【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【アンタゴニスト法について!メリット・デメリットや妊娠率は?副作用と費用は?】

アンタゴニスト法について!メリット・デメリットや妊娠率は?副作用と費用は?

 

アンタゴニスト

排卵誘発方法にはいろいろな方法があります。
今回はアンタゴニスト法について見ていきましょう。

アンタゴニスト法は、ロング法やショート法では採卵前に排卵してしまわないように

黄体形成ホルモン(LH)の抑制にGnRHアゴニスト点鼻薬を使いますが、

その代わりにGnRHアンタゴニストという注射を使う方法がアンタゴニスト法です。
点鼻薬は1回に8時間しかLHの抑制が出来ないため1日3回使用しますが、

GnRHアンタゴニスト製剤は1回の注射で24時間LHを抑制することができますので

1日1回の注射となります。

点鼻薬以外の排卵誘発剤はロング法やショート法と同じです。

月経3~5日頃

排卵誘発剤の注射(hMG)を開始します。

指定された日に通院、経膣超音波検査をし、

卵胞が14~16mmくらいまで成長したところで、

GnRHアンタゴニストの注射を開始します。

採卵日2日前

夜9~10時頃、卵子の成熟を促進する注射(hCG)をします。

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の可能性がある人は、

排卵を促進するhCG注射の代わりにGnRHアゴニストの点鼻薬を使って

排卵を促進する方法もあります。

排卵誘発の注射とGnRHアンタゴニストの注射は終了です。
その後、排卵となります。

アンタゴニスト法を選択する人はどのような人でしょうか?

アンタゴニスト法は、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)を起こしにくいため、
多嚢胞性卵巣症候群の人には最適な排卵誘発法です。

また、ロング法やショート法で採卵前に排卵してしまった人にも適応します。

質の良い卵ができると言われているアンタゴニスト法は、今まで採卵したものの受精しなかったり、

移植できる卵に成長しなかったなど、卵が多く出来過ぎてしまうのに質の良い卵ができなかった人なども

アンタゴニスト法に切り替える場合があります。

年齢が高い人や卵巣機能が低下している人にも勧められる排卵誘発法です。

費用はどのくらいかかるのでしょうか?

ロング法よりも排卵誘発剤の投与量が少ないアンタゴニスト法は、排卵誘発剤の費用は抑えられますが、

点鼻薬の代わりのGnRHアンタゴニスト製剤の注射が高額なため、

最終的にはロング法と変わらない費用がかかります。

アンタゴニスト法の妊娠率はどうでしょうか?

妊娠率は、ロング法とさほど変わらないようです。

病院によっては、ロング法が妊娠率が高いというところありますし、アンタゴニスト法の方が妊娠率が

高いという病院もありますので、どちらも同じくらいの確率なのだと思われます。

アンタゴニスト法のメリット・デメリットはなんでしょうか?

≪メリット≫

排卵誘発剤の投与量が少なく、身体に優しいのがメリットです。

また、ロング法より質の良い卵が採卵できると言われていますし、

OHSSになりにくいことも特徴です。

1日3回点鼻薬をしなければならないロング法やショート法のように

時間を気にしなければならないストレスや煩わしさから解放されることも

メリットのひとつになっています。

≪デメリット≫

GnRHアンタゴニストの注射のタイミングが難しく、タイミングが遅いと

採卵の前に排卵してしまう可能性があり、採卵が中止になってしまうこともあります。

良質な卵はとれる可能性はありますが、採卵数は少なくなる可能性があります。

そして点鼻薬はなくなりますが、GnRHアンタゴニストの注射が始まると排卵誘発の注射もあり、

1日2本注射をしなければならないストレスがあります。

また、GnRHアンタゴニスト製剤自体は高額なため、採卵までの日数が長くなればそれだけ

使用が多くなり費用が高くなるケースもあります。

副作用はありますか?

メリットにもあるように、この排卵誘発法はOHSS(卵巣過剰刺激症候群)

になりにくいと言われています。

しかし、排卵誘発をしていますので育った卵の数によっては卵巣が腫れ、

OHSSになる人も他の排卵誘発法よりは少ないですが、いますので注意は必要です。
GnRHアンタゴニスト製剤は、注射をするとピリピリして痛みを感じる場合があるようです。

また、人によっては注射したところが少し腫れてしまったり、

軽くかゆみやかぶれが出る場合もあるようです。

アンタゴニスト法は、まだ治療が始まって10年にも満たない新しい排卵誘発剤です。

しかし最近は、この排卵誘発法を主流にする病院も増えてきました。

どの誘発方法がよいか、よく医師と話し合って決めましょう。

当店で不妊治療に関するご質問をお受けしております。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【アンタゴニスト法について!メリット・デメリットや妊娠率は?副作用と費用は?】:関連ページ

『排卵誘発注射剤:r-FSH、u-FSH、hMG』について
『排卵誘発注射剤:r-FSH、u-FSH、hMG』について 内服の排卵誘発剤(クロミッド、レトロゾール)で排卵が認められない場合や 排卵は正常に起こっても妊娠に至らない場合 また高度生殖医療の採卵で、たくさんの卵子を得た […]
【採卵後にお腹の痛みがひどい場合 どのような原因が考えられますか?】
排卵後すぐに お腹に鈍い痛みを感じる場合は 出欠をしている可能性があります。   もし2~3日後に痛みを感じる場合は OHSS(卵巣過剰刺激症候群)や 感染症 を疑うべきでしょう。 OHSSは 排卵誘発剤を併用 […]
【新型出生前診断についての解説その1】
【新型出生前診断についての解説その1】 少し前に 話題になった 「新型出生前診断」 全国でも受けられる方が増えているようです。 特に38歳以上の方は論文でも 有意差が確認されていて、特に時間のない妊婦さんは受けられる方が […]
【AMHが低いと言われても・・・・】
こんにちは タカキ薬局 高木です。 上の 数値は 40歳で 当店に通われるあるお客様の 検査数値です。   見ていただきたいのは AMHの値ですね。 4月21日 が 0.65 7月6日 が  2.93 &nbs […]
【5月19日 ショウキ先生講演会 その③  中国でも40歳台の不妊症が問題になってます。】
【5月19日 ショウキ先生講演会 その③  中国でも40歳台の不妊症が問題になってます。】  5月19日におこなわれた タカキ薬局の妊活支援市民講座 ショウキ先生が 40代でも間に合う不妊治療 という演題で 90分みっち […]
【5月19日 ショウキ先生講演会 その②  AMHが低いと言われ絶望を感じている方、ぜひお読みください。】
【5月19日 ショウキ先生講演会 その②  AMHが低いと言われ絶望を感じている方、ぜひお読みください。】 5月19日におこなわれた タカキ薬局の妊活支援市民講座 ショウキ先生が 40代でも間に合う不妊治療 という演題で […]
【排卵は毎月来なくても大丈夫 40代の方の妊活講座】
患者さんから 「今月は採卵をしません」 とがっくりした様子で告げられることがあります。 体内に残っている卵細胞の数の指標になるAMHの値が 低いことを気にかける方は多いですが、四十代の方に卵子の 老化していると言うのは、 […]
【最新の治療法 オーグメント療法(ミトコンドリア移植)について】
最新の治療法「オーグメント療法(ミトコンドリア移植)」 について 当店で不妊症の講演をしていただいている 山口先生より 最近ミトコンドリア移植 療法についてのお問合せが多いという 話がありました。 今回は オーグメント療 […]
【病院の治療薬の解説 クロミッド クロミフェン】
【クロミフェン:クロミッド】 今回は 病院で出ている治療薬の解説です。 性腺刺激ホルモン (黄体化ホルモンLH:luteinizing hormoneと卵胞刺激ホルモンFSH:follicle stimulating h […]
【不妊治療病院選びのコツ】
「不妊治療病院選びのコツ」 よく 「どこの病院にかかったらいいのか わからない?」 そんなご質問を受ける事があります。 病院を選ぶと言っても何を基準にしたらよいのか? 病院の善し悪しってどういう風に判断すればよいのか? […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/1041/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です