【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

『排卵誘発注射剤:r-FSH、u-FSH、hMG』について

『排卵誘発注射剤:r-FSHu-FSHhMG』について

内服の排卵誘発剤(クロミッド、レトロゾール)で排卵が認められない場合や

排卵は正常に起こっても妊娠に至らない場合

また高度生殖医療の採卵で、たくさんの卵子を得たい場合

に注射剤が使われます。

それらが「排卵誘発剤 r-FSHu-FSHhMG」です


FSHとは、「卵胞発育刺激ホルモン」のことで、もともと下垂体から分泌されているものです。

これを薬として使うことで、より効果の大きい「排卵誘発」をすることができます。

 

またエストロゲン分泌が盛んになるため、子宮内膜が厚く作られます。

注射剤は従来「hMG製剤」と呼ばれてきましたが、

細かく分けると注射剤の中には「hMG」「u-FSH」「r-FSH」の3種類があります。

 

最近「r-FSH」は保険適応となりました。
r-FSH
リコンビナントとよばれる技術を用い、尿由来ではない、100%純粋なFSHの製剤で、

現在国内では「フォリスチム」「ゴナールF」という薬剤のみが保険適応になっています。

 

下のu-FSH製剤と比べて、若干コストがかかりますが、純粋で夾雑物がありません。

LHは「LHサージ」で知られるように、排卵させるホルモンですが、

r-FSHには「LH」が全く含まれないため「卵巣過剰刺激症候群」「多胎妊娠」の発生率が低下します。

 

一方で単独で使用した場合の排卵誘発効果が弱いため、「クロミッド」や「フェマーラ」と組み合わせ、より身体に優しく有効な排卵誘発を行います。

u-FSH
尿由来のFSH製剤で、下のhMG製剤と比べて、「LH」の含有量が極めて少ないです。

 

「LH」は排卵前の卵胞期に投与されると強い卵巣刺激があります。

u-FSHはr-FSHと同様に「卵巣過剰刺激症候群」や「多胎妊娠」の発生率を低下させます。

 

「クロミッド」や「フェマーラ」と組み合わせる方法は、やはりr-FSHと同様です。

hMG
以前よりあった注射の排卵誘発剤です。

 

製剤によりLHの含有量が異なるため、なるべくLHの量が少ないものを用います。

たくさんの卵子を採卵するためには最も効果的ですが、「卵巣過剰刺激症候群」の発生に注意しなければならず、

また「胚移植」を行わない、タイミング法、人工授精(AIH)では、多胎妊娠のリスクが高くなります。

少しマニアックな情報ですが 知っておいて損はないですね。

 

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



『排卵誘発注射剤:r-FSH、u-FSH、hMG』について:関連ページ

【採卵後にお腹の痛みがひどい場合 どのような原因が考えられますか?】
排卵後すぐに お腹に鈍い痛みを感じる場合は 出欠をしている可能性があります。   もし2~3日後に痛みを感じる場合は OHSS(卵巣過剰刺激症候群)や 感染症 を疑うべきでしょう。 OHSSは 排卵誘発剤を併用 […]
【新型出生前診断についての解説その1】
【新型出生前診断についての解説その1】 少し前に 話題になった 「新型出生前診断」 全国でも受けられる方が増えているようです。 特に38歳以上の方は論文でも 有意差が確認されていて、特に時間のない妊婦さんは受けられる方が […]
【AMHが低いと言われても・・・・】
こんにちは タカキ薬局 高木です。 上の 数値は 40歳で 当店に通われるあるお客様の 検査数値です。   見ていただきたいのは AMHの値ですね。 4月21日 が 0.65 7月6日 が  2.93 &nbs […]
【5月19日 ショウキ先生講演会 その③  中国でも40歳台の不妊症が問題になってます。】
【5月19日 ショウキ先生講演会 その③  中国でも40歳台の不妊症が問題になってます。】  5月19日におこなわれた タカキ薬局の妊活支援市民講座 ショウキ先生が 40代でも間に合う不妊治療 という演題で 90分みっち […]
【5月19日 ショウキ先生講演会 その②  AMHが低いと言われ絶望を感じている方、ぜひお読みください。】
【5月19日 ショウキ先生講演会 その②  AMHが低いと言われ絶望を感じている方、ぜひお読みください。】 5月19日におこなわれた タカキ薬局の妊活支援市民講座 ショウキ先生が 40代でも間に合う不妊治療 という演題で […]
【排卵は毎月来なくても大丈夫 40代の方の妊活講座】
患者さんから 「今月は採卵をしません」 とがっくりした様子で告げられることがあります。 体内に残っている卵細胞の数の指標になるAMHの値が 低いことを気にかける方は多いですが、四十代の方に卵子の 老化していると言うのは、 […]
【最新の治療法 オーグメント療法(ミトコンドリア移植)について】
最新の治療法「オーグメント療法(ミトコンドリア移植)」 について 当店で不妊症の講演をしていただいている 山口先生より 最近ミトコンドリア移植 療法についてのお問合せが多いという 話がありました。 今回は オーグメント療 […]
【病院の治療薬の解説 クロミッド クロミフェン】
【クロミフェン:クロミッド】 今回は 病院で出ている治療薬の解説です。 性腺刺激ホルモン (黄体化ホルモンLH:luteinizing hormoneと卵胞刺激ホルモンFSH:follicle stimulating h […]
【不妊治療病院選びのコツ】
「不妊治療病院選びのコツ」 よく 「どこの病院にかかったらいいのか わからない?」 そんなご質問を受ける事があります。 病院を選ぶと言っても何を基準にしたらよいのか? 病院の善し悪しってどういう風に判断すればよいのか? […]
【不妊治療に関わる検査ってどんな検査がありますか?】
こんにちは 岡崎市で漢方の不妊治療を応援するタカキ薬局 高木タイスケです。   【不妊治療に関わる検査ってどんな検査がありますか?】 色々あります。簡単に言うと卵子を精子が結びつき、子宮に着床するこれが妊娠です […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3532/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です