【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

「夫婦一緒にお風呂に入っている割合は?  実はメリット大!?夫婦で一緒にお風呂に入る利点とは?」

今日は東京ガスが発表が面白いデータがありました。
「夫婦一緒にお風呂に入っている割合は? 

実はメリット大!?夫婦で一緒にお風呂に入る利点とは?」

 

夫婦で一緒にお風呂に入っていますか?夫婦で一緒にお風呂に入っている割合はどれくらいなんでしょうか?

実は夫婦で一緒にお風呂に入ることはメリットがたくさんあるんです。

東京ガス都市生活研究所の調査結果とメリットなどもご紹介します。

夫婦で一緒にお風呂、入っていますか?

 

上の調査は、夫婦で一緒にお風呂に入る頻度を聞いたものです。

年齢層があがるにつれ、入っていない夫婦が増えます。

20代は、「週に1〜2回」までをカウントすると冬期にはおよそ4割近くの夫婦が一緒に入ると回答しています。

また、夏よりは冬の方が夫婦一緒に入るという傾向が見られますね。

<夫婦で一緒にお風呂のメリット1>一緒だと経済的

夫婦で一緒にお風呂に入れば、その分沸かし直し(追い焚き)の必要がなくなります。

年間にすると1,426円の節約です。エコの観点から見るとブナの木5.8本分のCO2が削減に。

さらに、一緒に入ればお湯の量も少なく済みます。水かさが増すので、いつもより少なめのお湯で十分になります。

(※)外気温25℃、200Lの浴槽の水を40℃沸かし、2時間後に1.5℃下がったお湯を追い焚きしない場合。

1日1回×365日として算出。(出典:東京ガス ウルトラ省エネBOOk

<夫婦で一緒にお風呂のメリット2>一緒なら安心
お風呂は実は転倒や心臓発作など事故が起こりやすい場所でもあります。夫婦で一緒にお風呂にいれば、何かあってもお互い助け合えます。

 

「夫婦でお風呂」は、実はご高齢のご夫婦にこそおすすめなんです。

東京消防庁の調査「浴室の種類と入浴の危険(65歳以上)」によると、家庭のお風呂より公衆浴場で起きた事故の方が、心肺停止患者の割合が低いそうです。

 

これは、事故が起きたとき、他のお客さんがすぐに気づいてくれるから。

誰かと一緒に入ることで得られる安心感、大切です。

 

 

そしてこのメリット3が妊活には大切です!

<夫婦で一緒にお風呂のメリット3>夫婦でじっくり会話できる
お風呂場はテレビも新聞もありません。そのため、集中して会話をするには絶好のスポット。

また、ぬるめのお湯にゆっくりつかると、副交感神経が活発になってリラックス状態に。

 

だからお風呂では、普段よりも穏やかなコミュニケーションがとりやすいんです。

1日たった30分でも、密度ある会話ができれば、夫婦の仲もググッと近くなりそうです。

夫婦歴が長くなると、どんどん会話が減っていく、なんてご夫婦も少なくないようです。

 

忙しくて一緒にいる時間が少ないご夫婦も。

 

毎日30分の密度ある会話で夫婦の絆を確認しましょう。

 

 

 

また、夫婦一緒に入る頻度が多い人ほど、夫婦で入浴する時間を“貴重な時間”だと感じているようです。

昨今は共働きの夫婦も増えて生活時間のすれ違いも予想される中、お風呂がコミュニケーションの場として機能しているかもしれません。

妊活で夫婦のコミュニケーションが多ければ多いほど妊娠率は高くなり流産リスクも下がると言う話もあります!

ご参考までに

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



「夫婦一緒にお風呂に入っている割合は?  実はメリット大!?夫婦で一緒にお風呂に入る利点とは?」:関連ページ

【イライラ と妊活の関係】
こんにちは 岡崎市で子宝と妊娠を子育てまで漢方で応援する 漢方相談タカキ薬局の 高木タイスケです。 年末からボチボチと本を読んでいますが 書家の武田双雲 さんの 「ポジティブの教科書」結構面白いです。 その中から 「イラ […]
『玄米』VS『白米』
『玄米』VS『白米』   玄米の方が 痩せる 健康になるイメージがありますが 今回は わかりやすく説明をしてみますね。 上の図は 白米 VS 玄米 お米の白い部分 以外を 糠といいます 実は 体に必要な栄養のほとんどが糠 […]
【子宝先生 野崎先生の講演】
【子宝先生 野崎先生の講演】 先日 野崎利晃先生の講演がありました 野崎先生の実際になされている事です。 不妊症の患者さんには生理痛冷えアレルギー疲労のうち2つ以上に 自覚症状があると言う共通点があります 最近は男性の症 […]
【妊活に使う漢方 桂枝加竜骨牡蠣湯】
【妊活に使う漢方 桂枝加竜骨牡蠣湯】 神経質、不眠症、夜泣き、おねしょ に使われるのが 桂枝加竜骨牡蠣湯です。   ストレスが多い不妊症のカップルで 飲む事が多い処方です。 ストレスは妊活の中で最も厄介なもの […]
『僕ら夫婦も 不妊治療者でした。カウンセラーの体験談』
『僕ら夫婦も 不妊治療者でした。』 4年間の病院通いだけでは、足りませんでした。 こんにちは あかちゃん ありがとうあかちゃんって 何も話さないけど、触れているだけで幸せな気持ちになります。 ただ泣いて笑っているだけだけ […]
『男性の下着の種類と精液所見の関係』
『男性下着の種類と精液所見の関係』 昨今、男性不妊についての研究が進んでおり 最新のデータでは不妊の原因は女性因子が45% 男性因子が55%と男女の不妊原因の構成比が逆転しているという事も言われています。   […]
『糖質の摂取量と男性の精子濃度との関連』
『糖質の摂取量と男性の精子濃度との関連』 糖質の摂取量が多いほど男性の精子濃度が低くなる。 ハーバード公衆衛生大学院の研究者らは、ロチェスター大学で健康な男性学生(18~22歳)を対象に、2009~2010年にかけて、環 […]
『漢方的 秋の過ごし方』
秋は金のシーズン 五行でいうと『金』 金は 収穫のイメージを持っていて 血液を補うことと、潤いを補うことが 秋には何よりも大切です。 秋は喉の粘膜が傷つき、肺の疾患も多くなります。 五味では辛味でもあり、五臓は肺です & […]
『10月12日 山口先生特別相談会のご案内』
山口先生の 子宝特別相談会を開催いたします。 一人づつ じっくりと1時間取りながらでしたが 今後の不妊治療をどうしていけばいいのか? 年間に千人以上相談に乗っていて 英ウィメンズクリニックに勤務されている 山口先生があな […]
『経血量減少から妊娠  二人目不妊』
奥様37歳 二人目不妊 第一子5歳 4月に来局され月経血は若い頃より 減少し生理痛は軽いとのことでしたので ショウキT-1 2包 松康泉6カプセル と漢方を始めていただきました。 漢方製剤は途中から減らしていき いつもは […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3300/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください