【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

『妊娠中と母乳育児中の食べ方』

『妊娠中と母乳育児中の食べ方』

 

  • 妊娠したら

たった一個の受精卵が3kgの新生児となって誕生するまで、約280日。

その間、おなかの赤ちゃんは約30億年もの生物進化の過程をたどります。

一日に換算すると1000万年以上!

人の基本的な性質は生まれるまでに50%決まってしまう、というのも、

この数字を見るかぎりでは当然のように思います。

 

そんな、気の遠くなるようなスピードで進化する赤ちゃんの命綱が、

お母さんからの栄養です。お母さんの食べたものがすべて赤ちゃんの血となり肉を形作り、

体質の基礎をかためていきます。元気な明るい子に育ってもらうために、

妊娠の可能性がある女性は、ふだんから食生活に気を配りましょう。

(赤ちゃんが元気に育つ妊娠中の食事レシピ
長沢千佐子著)

 

とくに妊娠がまだわからない頃の食べ物が、赤ちゃんの脳や目、心臓、肝臓などおもな臓器の形成や発達に重大な影響を与えます。

お母さんにとってはたった一日のことでも、赤ちゃんにとっては1000万年。一日一日を大切に大切に育んであげてほしいのです。

すこやかな赤ちゃんを産むためにはやはり、穀物がベストです。

あくまでも質のいい血液をつくるのは玄米や雑穀などの未精白穀物です。

食事の割合の半分はご飯にして、あとは旬の野菜や根菜、海藻類を天然醸造の調味料で味付けします。

動物性食品は血液に毒素を残しますので、赤ちゃんにも汚れた血液がいってしまいます。

化学物質汚染の問題も深刻です。ホルモンや抗生物質を投与された肉や牛乳をとると、

その化学毒は赤ちゃんのベッドになる子宮や胎盤に濃縮され、血液を通じて赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまうのです。

これは肉や魚に限らず、着色料や化学調味料、防腐剤などの化学添加物全般にいえることです。

いちばんこわいのが化学物質による汚染ですから、市販のお菓子や加工食品はさけて、この時期だけでも穀物菜食の食事に切り替えましょう。

最近問題になっているダイオキシンなどの環境ホルモン汚染は、穀物菜食をしていればかなり防げることがわかっています。

玄米の米ぬか、緑黄色野菜の葉緑素、野菜や根菜類、海藻の繊維質には、ダイオキシンなどの化学物質や重金属を排泄する作用があるからです。

お母さんの想いも赤ちゃんにとっての食べ物になります。妊娠中はストレスをためこまず、明るく前向きに生活してください。悩んでばかりいると血液が酸化して赤ちゃんにいってしまいます。

余談ですが、穀物菜食をしている人はお産がとても楽です。お産がこんなに大変なものになってしまったのは、肉食をしたり不自然な生活をしているツケなのです。もともとの自然の食、穀物と野菜中心の食事をすることで人間本来の生理や本能が呼びもどされ、自分で産むパワーが自然にみなぎってきます。お産を病院や人任せでない、自分の手にとりもどせるのも穀物菜食の魅力です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



『妊娠中と母乳育児中の食べ方』:関連ページ

『良い卵子を作る 食材 イチゴ』
『良い卵子を作る 食材 イチゴ』 今日 うちの畑で取れたイチゴです。 不揃いですが 新鮮なイチゴは生命力に溢れ、 一粒食べると体がしゃきっとします😆   イチゴは 体を冷やす力があります。 さら […]
「1日1杯の炭酸飲料が妊娠率を下げるかもしれない」
「1日1杯の炭酸飲料が妊娠率を下げるかもしれない」 さて、今日はショウキ先生のブログから 引用させていただきます。 妊娠を希望しているのなら砂糖が多く含まれる飲み物は避けた方がよいと言われます。 「体にも悪そうだし」とな […]
『どこまでならいいの? お酒と体外受精との関わり その2』
『どこまでならいいの? お酒と体外受精との関わり その2』 さて、アメリカ生殖医学会やイギリス政府機関では 妊娠を望む女性のための飲酒量の目安やガイドライン を設けています。 まず、アメリカ生殖医学会では1日2ドリンク以 […]
AMHが低い人は ビタミンD濃度が低い!?
AMHが低い人は ビタミンD濃度が低い!?   ビタミンDは骨を作ったり、体が大きくなるのにどうしても必要なビタミン 最近は 細胞レベルで分裂や増殖を調整する働きがあることがわかり 再注目を集めています。 &n […]
女性の着床に影響を与えるビタミン・・・ それは
『(ビタミンDが体外受精の際の着床環境に及ぼす影響』 妊孕性に影響する因子 卵子提供による体外受精においては、ビタミンD濃度が正常な女性の 妊娠率や出産に至る確率はビタミンD濃度が不足している女性よりも高いことがわかり、 […]
アルコールって妊活に本当に悪いの?
『妊娠を希望するカップルにとってのアルコール摂取』 妊娠を望むカップル、不妊治療を受けているカップルにとって、 アルコール摂取については、少々、気になるところです。 「飲み過ぎ」は健康に損なうことは言うまでもありません。 […]
『卵子を元気にする食材  牡蠣』
『卵子を元気にする食材  牡蠣』 紀元前から欧米人が生食する唯一の水産物が牡蠣です。 日本でも 古くから食べられていて、広島、宮城、三重、岩手 と多く産地が多い食品です。 身の肉は『温性』で肝臓機能を強化する効果があり […]
【卵子を元気にする食品 昆布】
【卵子を元気にする野菜 昆布】 昔から 縁起物としても取り上げられることの多い昆布 実は妊活にもよく使う食材で 身近にある便利な食材です。 昆布は海の野菜とも呼ばれ、栄養素も豊富   古くから 体内にこもった熱 […]
【卵子を元気にする野菜 ゴマ】
【卵子を元気にする野菜 ゴマ】 ゴマ 特に黒ゴマは 妊活関係の、東洋医学の食養生では 必ずでてくる食材 です。 古くから 強精作用を持ち、肝と腎を丈夫にして 「長正不老食」といわれています。 補腎は 35歳以上の不妊症の […]
【卵子を元気にする野菜 黒豆 】
【卵子を元気にする野菜 黒豆 】 食べものも 薬のひとつ 卵子を元気にする野菜をひとつずつ紹介します。 今回は 黒豆です。 おせちに定番の黒豆ですが、 胃腸の機能を高め、尿の出をよくして体の余分な水分を除く作用があります […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3721/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です