【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

【胚盤胞でなく初期胚である理由】 愛知県安城市の2人目不妊を漢方で応援

【胚盤胞のほうが、妊娠率が高いのに

初期胚移植をすすめられました。

どうしてなんですか?】

 

これは、病院の考え方に

初期胚の妊娠率は40%

胚盤胞は マックスで60%

最初から胚盤胞移植の方が効率的なのでは?

そうお考えになるのは当然だと思います。

 

ただ、不妊治療は

「お手伝いはなるべく少なく」 というのが基本です。

卵子にしても、 培養液の中よりも、お母さんの中の

ほうが気持ちがいいに決まっています。

 

では、なぜ それほどに妊娠率が違うのか?

それは、胚盤胞まで育つ卵は元々、生命力が

強いからだと考えます。 逆にいうと 培養液の

中では淘汰されやすいという事。

 

だから、生命力が弱い卵は 早めにお母さんの体に

返してあげた方が、育つ可能性があるという事で

初期胚移植 にする とドクターは判断されたのでは

ないでしょうか?

 

ただ、初期胚移植  胚盤胞移植  ここは 病院に

よって見解が異なる所です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



【胚盤胞でなく初期胚である理由】 愛知県安城市の2人目不妊を漢方で応援:関連ページ

【卵管留水腫 を 漢方で対処する その4 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その4 (統合医療生殖学会より)】 卵管留水腫に漢方は効果があり、成功例も多くあります。 痰湿が妊娠の妨げになっているので、女性は温めるだけでなく 水を出していく事も考えます。 痰湿を […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その3 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その3 (統合医療生殖学会より)】 「婦宝当帰膠 を8年飲んで 冷えは取れて調子は良い ですが3年 不妊治療をしているのに良い卵子が取れないのはなぜですか?」 と聞かれました。  婦宝 […]
【卵管留水腫 を 漢方で対処する その2 (統合医療生殖学会より)】
【卵管留水腫 を 漢方で対処する  その2 (統合医療生殖学会より)】 卵管留水腫 は東洋医学的に捉えると 痰湿という状態 いわゆる 体の中の 処理されない 老廃物 が悪さをすると考えます。 現在の日本の食事は肉や油が本 […]
【実際のデータから見る 年齢と妊娠の関係】
年齢 染色体異常発生率 ダウン症児の発生率 25歳 476分の1 1250人に1人 35歳 192分の1 385人に1人 40歳 66分の1 106人に1人 上の表は 年齢別  染色体異常 発生率  と ダウン症児の発生 […]
【胎児の生命活動を支えているのはお母さんの血液】
人間は生物であり動物です。生命の流れは母系です。だから、 お母さんの意識を変えていただきたいのです。 生物学的には、受胎した瞬間に命が発生します。 (命の発生するメカニズムはまだ解明されていません) 通常、妊娠が確信され […]
【血液は流す事よりも作る事が基本】
こんにちは 漢方相談 タカキ薬局 薬剤師高木太輔です。 毎日 ひとりひとり丁寧にをもっとうにご相談に応じさせて いただいております。   漢方の基本は自ら治す力を高めてあげる事 正しい方法で取りくめば 必ず答え […]
【ネバネバ食品がいいのは糖鎖にあり 10月18日 不妊市民講座 第17回】
【ネバネバ食品がいいのは糖鎖にあり 10月18日 不妊市民講座 第17回】 あと共通している食べてほしい食材が ネバネバ食品  納豆、オクラ ヤマイモ・・・ ネバネバ食品にはホルモンをよくするものが出ているんです。 昔か […]
【妊娠しやすい食材のまとめ 10月18日 不妊市民講座第16回目】
【妊娠しやすい食材のまとめ 10月18日 不妊市民講座第16回目】 肉類、これは安いお肉は考えないといけない  特に牛肉というのはホルモン剤を使っている事が あるのであまりにもよくないのは食べない事 ジャンクフードも食べ […]
【妊活中にアルコールは? 10月18日 不妊市民講座 第15回】
  冷たい食べ物よくとりますか? 取らないでください。  妊活している人は 自分の体温より低いものは食べないようにしてください 少し温めてから食べないと 冷たいものを食べてしまうと最後に おしっことして出てきま […]
【温めるのはどっちの食材??  10月18日 不妊市民講座 第14回目】
基本的な事をいいますと 温める食べ物をいいますが うどんとそば どっちもおいしいですが 体を温めるのは ソバですね。 じゃあ 緑茶と 紅茶 だと  紅茶ですね 毎日飲むお茶も 考えるといいですよ 緑茶とウーロン茶 と紅茶 […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/205/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です