【営業時間:8:30~20:00 定休日:日曜・祝日】


タカキ薬局ポータルサイトはこちら>>>  

『心の持ち方ひとつで』

『心の持ち方ひとつで』

毎日の生活は同じことの繰り返しのようで

あっても自分の受けとめ方によって

すっかり変わってしまう場合があります。

今まで『つらいなあ』『いやだなあ』

『つまらないなあ』と思っていたことの中にも

自分の心の持ち方ひとつで喜びを見いだす事が

できるかもしれません。

そんな発見をした人は、生き生きとして

周囲に向ける目も変わってきます。

そうすると、家族や友人や同僚が今まで以上に

大切な人だと感じられるのではないでしょうか。

 

そうした喜びは、日々の生活の中でこそ

味わえるものなのです。

今回もニューモラル 巻末の言葉です。

状況も心の持ち方ひとつで 心が軽くなります。

例えば、不妊症で『なぜ 私だけ来ないの』

と考えるより、万全の状態で子供を産むための準備期間

と考えてみる。

簡単ではないかもしれませんが、なるべく明るくなるように

考えてみてはいかがでしょう。

 

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



『心の持ち方ひとつで』:関連ページ

【 『いただきます』は感謝の言葉 】
【 『いただきます』は感謝の言葉 】 「いただきます」   は食べるという言葉を 丁寧語にしたものであり   「さあ、一緒に食事を始めましょう」 という合図でもあります。 さらには、その食事を与えてく […]
【さまざまな視点で考える】
【さまざまな視点で考える】 個人的な感情にとらわれると 物事の全体を見通した適切な見方 や考え方はできなくなります。 それは日常に起こりえる事です。 例えば誰かから不愉快な事を言われたら 相手を悪く思ってしまいがちでなな […]
【迷った時こそ 短な感謝に気づく】
私たちの人生は常にどこかで誰かに支えられているものです それを1人で生きてきたかのように思った時、人生の迷い道に踏み込んでしまうのではないでしょうか 例えば自分の力を過信して好き勝手をする 他人の迷惑を顧みないなど折に触 […]
【親を大切にする】
親を大切にする家族を自然の木々に例えると親は木を地中で支える 根に当たります。 大事にしっかり根を張ることで家族と言う 幹が成長し枝や葉である 家族一人一人が安心して暮らせるようになるのです。 子を大切にしなければ一時は […]
【一日の命 万金よりも重し 人間力を高める事が妊活につながる】
【一日の命 万金よりも重し】 吉田兼好  鎌倉末期の詩人 随筆家の言葉です。 世の中で大切なものが何か? 問われた時に 『命』と言われてたら ほとんどの方が反対されない はずです。   『妊活』『不妊治療のカウ […]
【『違い』を大切にする】
【『違い』を大切にする】 人にはそれぞれに違いがあります。 その違いこそが その人だけが 持つすばらしい個性なのです。 何事も『皆と同じでなければ』という 思いにとらわれる事なく まず一人一人の違いを知り その違いを 大 […]
『失う前に感謝』
『失う前に感謝』 失ってはじめて、なくした物の大切さに 気づくことがあります。 現代の豊かな生活の中では、物がある事を 当たり前に思いがちですが、失ってから ありがたさを感じても、 その物を取り戻すには、大変な努力が必要 […]
【命のつながりを感じる】
親は子に 自分の親の思いで つまり子供にとっての祖父母のことを 話してみましょう。 祖父母が健在であれば、ふれあう機会を持つ事も 大切です。 子供は祖父母の存在を意識することで、祖父母から父母へ 父母から自分へと伝わる命 […]
【終身路を譲るも百歩も枉げず】
【終身路を譲るも百歩も枉げず】   「終身路を譲るも百歩も枉げず」 という言葉があります。  一生涯 人に道を 譲り続けたとしても、余分に歩いた距離の合計は 百歩にもならないということです。 「お先にどうぞ」と […]
『  待つ という教育 』
『  待つ という教育 』 私たちは一つの考え方に縛られやすく 『こうであればいいな』という程度の気持ちも やがては『こうでなければならない』に 変わってしまうことがあります。 そうした考え方が、悩みや挫折の原因になるの […]

トラックバックURL

http://takakikanpo.com/archives/3870/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください