊娠転帰を調査するために2011年1月から2018年3月までの間に、単一生殖医療期間で43歳以上の女性を対象に、後方視的のコホート研究を行いました。

主要項目は、人工授精の 1 周期あたりの妊娠数と出生数でした。

フィッシャー厳密分析およびカイ二乗分析を実施しました。

結果:

この施設で行った9,334周期の人工授精のなかで、325回の人工授精(3.5%)は、受精時年齢43歳以上の女性(43.6±0.8歳、範囲43~47歳)を対象としていました。

これら325回の人工授精を分析したところ、生化学的妊娠は5回(1.5%)、生児獲得率は1回(0.3%)のみでした。

ドナー精子を用いた人工授精(N=1/49、2.0%)とパートナー精子を用いた人工授精(N=4/276、1.4%)の間では、妊娠率に差はありませんでした。

妊娠率は、ゴナドトロピン注射(N = 2/211、0.9%)、クロミフェンまたはレトロゾール(N = 2/78、2.6%)、自然周期(N = 1/36、2.8%)を用いた人工授精間で差はみられませんでした。

結論:

43歳以上の女性における子宮内人工授精の使用は効果のない治療であり、これは卵巣刺激やドナー精子の使用とは無関係でした。

注釈(私見)

現実の43歳以上の女性の人工授精における生化学的妊娠率1.5%、生児獲得率は0.3%とても厳しい結果になっています。

このようなネガティブデータもしっかり形にしていくことが必要だなと改めて感じました。

>皆さんの心に寄り添って

皆さんの心に寄り添って

 私は漢方の「養生6割漢方4割」という考え方がとても好きです。主役は皆さんの持っている「健康になる力」。お薬やサプリメントは、その力を助けて延ばす助っ人です。  この二つの力を結びつけるのが、カウンセリングを中心とした相談です。これからも柔らかな心で、皆さんの声を聴きながら寄り添っていきたいと思っています。どうぞお気軽にいらしてください。

CTR IMG